サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

日記

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

生粋のどこ育ちでもない私が言うのもひじょうに気が引けるのですが、最近方言、特に大阪弁(関西弁)が巷では広がり出してきている感があります。
メディアのお笑いタレントの影響が多いのだとは思いますが、よくよく見れば皆人間的魅力にあふれた人も多く、もっともだとは思います。

「めっちゃ」とか全国的な言葉になりつつあるように感じますが、私が極めつけの大阪弁と思っているのは、「ばば」です。
どういう意味かって?
大方の人はご存知だと思いますが、例えば、
「ばば、しとったで」「ばば、ふみよったわ」とか・・、もうおわかりですよね。

これほど、適格にイメージできる言い回しがあるのかと思うほど、すごいピッタリの表現だと思っています。
最初に言ったのは誰で、何で生まれたのか・・。
簡単に想像できますが、でもこの二文字に集約したということに敬意すら感じています。

これ以上こんな話をしていると、炎上してしまうのでやめておきます。
というか、炎上するようなアクセスはありませんが・・。

さてほかにも私の知るところで、地方によって、いろいろ日常的に使われる表現があります。

たとえば、金沢(北陸は全部そうらしいですが)では。言葉のはしばしに「なあーん」という表現を入れます。
意味は色々あるみたいですが、
「なあーん、大丈夫や」というような感じです。

その微妙な使い方が違うとすぐ化けの皮がはがれるのも方言の特徴で、難しい側面もあります。
本当に使っている人はそれが、特に子供の頃は、本当に全国共通語だと信じて使っている状態でないと、自然には使えないものだと思います。

どこのやからかわからない私のような人間でも、わずかにかそういう言葉はあったのですが、
ほとんどそのようなカルチャーショックを経験したことはありません。

昔書きましたが、そのわずかなものとは、
じゃんけんを「あい、けん、えし」(埼玉県のごく一部と思われます)
豚汁を「メッタ汁」(北陸で親の影響です)
くらいです。どちらも日本中そういうふうに言っていると、指摘を受けるまで信じていました。

今、ご当地グルメ同様、方言がみなおされつつあるのって、逆の反動なのかもしれませんね。

ブログネタ
独立・起業 に参加中!

大げさですがここのところ急に大きな人生の岐路?に立たされたと思われる状況になってきました。
身の回りもそうですが、公私ともにという感じです。
もしかしたら以前からずっとそうだったのに、単に気付かなかっただけかもしれないのですが・・。

といっても急に仕事を変えることになったとかということはなくて、多分ずっと変わらないし、変える気はないのですが。

まわりの環境が色々変わって、対応せざるを得なくなっしまった、という感じです。

もちろん自分で選んだ道なので、特に大変、とか苦労などとは思わないのですが、いろいろと即断で決断して、行動をしなければならなくなっているのも事実です。

それはそれで、自分の出来る限りの力で行動して、もちろん相手のある話なので社会が適切にいろいろ判断してくれると考えています。

ただしばらくはくつろぎのひととき、などというわけにはいかず、土日休日365日24時間営業というところでしょうか?
なんてあまりカッコイイ風呂敷は広げないでコツコツ今までどおりに積み上げるしかないのですが。

といいながらこんなブログを書いている休憩時間でした。

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

介護タクシーというものがあるのを、知っている方も結構多いと思います。
でもどういう車両で、どういうふうな仕組みになっているのか、ということを詳しく知っている方は意外に少ないのではないかと思います。
私も長年身近にそのような状態の人がいたのですが、実際に利用したケースはずっとなくて、最近になり利用せざるを得なくなり初めてその仕組みを知りました。

人はある部分が少し退化するだけで、劇的にというと言いすぎですが、何も出来ない状態になってしまいます。
車の乗降、トイレで用を足すなどはご本人にとって特に大きなストレスになってしまいます。

それは、車椅子から地力で立ち上がることが出来るかどうかです。
それができると、多少窮屈ですが普通の乗用車に乗ることが出来ます。

ところが前述のことができなくなると、自動車のせまい入り口から座席に座り込むことだけの動作でも、人の介助をかりても相当な時間とストレスを伴う状態になってしまいます。
それでは自動車の入り口を広くすればいいのでは、と考えますが、引き戸式のワゴンなど入り口の広い自動車は今度は段差が大きく、いずれにしても乗車は難しくなっています。

