サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

(最新更新日:2022年6月24日 掲載日:2008年11月19日)
当サイトのタイトルや本文中の画像、文言等は管理者が独自に撮影、制作したもの、および所有者や著作権所有者の方の許可を得るなど諸法律に沿って使用しております。無断での転載、転用をかたく禁じます。タイトル画面は近鉄奈良駅前商店街の「鹿屋」(閉店)でかつて販売していた「鳴き鹿」、奈良公園の鹿です。

2005年にスタートした「穴狙い千ちゃんの旅行記」〜2008年に別URLでリニューアルした「穴狙い千ちゃんの旅行記2」をそのまま現在のタイトルに変えて掲載を続けています。ほとんどITには縁のなかった証券マンがたまたま転職した先でウェブサイトを運営するグループに所属し、その流れでこのような「アナログオヤジの日記」を続けております。
宜しくお願い致します。

なお私は一応、「タウンクリニックドットコム・時代文化ネット」というサイトの運営管理者でもあります。

タウンクリニックドットコム・時代分ネット運営者概要タウンクリニックドットコム・時代分ネット管理サイト一覧

2014年02月

ブログネタ
競馬予想 に参加中!

フェブラリーSを簡単に予想します。
いつもは競馬ブログを使っていますが、まだ準備不足なのでこちらで予想します。

軸は隠れた記録が続行中のワンダーアキュート。
豪華メンバーですが、ここはドバイにも行かず、東京大賞典から直行のこの馬に期待です

。前述にもありますがこの馬はG1レースに限定すると12レース連続入着という記録を続行中です。

まずこの馬の単勝を300円。

相手は人気薄で実力のある馬、そしてベテランの騎手が騎乗の馬を狙います。
シルクフォーチュン、ブライトライン、グランドシチー。この3頭に馬連、ワイド各10
0円。
そして実力上位のニホンピロアワーズ、ベルシャザール、ホッコータルマエに馬連各20
0円。
計1500円。


ちなみに小倉大賞典はゼロス、ラストインパクト、サンライズメジャーの戦いと見ていま
す。


あとWIN5がらみのレースでは、
洛陽Sはシャイニープリンス中心でモグモグパクパク、ミッキーパンプキン、セイルラー
ジに。


橿原Sは減量必要な52キロで騎乗の武幸騎手のオーラレガーレの単複と、引退する上村
騎手のカフェシュプリーム、ルミナスウィング、アメージングタクトに。


アメジストSはダイワズームを軸にミエノワンダー、ローゼンケーニッヒ、ロッカバルデ
ィーに。

ブログネタ
自然現象全般(気象、地震など何でも) に参加中!

2月8日と2月14日の2回にわたって関東甲信越地方、特に内陸部を中心に記録的な大雪が降りました。

通常太平洋側では季節風の関係で冬場は雪はあまり降りませんが、たまに南岸低気圧によって降雪があります。10センチも積もれば大雪となり、交通機関はマヒ状態になり、普段慣れていない雪道を歩くことで多くのけが人がでます。

ところが昨今の異常気象のせいか、今年は南岸低気圧と強い寒気の影響で、信じられないような大雪に見舞われました。

多分数十年に一度クラスの降雪でもあり、多くの死者や負傷者がでています。

孤立地区も2月21日現在で山梨県を中心に埼玉、東京(西多摩地区)、群馬、長野西部などでまだ数多く残っています。このあたりは山地の標高が高く2000〜2500メートルの険しい山岳地帯が続き、谷も深く、このような災害に見舞われると深刻な状況になる自然環境です。

中学時代に東京と隣接する山梨県上野原に毎年キャンプに行っていました。
上野原から北にバスで1時間ほど山間に入った地域で山深いところで山を越えると東京の桧原村というところでした。
どうも今回はそこも同じような状況になっているようです。

特に後半の2月14日の雪は雨に変わるかもという予想が大幅に遅れ、夜半から明け方にかけて大変な量の積雪になりました。

その積雪量も山梨県河口湖で140センチ超、甲府市で114センチ、埼玉県秩父で90センチ超、熊谷市で63センチ、群馬県前橋市で73センチなどと雪国でもドカ雪と呼ばれるくらいの量になりました。
多摩地区でも八王子市で60センチ、青梅市や奥多摩町、桧原村などは1メートルに迫るような積雪になったとのことです。

