サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

(最新更新日:2022年8月17日 掲載日:2008年11月19日)
当サイトのタイトルや本文中の画像、文言等は管理者が独自に撮影、制作したもの、および所有者や著作権所有者の方の許可を得るなど諸法律に沿って使用しております。無断での転載、転用をかたく禁じます。タイトル画面は近鉄奈良駅前商店街の「鹿屋」(閉店)でかつて販売していた「鳴き鹿」、奈良公園の鹿です。

2005年にスタートした「穴狙い千ちゃんの旅行記」〜2008年に別URLでリニューアルした「穴狙い千ちゃんの旅行記2」をそのまま現在のタイトルに変えて掲載を続けています。ほとんどITには縁のなかった証券マンがたまたま転職した先でウェブサイトを運営するグループに所属し、その流れでこのような「アナログオヤジの日記」を続けております。
宜しくお願い致します。

なお私は一応、「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」というサイトの運営管理者でもあります。

タウンクリニックドットコム・時代分ネット運営者概要タウンクリニックドットコム・時代分ネット管理サイト一覧

2022年06月

ブログネタ
地震・台風・大雨など自然災害 に参加中!
先週の日曜日に能登半島の先端の珠洲市で大きな地震がありました。
震度6弱だったようです。そして翌日にまた震度5強の地震がありました。
現状では人的には死者が出るような被害にはなっていないようですが、まだ地殻が不安定な状況のようで、しばらくは警戒が必要なようです。

私は個人的には東日本大震災の時に福島県いわき市小名浜港の近くの水産加工品の製造業者と打ち合わせをしていた関係で、それなりの状況を経験しました。詳しくは下記をご覧ください。

3月11日の日記


3月11日以降の日記


私は地震が起こった珠洲市とは直接地縁はありませんが、石川県は両親とも同じ金沢の高校の出身で、どちらも複雑な部分のある家庭ですが北陸の家の人間です。私も結婚までは本籍地は住んだこともない金沢市東山というところでした。

能登にも、親戚はいて、父親の従弟で父親同様もう他界しましたが、志賀町の能登金剛に近い「巌門」という観光地で海鮮料理や土産物を出す「ロードパーク女の浦」というドライブインを家族が引き続きやっています。ちょうど「鷹の巣岩」という岩のあるところです。

店は近年まではやっていましたが、コロナ以降はどうなっているかは正確にはわかりません。
※冬は休業ですが、今時期はやっていれば開店しているはずです。

金沢は用事などで頻繁に行っていますが、能登に行ったのはそう何回もありません。
最近では東日本大震災からちょうど2年経った2013年3月11日に用事で、その「巌門」の店に行きました。その時に2007年の能登半島地震のことや1993年の奥尻島の地震のことを聞きました。2007年は店の駐車場のコンクリートが隆起して大変だったそうです。また1993年の奥尻の地震のときには、はるか遠い北陸にも津波が押し寄せ、家の伝馬船がこわれたそうです。

それから今回地震があった珠洲市は大学時代に友人と、親戚にはお忍びで旅行に行った時に1泊だけ宿泊したところで、行ったのはその1回きりです。もちろん私のことなので友人は男性です。「お忍び」というのは金沢では現地に行った時は親戚などにだまっていると怒られるからで、変な意味はありません。その時は自由に旅行がしたかったからです。

真冬でしたが、夜行列車で金沢に行き、そこからいきなり列車で輪島に行き1泊、そしてバスや歩きで能登半島北岸を移動して禄剛崎灯台まで行き、そこで日が暮れて、輪島もそうでしたが、旅館を予約していたわけでもなく、困り果てていたら、灯台の近くにユースホステルがあり、そこに泊めてもらいました。

ちょうど真冬でもあり、他の客は関西から来ていた女性2人だけで、その時限りでしたが、結構楽しいひとときを過ごしたのをおぼえています。翌日明るい禄剛崎をもう一度見物して、能登線の始発駅から出る金沢行きの急行能登路号に乗車しました。
輪島も金沢からは結構離れていますが、珠洲はそれ以上に離れていて、朝9時ごろ発の急行に乗車したのに、金沢に着いたのは昼過ぎでした。