逆にそのような状態の人が気楽に乗り込める状態の車が出来ると、今度は乗っていて急ブレーキなど少しのトラブルでも大きなリスクが生じるのではと思います。
シートベルトをしていても、自分で立ち上がれない状態だと当然急な変化には対応できません。

前置きが長くなりましたが、介護タクシーというのは実にシンプルな仕組みになっています。
スロープを使って車椅子ごとワゴン車の中に乗ってしまい、中で車椅子を固定してしまうという方法をとります。

この程度の仕組みで乗り込みの面倒が簡単に解消して、かなりの安全も得られます。

今、買物が出来ない地方の高齢や体にハンデのある方のためにいろいろなサービスが始まるなどさまざまな新しい事業が始まっています。

この介護タクシーの普及や、このような車両の一般への販売(もちろん運転者を登録制にして一定の技術訓練が必要だと思われますが・・)なども今後大きく前進してほしいものだと思っています。
またトイレの改善なども急速に進んでいますが、早く画期的なアイデアが出ればと願っています。

今日は少しまじめに社会問題について考えてみました。

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

今日は仕事で浅草に行きました。
浅草といえば、「東京スカイツリー」です。建設中ですが・・
浅草からの東京スカイツリー写真
写真は東武伊勢崎線の鉄橋のバックに見える、スカイツリーです。
一般的には吾妻橋からアサヒビールと一緒に見える、スカイツリーが有名のようです。
そちらの写真も撮りました。
浅草仲見世人形焼の三鳩堂写真

下の写真は仲見世通りです。
三鳩堂で人形焼を買いました。

夜は荻窪で知人と中華料理の花屋で食事をしました。

ブログネタ
ひとりごと  に参加中!
まず、昨日の客車鈍行の記事で、53年10月のダイヤ改正で常磐線の仙台行も廃止されたと書いてしまいましたが、常磐線の客車列車はまだ廃止されませんでした。失礼致しました。ほかに平(現いわき)行もありました。

★ダービーの怪
今回競馬ブログで書いたダービー予想はやはりはずれてしまいましたが、ダービーの過去の優勝馬をよくよく見るとあることに気付きました。
ここ20〜30年の間の優勝馬はことごとく個人の馬主さんの所有馬であることです。
一部サクラチヨノオーのような法人馬主の馬も勝っていますが、特に共同馬主の馬は勝てないレースになっています。
例外はダイナガリバーとネオユニヴァースだけで、いずれも社台RHです。
JRAの最高峰レースであるダービーはひじょうに世間やマスコミからも注目されます。
当然馬主さんもその対象になるわけで、最近ですと3年前(勝馬はウォッカ)に安倍首相、昨年は麻生首相がプレゼンターとして表彰式に参加しました。
そもそもJRAの馬主資格の査定基準はひじょうに厳格で当然所得の制限もありますし、それ以外にもさまざまなハードルがあるそうです。
JRA自体が農水省が管轄している国営事業であることも考えると当然ですし、ダービーのようなレースは外国のメディアからも注目されるわけで、スポーツの勝負の世界ではありますが・・なぜか前述のような結果になっています。
もちろん最上級の実力のある馬しか勝っていませんが、個人的には法人のダイワの馬や共同のラフィアンの馬、同じ社台系でもサンデーR(今回惜しかったですが)やキャロットの馬も頑張って、いつか栄冠を掴んで欲しいと思っています。

