サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

健康

ブログネタ
健康雑学 に参加中!

2月7日の早朝でした。

心地良い朝の眠りを中断する、携帯電話のベルが鳴り響きました。
「何だろう?こんな朝早く・・」

出てみると姉からの電話でした。

朝早くの電話はあまりいい知らせであるはずはなく、いやな予感がしました。

「今施設から電話があってね。〜がねえ・・」

聞いてみると施設にショートステイしていた家族を、朝施設の人が起こしに行ったら呼吸はしているけどまったく反応がなく、救急搬送されたとの知らせでした。

23年前に脳梗塞をおこし言語と右半身が麻痺して以来、不自由な生活をしていたのですが、再発することもなく過ごしてきましたが・・ついに再発?

二年前に転んで外傷性のくも膜下出血をおこしさらに障害が悪化しましたが、ここにきて順調に回復をたどっていたので寝耳に水のような衝撃が走りました。

まったく状況がわからないまま、待機することになりました。

昼前くらいにやっと行き先の病院などがわかりました。

そして午後になりまた連絡がきました。

するとなんと、回復したとのことでした。

症状は一過性の脳梗塞とのことで、
意識を一旦失っていたらしいのですが、数十分後に意識が戻ったとのことでした。

とにかくほっとしました。
当日は仕事は結局すべてキャンセルになりました。

☆☆☆☆☆

一過性の脳梗塞・・

実は今回の家族ほどひどくはありませんでしたが、私も経験があります。

約十年前、まだサラリーマン時代の話です。

約17年勤めていたその会社で今だから言ってしまいますが、実はいわゆる「パワハラ」(パワーハラスメント)と思われる待遇を受けていました。

きっかけは何かの時に口答えか何かをしたというように記憶しています。
当時の上司は社内でも変わり者と言われていて、平気でそういう行為をするようなタイプでした。

また会社の業種的にもそのような文化が残っていて、社内でも当時は私のような目に会っていた人はかなりいたと思います。

約半年くらいそのような状態が続きました。

精神的にはなんとか大丈夫でしたが、だんだん体調が悪化してきました。

というのも冬場になり寒くなってきたのに、一日中外に出され、お客さんを回らされました。

食事や休憩をするような場所はほとんどなく、コンビニの肉まんを店頭で食べたり、駅前で携帯を使い2時間くらいセールスの電話を毎日のようにしていました。

たしかクリスマスイブの翌日くらいだったと思いますが、ある朝会社で来店したお客に対応しようと席を立ちカウンターの方に歩こうとしました。

そのときです。

左目から見える景色が変になりました。
すべてが波打っているように波目模様にみえました。

そして歩こうと思い一歩足を出しましたがバランスがとれなくて歩けません・・

「え?」

何が起こったのか自分でもわかりませんでした。
片手を机にかけて歩こうとしましたが、反対側に大きく傾いてしまい、まったく歩けない状態でした。

「どうしよう。もしかしたら・・」

他の人も少し様子がおかしいと感じたのでしょうか、私の様子を見る人もいました。

左目のまだら波の景色はしばらく続きました。

このまま死んでしまうかもしれない・・

本当にそういうふうに感じました。

ところが数分後、急に元に戻り始めました。

そして何事もなかったように普通になりました。

ただ熱があるような感じになり、頭が少し痛んできました。気分も少し悪くなってきました。

すぐに近くの病院に行き、検査をしたら血圧が下で100を越えていました。
私はどちらかというと低血圧でしたのでびっくりしました。

午後に専門の病院で検査をすると一過性の脳梗塞を起こしたのだろう、という診断をされました。

仕事の内容や状況をありのままに話すと、医者は
「その仕事はできれば長く続けないほうがいいね。もし今度再発したらこんなもんではすまない可能性もあるよ」
と言われました。

その日は家に帰してもらい、2〜3日静養しました。

これを機会に会社を辞める決意をかためました。

その後私は転勤してその環境から逃れることができましたが、数ヵ月後に会社を辞めてしまいました。

そしてそのまま今に至っています。

あのときの景色がグニャグニャに見えた感覚は今でもはっきりとおぼえています。
多分一生忘れることはないと思います。

「一過性の脳梗塞」

この言葉を聞いた時、そんなことを思い出してしまいました。

思い出したくもない思い出ですが・・これが現実の話です。

ブログネタ
元気にザクッと活きる! に参加中!

帯状疱疹になってから、飲酒と髭剃りを禁止されていましたが、やっと髭剃りの許可がでました。
このような経験はなかなかないので、ひげが伸びた時、一部剃った時、全部剃った時の写真を撮りました。

はっきり言ってひじょうに醜いのですが、家庭の医学ではないですがこんな風になるのですという参考に掲載します。
帯状疱疹画像1
帯状疱疹画像2
帯状疱疹画像3

上からひげが伸びた状態、一部剃り、全剃りです。

ひげをそってもたいして変わらなかったりして・・
ちなみに発疹はしばらくは消えないようです。

見苦しいものを失礼致しました。

ブログネタ
元気にザクッと活きる! に参加中!

ここのところ体調がおかしいので医者に行ったら、帯状疱疹という病気だと言われました。
私はこう見えても(???)、歯(ボロボロですが)や風邪関係、胃腸関係以外は何か特別な病気になったことはなかったので、けっこうビックリしました。
たしかお彼岸の三連休あたりから少し風邪気味でした。
それは何日かでよくなったのですが、火曜日の横須賀の日の夜に業者さんと会っていた時に、何か食べるとのどが痛く、左のリンパ腺あたりが痛く、風邪はよくなったのに・・と思っていました。
翌日のいわき遠征の時もそれは治らず、その翌日(木曜日)の仕事中のときに口の中の左側だけ舌や歯ぐきが痛くなり、唇にできものが出来てきました。
木曜の夜にはかなり痛んできました。そこでやっと妻に少しおかしいんだ、言うと医者に行った方がいい、と言われました。

金曜の朝には痛みもひどくなり、できものも口の周り全体に広がってきました。
口の中も左側は舌も含め全体的に腫れてきて、痛いのと腫れて隙間がなくなり食べ物を食べるのも一苦労になってきたので、近所の皮膚科に行きました。

お医者の先生は問診票を見て、私の顔を一目見るなり「ああ、これは帯状疱疹ね」といいました。

帯状疱疹ってたまに周りの人がかかった話を聞きましたが、まさか自分がかかるとは思ってもみませんでした。
過労やストレスが重なると発症するとのことです。

みなさんも気を付けてください。

当分ひげを剃ることもできないそうで、安静も必要だそうです。仕事の計画が大きくくるってしまいました。
さらに先月から入院していた家族の関係で行く予定だった日曜日の実家の用事や来週の水曜日の病院からリハビリ施設への転院で車を出すことも出来なくなってしまいました。(多分)
また仕事関係で来週に茨城や横須賀といわきに用事があるのも微妙になってきました。
どうしようか〜、という感じです。
また新たなストレスになってしまいます。
おまけに先日買ったテレビが土曜に届くので、置けるようにしておかなくてはならず・・・・・
ちょっと大変ですが、まあしょうがないですね。
しばらく安静です。安静も健康維持には重要と思います。

もちろんアルコールも当分はダメなようです。

しかくん「あたりまえだのクラッカーだろ!!」

↑このページのトップヘ