そして金沢の街を素通りして、宇奈月温泉に直行してそこに泊まりました。

私の親戚の志賀町とこの珠洲市も同じ県とは思えないくらい離れていて、特に今は輪島に行く七尾線の穴水以北や、能登線の穴水〜蛸島間もすべて廃止になり、車のない人は観光バスやツアーでない限り、ほぼ観光もできないくらいの状況になっています。

そういえばあまりこれらの話とは関係ありませんが、金沢市のコンビニなどでも普通に買える「宗玄」という酒はたしか珠洲市の醸造会社が造る酒で、金沢で以前洋菓子屋を経営していた親戚の方が「宗玄はうまいよ。俺は一番好きな酒や」と言っていました。

大きな地震が起きると。まずは「水」「トイレ」「手を洗う手段」そして「医薬品」だと思っています。もちろんそれ以外にも必要なものはたくさんありますが、最初に困るものや、体調が悪くなった時の対応がまず必要だと思っているからです。
あとは他の人や自治体などと連絡を取る手段である通信機器やラジオなどという気がします。

しかも「お弁当忘れても、傘忘れるな」といわれる雨雪の多い、北陸地方です。
特に能登は「釉薬瓦」が黒く映えるような降水量の多い地域です。
シーズン的にも雨にも注意だと思います。

被災地の皆さんにはお見舞い申し上げるとともに、これ以上大きな地震が起きないように、と祈っております。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

話は違いますが、
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」では複数のサイトで様々な文化情報というと、立派ですが、自分の記載したい分野の情報を発信しています。ちなみに近々に下記の情報を別サイトにアップしました。もしよろしければ・・。

競馬穴狙いの探求2「宝塚記念他土日の予想」


哀愁のメロディー中心の名曲さがし「恋のときめき・小川知子」


【運営・管理サイト一覧】

ブログネタ
日記 に参加中!
少し前に「どれにしようかな〜〜」のことを掲載しましたが、ついでに思い出したことをまた記載します。

小さい頃育った埼玉県鳩ケ谷(昭和42年市制、平成の大合併で川口市に編入)で、表題の「♪お弁当粒つけてどこいくの♪」という歌がありました。このフレーズには続きがあって「♪大宮公園ひとまわり♪」と続きました。

少し前に「どれにしようかな♪」の話を書いた時に、それも思い出して、少し調べてみました。
するとやはりネットにはそれに関係することが結構出ていました。

どこの町の話かは不明ですが・・
ネットによると・・
「お弁当付けてどこ行くの」というフレーズと
「ご飯粒付けてどこいくの」というフレーズが存在するようでした。

私が子供のころに聞いたフレーズはその中間という感じでした。

最後の
「大宮公園ひとまわり」というところはすべて共通のようでした。

大体「お弁当粒」ということばは当時も日常に使った記憶はなく、鳩ケ谷では両方のフレーズが入ってきて、そのうち両方がまざってしまい、このようなフレーズになったのかもしれないと思いました。

埼玉県は当時(昭和40年代)はまだそれほど都市化はされていなくて、実は鉄道のない鳩ケ谷にいたっては、「大宮公園」も遠い存在で、名前は有名だったので知っていましたが、私も小学5年の時に初めて行くまでは、実際には行ったことすらありませんでした。

行くと、公園というよりは、埼玉県ではどの町にもあるくらいの、あの「氷川神社」の総本社の「裏庭」、というか敷地に隣接したところのように感じました。そこに公園や野球場など運動施設などがあるという感じだったみたいです。

個人的な想像ですが、考えるに、きっと「大宮公園」は、当時の埼玉県民にとっては、民間信仰のシンボルだったのかもしれません。

小さいころは「大宮公園」自体を知る前に、この歌をおぼえるというくらい、一般的な歌に感じていました。

もしかしたらよその土地でも。「大宮公園」の部分が他の地名や施設に置き換わって、存在しているのかもしれないですね。

あれからかなりの年月が経ちますが、引っ越して東京にいますが、以来今だに「大宮公園」にはいっていませんが、たまたま、活動の一環で歯科医院をまわっていたら、紹介で東武野田線の大宮公園駅の近くの歯科医院に行く機会はありました。
すると今は知りませんが、大宮公園駅も駅の格からは想像もできないほど、駅舎本屋も立派な建物でびっくりしたのをおぼえています。