ちなみに私の自宅から直線距離で7〜8キロの東京競馬場では一説によると最初の大雪で33センチ、2回目の大雪で48センチの積雪だったとのことです。そのため2月8,9,15,16日の期間中の開催がすべて中止になりました。
また直線距離で10キロくらいの府中市中河原の実家では2回目の大雪で木が雪の重みで倒れてしまい、業者に来てもらって撤去したとのことです。

しかもこの量の雪がほとんど一晩で一気に降ったということで、これは雪国でもそうそう頻繁にあることではなく、さらに日本でも有数の厳しい自然条件を加味すればこれはたまりません。

おそらく身近な地域では観測史上まれに見る大雪になったと思います。そこでこの大雪の様子を写真に撮り記録として残す意味も含め、掲載することにしました。

私は両親が雪国の育ちなので、冬場に北陸に行くことが多く、50〜60センチの積雪は経験していますが、まさか自分の住んでいる場所でこのようなことがおこるとは・・、本当にびっくりです。

まだ孤立している地区もあるようで、早くの復旧をと思っています。
それからこの異常気象の流れでこれから毎年のようにこのようなことが起きないことを願っています。
2月8日最初の大雪の降り始め
今回は相当な積雪になるという予報どおり、土曜日は一日中雪が降り、夕方からは風雪状態に
関東甲信越大雪201402081

夜には相当積もりました。すでに20センチくらいはあるか
関東甲信越大雪201402082

2月9日朝の様子
約30センチくらいの大雪に都知事選当日なのにまったく人通りはない状態
関東甲信越大雪201402091

車もすっぽり雪に覆われました
関東甲信越大雪201402092

2月10日大雪の2日後雪はなかなかとけず
仕事に行く道すがら、小金井市内
関東甲信越大雪201402101
畑の雪もかなり残っています
関東甲信越大雪201402102

2月14日2回めの大雪の降り始め
またまた雪が降り始めました。小金井市内
関東甲信越大雪201402141

仕事先の国立市矢川駅付近も積もりはじめました。
関東甲信越大雪201402142

帰宅するころには道も真っ白に、小金井市内
関東甲信越大雪201402143

東小金井駅も前回の雪の残りの上に積もりはじめました。
関東甲信越大雪201402144

帰宅してしばらくすると本格的な雪に、鉄道も止まりはじめました。
関東甲信越大雪201402145

前回の大雪をこえてしまいそうな状況に
関東甲信越大雪201402146

2月15日日付がかわりましたが雪はさらに激しくなりました
夜になるとさらに降りかたがはげしくなり、完全に前回の積雪を越えました。ガードレールの脚の部分がほとんど見えない状態です。夜0時15分頃
関東甲信越大雪201402151

朝には雨に変わりましたが、焼け石に水で、町は雪に埋まってしまいました。40センチ以上は積もっているようです。
関東甲信越大雪201402152

マンションから出るのもひと苦労です
関東甲信越大雪201402153

道は大量の雪とタイヤの跡と雨でとけた部分で歩行が難しい状態です。小金井市内
関東甲信越大雪201402154
同様に東小金井駅に向かう道、小金井市内
関東甲信越大雪201402155

東小金井駅は一部は雪かきがされていましたが、殆どはそのままの状態です。
関東甲信越大雪201402156

2月17日大雪から2日たちましたが雪はなかなかとけません
仕事に行く道すがら、小金井市内
関東甲信越大雪201402171

東小金井駅前の雪もなかなかとけません。
関東甲信越大雪201402172

2月19日武蔵境駅前もまだ雪が残っています。
所要で武蔵野市の武蔵境駅を通りましたが、まだだいぶ雪が残っている状態です。
関東甲信越大雪201402191

畑の雪もとけません。ハウスの合間の日陰にはまだ20センチ以上の雪が残っています。
武蔵野市内
関東甲信越大雪201402192

住宅街も雪かきした雪の山がそのままです。
関東甲信越大雪201402193

マンションの入り口にもまだ大量の雪が残ったままです。
関東甲信越大雪201402194

2月20日大雪からすでに一週間近くたちましたが、マンションの前の道はまだ歩道が使いにくいほど雪が残っている状態です。
関東甲信越大雪201402201

畑の雪も少し減りましたがまだまだ残っています。
関東甲信越大雪201402202

東小金井駅前の雪も若干減った程度でまだかなり残っています。
関東甲信越大雪201402203

住宅街でも雪はまだかなり残っています。小金井市内
関東甲信越大雪201402204


↑このページのトップヘ