サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

WBC

ブログネタ
高校野球 に参加中!
WBCの制覇で盛り上がりましたが、選抜高校野球大会もそろそろベスト8が出そろいそうです。
優勝候補がまた敗れました。PL学園です。9回までノーヒットノーランに押さえながら延長戦で敗れました。

また選抜に出場していない大半の高校はもう夏に向けて春の地方大会が始まっています。

私の母校・東京都立調布北高校野球部も春の都大会・ブロック予選に出場しました。
1回戦は府中西港に快勝しましたが、2回戦で昭和第一に敗れました。残念です。

また今回WBCで原監督が優勝監督として脚光を浴びたことで、昭和33年生まれ世代の選手が注目されています。
実はこの年代の活躍した甲子園大会は私自身もひじょうに印象に残っている大会です。

昭和51年の第58回全国高校野球選手権大会です。 当時私は中二でした。当時野球部に入っていましたが、どちらかというとチンタラやっていました。

ただ高校野球の試合を見るのは好きで、地方予選や甲子園には結構足を運びました。
地方大会は西東京大会で3回戦の国学院久我山ー錦城戦、駒大高ー国立高戦、そして終盤大逆転になった決勝の桜美林ー日大二高戦を観戦しました。

また甲子園では、金沢の祖母の弟と一緒に星稜高校の応援団として入場して、天理高校戦、桜美林戦などを観戦しました。

この年はひじょうにレベルが高いとされた選手が多く出場していました。
結局決勝はどちらもノーマークだった桜美林とPL学園の組み合せになり桜美林が劇的なサヨナラ勝ちで優勝しました。
おもな出場選手で後にプロで活躍したおもな選手は今回話題になった東海大相模の原辰徳選手、そして私が応援で入場した星稜には速球王の小松投手がいました。
当時星稜は全国的にはまったく無名で石川県の高校がベスト4になるなどとは大会前には誰も予想していませんでした。

ほかにも天理の鈴木康友選手、柳川商の立花選手、銚子商の宇野選手など多彩な好選手が出場していました。

このころから高校野球がひじょうに一般にも注目され始めたと記憶しています。

 WBCや高校野球のニュースなどを見ながら、そんなことを思い出し懐かしんでいます。

人気ブログランキングへ

ブログネタ
WBC優勝 に参加中!
WBCは劇的なゲームになったようです。とにかく日本が優勝できたのでよかったです。おめでとうございます。

ただ先日書きましたように韓国のレベルアップは凄まじいものがあると思いました。もとからメンタルも強く、パワーもあるので次回以降はもっと大変な相手になるかも知れませんね。

今回感じたのは、原監督の存在がひじょうに貢献したのではということです。

日本のスポーツは実力者がそのまま指導者になることが多く、当然能力も高いので名監督になる人もいますが、監督としての資質を問われる人も中にはいると感じます。

もちろん原監督も選手時代はすごい選手でした。私の年代からみると、高一の時から甲子園で大活躍していて、あこがれのスターでした。ただあの地味な性格やタイトルにあまり縁がなかったこともあり時代を代表する名選手にはなっていないように思っていました。

実はその部分が監督になって功を奏しているのではと思います。監督はメンバーの能力を引き出すことが一番重要で、あの個性の強いメンバーの一人一人を大事に考え、最終的に皆の力を引き出し優勝に至ったのではと私の目には映りました。

ほかにも過去の名監督として上田監督、西本監督、古葉監督、仰木監督なども地味なイメージですが、原監督も同じような感じを受けました。選手時代の実績はすごいはずなのですが・・。

他のスポーツや外国でも監督やトレーナーなどはスペシャリストが存在していて、意外に名選手だった人は少ないように思います。またこのようなパターンのほうが強いチームや選手が育っているようにも感じます。

 いずれにしても良かったですね。勝ったからこんなことも考えられるんでしょうから・・。

 人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