★ログインてんやわんや
そういえば金曜日にいきなりいつもブログを更新しているパソコンがブログのログインが出来なくなってしまいました。どうしようもないので、ライブドアのサポートにメールを出しました。
しばらく返事がなかったのですが、今晩やっと返事が来て、「弊社のほうでログインはできました。異常はありません。」という返信がありました。
「え?」
それがこちらでは出来ないから何が原因を知りたくてメールをしたのですが・・と思いましたが、
なるほどもっともな部分もあり、こちらのパソコンというかブラウザに何か原因があるということだけはわかりました。
またその中に親切にFIrefoxで試してみてください、とリンクが貼られていました。こちらでは普通のInternetExplorerだったのでインストールして試してみたら、何と!ちゃんとログインできました。
この件はもうなかばあきらめていたので、もうひとつ持っているMacほうのSafariで試してみたら使えたのでこちらで更新していました。
とりあえずよかった、と思っていたら今度は更新しているパソコンのウィンドウズのほうのスタート画面がすべてFIrefoxになってしまい、家族で共用していた今までのInternetExplorerがかくれてしまいました。
げっ、怒られてしまう、どうしよう、とガチャガチャやっているうちにまた元のスタート画面が出るようになったのでほっと一息です。

いろいろとサイトなどを作ってはいますが、もとからパソコン自体はそんなにくわしくなかったので、何かおかしくなるとこんな感じでいつもてんやわんや、パニック状態になり、冷や汗、あぶら汗でストレスパンパンなります。
あ〜、疲れた。
結局今もMacのSafariで更新しています。

ブログネタ
食べ物あれこれ に参加中!

スモールさんが千葉駅のとんかつ弁当の話を書かれていましたので駅弁で思い出した話をひとつ。
というのも最近気が付いたのですが、いわきに行く道すがら水戸駅の駅弁がついに姿を消してしまったからです。

今はわずかにNREの駅弁が売られていますが、水戸駅と言えば関東地方でも有数の駅弁天国でした。
鈴木屋さんという会社が販売していましたが、印籠弁当をはじめ個性ある駅弁をたくさん製造していました。
きわめて残念です。
いわきに行く途中でたまに下車した時は買うようにしていましたが、数種類しか買わないまま廃業となってしまったようです。

これでNRE以外の個性ある駅弁をたくさん販売している首都圏の駅は前出の千葉、大船付近、小田原付近、横浜、品川くらいになってしまいました。
なんとか頑張ってほしいものです。

同じ感じの話では駅そばも同じ道をたどっています。
京王線の分倍河原の門前そば、蒲田駅の関西風うどん・そば、上野駅や秋葉原、立川駅(青梅線ホーム)の更科、八王子・高尾の山梨風の極太そばなどが既に姿を消してしまいました。
殆どは廃業かJRあじさい・小竹林系か私鉄直営系に統合されてしまっています。

こういうものもご当地グルメの一つではと思っているのですが・・、とにかく行く機会があったらせいぜい食べるようにしようと思っています。

ブログネタ
東北地方☆みちのくの旅 に参加中!

恒例ですがまたいわき市を訪問しました。

いつもお会いしている、建築会社の専務さんと打ち合せ、みりん干しの会社の役員さんと打ち合せなどをして、いわき市観光ビューローさんをたずねご挨拶だけさせていただきました。

私の活動は零細事業なので何をどうする、とかではありませんがとりあえずご面会いただけたので感謝しています。

 いかの沖漬写真いわき市・小名浜発うまいもん市場

夕方はみりん干しの役員さんと、お取寄せのグルメを取扱っている会社の社長さんと新しい企画の打ち合せをしました。

サイト上で様々なグルメ商品を扱うというありきたりなものです。

くわしくは申し上げられませんが、いろいろ工夫して新しいニーズを創造しようということになりました。上の写真はサンプルのいかの沖漬です。

 いわき市・たけのこ写真1005

写真は建築会社の方からいただいた、巨大たけのこです。たけのこは皮をむくとかなり小さくなってしまいますが、この大きさだと相当食べがいがありそうです。

 

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

昭和記念公園写真1
今日は立川に行き、国営昭和記念公園に行きました。

が、有料ゾーンには入場せず、ゲートの手前でお弁当を食べて引き返してきました。

というのも、無料ゾーンでも新緑の木々が沢山見られ、中に入らなくてもある程度満喫できたからです。

 

逆に無料ゾーンは通過する人は結構いますがとどまる人は少なく、のんびりするにはもってこいでした。

 

昭和記念公園はたしか私が立川に勤めていた頃(19861993)からありました。米軍の立川基地の跡地に建設され当時は出来たばかりでただの野原のようでした。

 

この手の公園は今全国あちらこちらに建設されています。

公園機能のみではなく危機管理もかねてということみたいです。

立川市農産物直売所写真
 
公園を出て立川に戻るところに、農産物直売所がありました。

昨今の野菜高騰の関係かいつになくにぎわっていました。(ここは以前利用したことがありました)

 

地元の豆腐店のがんも(おからがもらえます)、里芋、御嶽のゆず入り刺身こんにゃく、ねぎを購入しました。

ブログネタ
貴方が行った美術館・博物館 に参加中!