当時から埼玉県民は秩父地方以外は、県民意識やふるさと意識のかけらもない県民とよく言われていますが、唯一この歌のように「大宮公園」は数少ない県民意識のあらわれなのかもしれません。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

話は違いますが、
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」では複数のサイトで様々な文化情報というと、立派ですが、自分の記載したい分野の情報を発信しています。ちなみに近々に下記の情報を別サイトにアップしました。もしよろしければ・・。

今注目したい芸術情報「フランス×日本アート展を開催中」(継続表示)


哀愁のメロディー中心の名曲さがし「うすなさけ・中条きよし」


【運営・管理サイト一覧】

ブログネタ
【公式】誰かに話したい"プチ自慢" に参加中!
「誰かに話したいプチ自慢」というお題ですが、自慢というのはどんな事情があっても、聞いた方はどう思うのか?は結構明白で、大体ろくなことはありません。でもあえて今までのことを思い返して考えてみました。

それは「地理の話」です。
私は結構「地理系おたく」で、普通の地理、気象、自然地理、鉄道など関連した分野の話は大体好きで、子供の頃から色々なことに嵌っていました。もちろんそういう方面の仕事をとも考えていましたが、よほど学業が優秀な人は気象や自然地理に行けましたが、すでにそのような競争からは脱落していました。

そしてそれ以外には仕事自体の選択肢はそんなにありませんでした。身の回りからも、「飯が食えるような世界じゃないから、たいがいにしときなさいよ」ともいわれていました。自分でも「そのとおーりっ」と思っていました。

この時点で、すでに「自慢」というより「カミングアウト」的な心理状態になっています。
はたして、皆が好意的に聞いてくれる「プチ自慢」として成立するか?になるかどうか不安になっています。

さて、この「地理」好きは大学受験の時も続いていました。
総合的な成績はあまりよくなく、当然のように浪人するはめになりました。

そして予備校の試験まで受からなくて、新宿の近くにある大手予備校の一般クラスに在籍していました。在籍しながらも、体調を崩したり、新宿の近くの最寄りの駅で下車しても予備校の近くの「色々な・・店?」に入り浸っていたり、予備校に行っても「授業」ではなく「自習室」に入り浸っていました。

何の話かわからなくなってきたので、本題にもどします。

予備校では年に何度も「模試」というのがあります。
上記のような生活や態度なので、何度も受けましたが、ほぼろくな成績にはなりませんでした。

ところが個別には、もちろん1度だけですが、自分でも目を疑うような結果が出たことがありました。
それが「地理」です。

私大受験の本番は文系であれば、英語、国語は必須ですが、もう1科目の社会や数学は個人で科目を選択できます。

もちろん私は地理があれば、地理を選択していました。そして模試も同様でした。

その時もたしか「全国総合模試」とか、何とかという名前の試験だったと思いますが、他の科目はメロメロでした。

ところが、地理だけは、何と偏差値が75と表示されていました。全国で地理の受験者が約8千人くらいいて、その中の百数十番目という順位でした。

受験の科目でいうと、「地理」というのは特殊な科目で、大学よっては受験科目から外しているところもあるくらいです。また受ける人たちは私のように地理好きか、事情のある人が多いのでは?と想像します。だから他の模試の時も、そんなに成績がよかったこともありませんでした。つまり苦手な人は受けない科目なのです。

トータルでいうと、絶望的な結果で、周りの誰からも賞賛されませんでしたが、実は自分自身はひそかに満足して、ほくそ笑んでいました。

しかし模試での「地理」の好成績もその1回きりでした。

この話はこれだけですが、本番の受験では、どこの大学も結構難しい試験で、地理の試験もそんなに楽な試験ではなかったことを付け加えておきます。そしてただ1校、試験を通った私立大学に入学しました。もちろん有名私大ではありませんが・・。

でもその大学には、私のような「半端者」を受け入れていただき、今でも大変感謝しています・・。

どうですか?
「プチ自慢」になっていますか?
結局あまり人に語りたくないような、少なくとも社会的にもプラスにならないような、心の内を白状しただけの話になってしまったようにも思いますが・・。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

