サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

大河ドラマ

ブログネタ
どうでもいい話 に参加中!

せっかく大河ドラマ「平清盛」が始まったのでこの言葉を活用させていただきます。

昨日京王の駅弁大会に仕事の合間に行ってきました。

一緒にシステム会社の人にも付き合っていただきましたが、混雑に巻き込んでしまい悪いことをしました。

そして例年通り穴っぽい駅弁を何個か買って来ました。

ただ・・

全然別の次元のことで、きわめて不愉快なことがありました。

大変残念ですが、このままであれば今年を最後に行くのをやめようと思っています。

ひがみっぽくなるのでこれ以上多くは語りません、しょせん他人事ですし、
私が一人行かなくなっても、大勢は微動だにしないと思いますので・・

でも大きなほころびだと思いました。
いつも懸命に努力されてる事業者の方とたくさん会っているので・・

平清盛も怒っています。
今の日本の土台を築かれた大変な功績者ですから・・
「おれをそんなのと一緒にすな・・」
といわれそうです。

買った駅弁はグルメブログで順番に取り上げます。
各業者さんが丹精こめて作ったものなので・・、京王デパートとは関係ないので・・

個人的には旅行や駅弁は40年来のファンなので、続けますがブームは完全にピークを越えて衰退に向かっていることを実感した次第です。

残念ですが・・


また自分も同じ失敗をしないように気をつけたいと思います。
お客さん商売ですから

ブログネタ
.気になったニュース30 に参加中!

自民党の某有名政治家の方が離党し新党結成の雄叫びを高らかに発しました。
ニュースを見ていたら、「坂本龍馬」のように〜云々とというような話をされていました。

私は専門家ではないので内容についての話はここでは一切触れませんが、「坂本龍馬」といえば、今話題の主、大河ドラマの主人公、さらに女性に大人気の福山雅治が演じさらに人気に拍車をかけています。

ふと、もしかして。ドラマを見て感動して、そして勇気をもらったのかも・・? と感じてしまいました。

もしそうだとしても、これは別に私達だってよくあること、かも知れません。

少々たとえが乱暴だったらご容赦願いますが、
よく昔から言われていますが、
映画館でやくざ映画が終わって、出てくる観客はみな一様に(かどうかわかりませんが)肩をいからして、ポケットに手を入れ、がに股気味に歩いて出てくるという話があります。そして言葉遣いもかなり乱暴だったりします。
松方弘毅が出ていたりすると、
「わしゃ〜、そうじゃの〜」などそんなしゃべりになったりもします。

また高倉健さんの渋い映画が終わって出てくる観客たちは、みょうに背筋がのびて、無口だったりします。
たまにしゃべる時も
静かにしかもドスがきいた感じで「自分は〜〜」とか丁寧で礼儀正しくて、
人と肩がぶつかったりしても
「いや、失礼しました。大丈夫ですか」など礼儀は正しいのですが、じっと相手を見据えて、
『オレをおこらすと地獄見せるぞ』的な形相になっていたりします。

まあたとえが悪すぎたかもしれませんが、人はみな、本や映画やドラマなど外部からの刺激に感動したり、共鳴すると同化したくなるのでは、と思います。

細かいメカニズムなどは知りませんが、こんな世知が無い世の中で政治家をやっているのに、こんなピュアな気持ちを持った方なんだと、その部分には共感した次第です。

主義主張の内容はともかく、「どんどんやれ!頑張れ!!」と思ってしまいました、

またご本人の主義主張が正しいかどうかはわかりませんが、大きな組織の中から、その方を馬鹿にしているような話をしている連中の話も報道されていましたが、そういうのが一番みっともないね、
などと思ってしまいました。
過程はともかく、勇気というのはなかなか出ないもので、勇気のない人が勇気のある人を馬鹿にしているのって、自分は弱い人間です、って告白しているようなもんだ、と思ってしまいます。

ちょっと過激になってきたのでもうこれくらいにしておきます。
人それぞれ、感じ方は色々あるのは承知していますので、自分の意見が正しいとも思っていませんし、違う意見の方が正しいかも知れません、くらいに思っていますので、悪しからず。

考えてみたら、某政治家さんが、ドラマに影響されたかどうか、なんて勝手に私が想像して書いてしまっていました。
大変失礼致しました。
でも、もしかしたら・・・

↑このページのトップヘ