今日は仕事のついでに国立駅付近を少し散歩しました。
と、暑さのせいか?急にお腹が痛くなりました。
国立市たましん歴史・美術館写真
目の前にあったたましんの6Fに美術館があり、入場料100円がかかりますが、背に腹はかえられず入りました。

と、ほっとして折角入ったので、少し展示された絵を見ていましたが、
休憩室に張り紙があり、
「棟方志功展」と書いてありました。
場所は?
なんと吉祥寺美術館でした。しかも入場料が100円!

富山県の福光展示してある作品を展示しているそうです。
棟方志功の作品の殆どは、故郷の青森、鎌倉山、秩父、倉敷の大原美術館と前述の福光にあるというのを以前聞いたことがあります。

公営とはいえ比較的マイナーな美術館で、入場料100円というのは、すごいことです。
ちなみに5/23まで開催されいるとのことです。
私も時間が許せば、ぜひ見に行こうと思います。
国立市大学通り写真1
さて国立駅にむかおうと、大学通りを歩くと並木が若葉に変わってきたのを感じました。
さきほどは体調の都合でまったく気がつきませんでした。

そういえば国立駅はレトロな駅舎がずっと使われていましたが、写真のように
中央線高架工事の関係で、とり壊され仮駅舎になっています。
国立駅・駅舎写真20100506
また完成後に元の駅舎に、というような話でしたが、不況や財政悪化の関係もあるのでしょうが、その話が暗礁に乗り上げてしまっているそうです。

なんとか復元してほしいものです。

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

昨日の夜にまた酒に飲まれてしまいました。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

昨年の暮れぐらいから、いろいろなことがあって・・
と、自分に言い訳をしてみましたが、
考えるに、シンプルに結論が出ました。

ちょっと大げさですが、今まで自分がいかに弱くて、意気地がない人間であったことを、
自分だけが逃げて、本当の意味で受け入れていなかったんだ、ということだと思いました。

一番大事な幹の部分が弱いんだな、と思います。
これは酒の話だけではなく、一事が万事みたいな感じなんだと感じました。

周りの人たちは、とっくにそう思っているのだとは思いますが、
自分が受け入れないことには、前に進めません。

そう考えたら、ある意味少しすっきりはしましたが・・

まったくゼロからスタートの気持ちで頑張ろうかな・・なんてね。
まあ、十字架を背負ってしまったわけではないのですが
やっぱり大げさでしたか・・

ただ迷惑をかけた方には重ね重ねお詫びいたします。

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

西武多摩川線白糸台駅桜写真
今日は平日ですが、実家の関係で車で病院に行く用事がありました。
車を置いて、帰りに白糸台駅の前に桜?を発見!

この時期に?

雨の中でしたが満開でした。

私は花のことはまったく疎いので、この時期に咲く桜ってあるんですか?

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

東京競馬場100424
今日は用事のついでで東京競馬場に少しだけ行きました。
単に素通りできなかっただけですが・・・

折角きたので返し馬の写真を撮り、恒例の梅屋のかき揚そばを食して帰りました。

馬券は??
ご想像通りです。

ブログネタ
見たまま・感じたまま・ありのまま日記 に参加中!

練馬駅つつじ1
仕事で失敗してしまい、その関係で練馬駅を通りました。
駅前の喫煙所には写真のようにつつじが満開!

少しは癒された??

ブログネタ
日々のこと。 に参加中!

横須賀市・三笠ビル商店街写真
今日は再び横須賀に。帯状疱疹になる寸前に行き、
2回目の訪問が延び延びになっていました。

写真は訪問した横須賀中央駅近くの三笠ビル商店街です。

このビルはかなり古くからあるようで外見以上に内部は昭和の香り満点です。

ブログネタ
その日の出来事を自由に書こう! に参加中!