話は違いますが、
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」では複数のサイトで様々な文化情報というと、立派ですが、自分の記載したい分野の情報を発信しています。ちなみに近々に下記の情報を別サイトにアップしました。もしよろしければ・・。

・今注目したい芸術情報「フランス×日本アート展を開催中」



・哀愁のメロディー中心の名曲さがし「哀愁物語 村下孝蔵・中林由香」


【運営・管理サイト一覧】



ブログネタ
【公式】なんだか記憶に残っている人 に参加中!
公式テーマにまた投稿します。
「表題のなんだか記憶に残っている人」というと、どちらかというと「プラス」の話を連想しますが、今回の私の投稿はそうではありません。しかも表題のように2人です。
もちろん同じテーマです。

私は今は何とか50代で、この話は35〜6歳くらいの普通のサラリーマンのころの話です。
仕事は営業で外回りが中心でした。
都内勤務が多く車ではなく電車の移動が中心で、池袋に勤務していたころのことです。
ストレスが多い仕事で、元から少しあった白髪が増えて、わりと目立つようになっていました。
多分年齢以上にやつれて見える状態だったと思います。

そしてその時がやってきました。
ある日池袋から埼京線に乗り、乗り替えるために新宿で下車しようとした時です。
降りるときに女子高生と少し交錯しました。
そんな激しくぶつかったわけでもなく、通常はお互いに「あっ、失礼」みたいな感じで終わるくらいに感じました。

ところが相手の女子高生は、もしかしたらもっと激しくぶつかった、ように感じていたのか?、または私があまり真剣に謝らなかったことに腹を立てたのか?その辺はわかりませんが、
離れ際に、
「何すんだよ!、じじいっ、気をつけろよ!」
と言われました。

「はあっ?」
とも思いましたが、何よりもまだ30代半ばなのに、「じじい」はないだろ・・
内容の問題よりも「じじい」にやられた感じです。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

そしてまた7〜8年くらいたったころ、またその時はやってきました。
休みの日に実家の府中市から立川を経由して、中央線に乗り換えるような用事がありました。
いつものように分倍河原で南武線に乗りました。
休日なので昼間とはいえ、車内は結構混雑していました。
でも乗車した時に席に少し隙間があったので、そこに座りました。

となりには若い男が座っていました。
彼はザックを膝の上に置いていました。
ところがよくあることですが、その紐が私の膝の上にも乗ってきたのです。
そんなに大したことでもないのですが、ずっと膝の上に紐が乗っているのも気になるので、しばらくして紐を手で取って、相手の膝の上にもどしたのです。

相手も急に行動でそうされたので。少しムッとした感じでしたが、そのままことはおさまりました。
ところが、終点の立川に着いた時のことです。

皆降りるので、座席から立ち上がり、降りようとしたした、その時に彼は、

「悪かったな!おっさん!」

捨て台詞を吐き捨てるように言うと、すぐ席を立って下車してすたすた行ってしまいました。
私はもちろん、周りの乗客にも聞こえたのでしょうか?、近くの人も皆「目が点」状態でした。

これも内容はどうでもいいのですが、要は「おっさん・・」
これは結構ダメージがありました。

「やられた!」


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今は「親父」状態にも慣れましたが、事態はさらに悪化しています。
自分でも自覚していますが、今、同じようなことがあったらどうなるのでしょうか?
コロナや他のストレスで、当時よりはるかに老けているので・・

南武線のお兄ちゃんは、

「悪かったな!じいさん!」

となり、

そして池袋の女子高生にいたっては、

「何すんだよ!じいさんよ!、怪我しないうちに早く家に帰って寝てろよ!!」
「今、ここで寝かしてやろうか! ああっ?」

というに違いありません・・・

バキッ、ボキッ、バキッ

「ぎゃああ、ぐええっ」


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


話は違いますが、
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」では複数のサイトで様々な文化情報というと、立派ですが、自分の記載したい分野の情報を発信しています。ちなみに近々に下記の情報を別サイトにアップしました。もしよろしければ・・。

・安田記念他先週の検証、今週の展望1


・最新:高田みづえ・ゆれて哀しい恋だから


【運営・管理サイト一覧】



ブログネタ
令和時代がはじまり、ニュースや出来事にひとこと に参加中!
大した話ではありませんが、少し気になったので・・

近年、気象災害が急増して、色々と警報などの文言が改定されたようです。

最近よく聞くのは、表題の2つで、特にこれからの季節は多くなることが多いようです。

どちらも人命にかかわる切迫した、気象情報だと感じています。
相当頭脳明晰な方が、頭をひねって、考えだしたのでは?と想像します。
もちろん意味的には、適切な文言だとは思いますが・・、

表題の2つの気象情報の文言って、たとえばすべての国民が簡単に、瞬時に理解できる言葉なのでしょうか?