茨城・桜写真

今日は再び茨城に行きました。

冷たい雨が降り、寒かったので用事が終わったらすぐ帰路につきました。

写真は金曜日に撮影した夜桜です。

ブログネタ
日記 に参加中!

久しぶりに茨城県まで遠出しました。
夜だったので、帰りにこれまた久しぶりに居酒屋で一杯やりました。

リハビリではないですが結構な距離を歩くと少しフラフラしたりしました。人間の体って普段何気なくやっていることもしばらく遠ざかると意外に体に慣れるまでに時間がかかるんですね

お酒も久しぶりでしたが、軽くビールにしておきました。

ブログネタ
元気にザクッと活きる! に参加中!

帯状疱疹になってから、飲酒と髭剃りを禁止されていましたが、やっと髭剃りの許可がでました。
このような経験はなかなかないので、ひげが伸びた時、一部剃った時、全部剃った時の写真を撮りました。

はっきり言ってひじょうに醜いのですが、家庭の医学ではないですがこんな風になるのですという参考に掲載します。
帯状疱疹画像1
帯状疱疹画像2
帯状疱疹画像3

上からひげが伸びた状態、一部剃り、全剃りです。

ひげをそってもたいして変わらなかったりして・・
ちなみに発疹はしばらくは消えないようです。

見苦しいものを失礼致しました。

ブログネタ
日記 に参加中!
桜小金井市20104

病院近くの公園の桜が満開になりましたので、写真を撮ってみました。
サイトの表紙などに使えるように背景を入れず枝花のみです。

ブログネタ
元気にザクッと活きる! に参加中!

ここのところ体調がおかしいので医者に行ったら、帯状疱疹という病気だと言われました。
私はこう見えても(???)、歯(ボロボロですが)や風邪関係、胃腸関係以外は何か特別な病気になったことはなかったので、けっこうビックリしました。
たしかお彼岸の三連休あたりから少し風邪気味でした。
それは何日かでよくなったのですが、火曜日の横須賀の日の夜に業者さんと会っていた時に、何か食べるとのどが痛く、左のリンパ腺あたりが痛く、風邪はよくなったのに・・と思っていました。
翌日のいわき遠征の時もそれは治らず、その翌日(木曜日)の仕事中のときに口の中の左側だけ舌や歯ぐきが痛くなり、唇にできものが出来てきました。
木曜の夜にはかなり痛んできました。そこでやっと妻に少しおかしいんだ、言うと医者に行った方がいい、と言われました。

金曜の朝には痛みもひどくなり、できものも口の周り全体に広がってきました。
口の中も左側は舌も含め全体的に腫れてきて、痛いのと腫れて隙間がなくなり食べ物を食べるのも一苦労になってきたので、近所の皮膚科に行きました。

お医者の先生は問診票を見て、私の顔を一目見るなり「ああ、これは帯状疱疹ね」といいました。

帯状疱疹ってたまに周りの人がかかった話を聞きましたが、まさか自分がかかるとは思ってもみませんでした。
過労やストレスが重なると発症するとのことです。

みなさんも気を付けてください。

当分ひげを剃ることもできないそうで、安静も必要だそうです。仕事の計画が大きくくるってしまいました。
さらに先月から入院していた家族の関係で行く予定だった日曜日の実家の用事や来週の水曜日の病院からリハビリ施設への転院で車を出すことも出来なくなってしまいました。(多分)
また仕事関係で来週に茨城や横須賀といわきに用事があるのも微妙になってきました。
どうしようか〜、という感じです。
また新たなストレスになってしまいます。
おまけに先日買ったテレビが土曜に届くので、置けるようにしておかなくてはならず・・・・・
ちょっと大変ですが、まあしょうがないですね。
しばらく安静です。安静も健康維持には重要と思います。

もちろんアルコールも当分はダメなようです。

しかくん「あたりまえだのクラッカーだろ!!」

ブログネタ
日帰り旅行 に参加中!