一般論ですが、特にこのような災害で多く犠牲になるのは、高齢者や小さな子供です。
「アラート?」「顕著?」

区分9b

話は違いますが、
「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」では複数のサイトで様々な文化情報というと、立派ですが、自分の記載したい分野の情報を発信しています。ちなみに近々に下記の情報を別サイトにアップしました。もしよろしければ・・。


・りんともシスターズの新しい写真(下記2サイト更新)




・【最新】りんともシスターズのエンドレス・ドリーム


【運営・管理サイト一覧】







ブログネタ
日記 に参加中!
小さい時に、何個かあるものから、ひとつを選ぼうとするときに、
「どれにしようかな、天神様のいうとおり、おべべのべ」
と言っていました。

なぜいきなりそんなんことを書いたのかというと、昨日テレビ番組の「ヒロシのぼっちキャンプ」で、彼がものを選ぼうとする場面があって、その時に「○▲※□×◎△〜〜・・」と何かの呪文のように、言っていて、画面には「彼が熊本県出身である」旨が表示されました。

「そういえば・・」
こういう時に、私も無意識にかならず冒頭のようなことを言っていたのを思い出しました。
正直テレビを見るまでは、そんなことはすっかり忘れていました。

思い出しついでに、自分の言っていた言葉は、全国でどのような位置づけになっているのか、興味がでてきてネットで調べてみました。

ちなみに私は生まれたのは大阪で、親は北陸、親戚や文化はほとんど関西や北陸ですが、育っていたのは埼玉県です。埼玉は今は東京と地続きのような存在ですが、私が育った当時はそこまでは都市化されていませんでしした。

調べてみると、
やはり、この「どれにしようかな・・」の言い方が色々出ていました。

すると、まず表題の言葉は「どれにしようかな」ではなく「どちらにしようかな・・」と出ていました。

さらに真ん中の部分はこれは全国ほぼ共通ですが、「天神様のいうとおり」になっていました。
そして、そこから後はどの地方も、まったくと言っていいぐらい、地方ごとに違っていました。

さらに私が使っていた、最後の文句の、
「おべべのべ」
という部分は、たとえば埼玉県、群馬県、新潟県では共通して「あべべのべ」というふうに載っていました。

「おべべのべ」ではなく「あべべのべ」でした。

そこで私が使っていた「おべべのべ」というのを調べてみると、総合的に判断するとやはり埼玉県や群馬県の一部ではそのように使われているような感じでした。

ちなみに「おべべのべ」というのはどのような意味なのでしょうか?
当時は無意識に使っていたので当然そんなことは考えませんでしたが、不思議な言葉で、意味不明です。

また他の地方での言い方も、「天神様のいうとおり」の後は、意味不明な文句の地方が多く、特に自分が使っていない言葉の多くには違和感を感じました。

そもそも、何でほぼ全国で「天神様」なのでしょうか?
たとえば埼玉で私の住んでいた街には、私の知る限り「天神様」はありませんでした。あったのは「氷川神社」です。

私の認識では天神様とは、天満宮のことで、菅原道真が祀られてという認識ですが、

もしかしたら「天神様」が全国を行脚して、布教活動をしたのかな?
その名残りなのかな?とも思いました。

当時は当たり前のように使っていましたが、
不思議な言葉で、謎につつまれています。


区分9b

話は違いますが、
私は上記のように「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」では複数のサイトで様々な文化情報というと、立派ですが、自分の記載したい分野の情報を発信しています。ちなみに近々に下記の情報を別サイトにアップしました。もしよろしければ・・。

・りんともシスターズの新しい写真(下記2サイト更新)




・【最新】りんともシスターズのエンドレス・ドリーム


【運営・管理サイト一覧】

↑このページのトップヘ