今日は仕事の急用で横須賀に行きました。
横須賀は久里浜フェリーに何回か乗った時や、以前夜仕事で郊外の駅に行った時に通過しましたが、実際町中を訪ねたのはなんと、幼少時(何十年前??)以来です。(もちろん2回目です)
横須賀市三笠公園写真
物心がつく前の記憶というのは大人になってしまうとほとんど忘れてしまうものだと思います。
ところが何十年経っても心に焼き付いて離れない、情景の記憶というものが一部残っている方も多いのではないでしょうか。
その情景はどこなのか、またいつのことで、どういうことがあった時なのかは全く思い出せないけれど、記憶のスクリーンにその景色や光景だけが鮮やかに残っている、そんな情景の記憶がいくつか私にも残っています。

私事で恐縮ですが、横須賀の情景の記憶もそのひとつでした。
横須賀の他には大阪の淀川の夕方の風景、心斎橋の飲食店(後で聞いたらかに料理屋だったはずです)から川を見下ろした風景などです。
どれもかなり強烈で日常的ではない個性的な風景ばかりですが詳細は全く憶えていません。
横須賀市ウ゛ェリーニ公園写真
横須賀の記憶とはこんな内容です。

私の母は金沢の学校を出たのですが、戦中戦後の混乱時期で母親(祖母)と姉妹(叔母・伯母)は当時横浜に住んでいたそうです。社会に出てしばらくして私の母親も上京して結婚して大阪に引っ越すまでは横浜で一緒に住んでいたそうです。

当時戦後すぐのバタバタの時期で日本中大混乱だったようです。
そんな時代だったので、前述の叔母・伯母(母の姉妹)は二人とも当時横須賀にいたアメリカ駐留軍の軍人さんと結婚しました。結局両家族ともアメリカに行ってしまったのですが、私が生まれてしばらくの幼かったころまで叔母の家族は横須賀の基地に住んでいました。

もちろん滅多に会うこともなかったのですが一回だけ私も連れられて、みなで会いに横須賀に行ったことがあります。
その時の細かい記憶はほとんど無いのですが、米軍基地の中の住宅(行ったことありませんがアメリカにいるような・・)で義理の伯父(アメリカ人です)に抱いてもらったら、私は怖がって泣き叫んだそうです。そしてしばらく泣き叫んだままだったそうです。
抱かれて泣いたことは殆どおぼえていませんが、異国のような風景はおぼろげに憶えています。
横須賀駅・駅舎写真
そしてここからが強烈に記憶に残っている情景です。
面会が終わり、帰路につくために駅で電車に乗ったのですが、母親もまったく初めての場所で間違えて反対方面(久里浜方面?)の電車に乗ってしまいました。
私はすでにもう散々泣いていたのですが、電車を間違えてことでまたさらに大泣きしてしまったそうです。
というのも、その記憶の情景は今の横須賀の街のような華やかな情景ではなく、どちらかというとさみしくうす暗い駅のホームがあり、ホームからはすぐトンネルになっている、そんな情景でした。
異国的な情景とそのさみしい風景が合わさって、しかも間違えたという、当時の幼児にとっての「恐怖」も重なり、ホームからの情景だけ強烈に記憶に残ってしまったのでは、と今になると思います。

今日掲載した3枚の写真は上から中心部の三笠公園とJR横須賀駅前にあるヴェリーニ公園の横須賀駅の昔のままの駅舎の写真です。

JR横須賀駅は町中の大きな駅なのかと思っていたら、写真のように古いままで、街からを遠く離れた軍港のすぐ近くの海沿いにありました。
そして、JR横須賀駅のホームに立った時に「あっ」と気付きました。

私が幼少時からずっと憶えていたあの強烈な情景は、このJR横須賀駅のホームから見た風景でした。
いまも当時から大きく変わっていない、少しさみしい風景でした。

と、普通はこれで話は終わりですが、この日は都心に戻ってまた夕方から業者の人と会う約束をしていました。
ところが夕方過ぎに山手線や埼京線が止まってしまい、その関係でお会いするまでに予定より約二時間くらいかかってしまいました。

最初は新宿の予定でしたが、その関係で下北沢になりました。よく電車が止まって混乱することがありますが、この日の混乱はかなりのものでした。ひどい目にあった方もいらっしゃると思います。

↑このページのトップヘ