サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

ヴォーリズ

ブログネタ
国内旅行 に参加中!

9/6(月)に仕事は関係なく軽井沢に日帰り旅行に行きました。
びゅうの6900円のツアーを利用しました。往復新幹線の指定席なのでかなりお得です!
軽井沢駅舎
まず駅(写真)から歩いて雲場池に行きました。(写真)
雲場池・スワンレイク
ここはスワンレイクともいわれているそうで、平日ということもあり静かで快適でした。
ただ夏なのでスワンはいませんでした・・

そこから歩いて、旧軽井沢に行きました。(写真)
旧軽井沢銀座
ミカドのモカソフトを食べ、浅野屋でお土産にラスクを買い、お約束の野沢菜を買い、これまたお決まりコースで万平ホテルまでの洋館巡りの散歩をしました。

昼食は旧軽銀座入口のそば屋「やぶ」で食べました。

午後3時ごろに歩きで駅まで戻りプリンスアウトレットに。(写真)
プリンスアウトレッド
他の人が買物をしているときに暇なので、駅そばを食べ、駅に隣接している(旧)軽井沢駅舎記念館に行きました。
碓氷峠専用機関車などを柵のそとから眺めて撮影しました。

アウトレットも少し見学しようと思い歩いていると、「花畑牧場」の店(写真)がありました。
一時のブームは去ってしまったんでしょうか?
軽井沢花畑牧場
花畑牧場の横は池になっていて、ちょうど夕暮れがきれいに見れたので撮影しました。(写真)
プリントアウトレッド2
気の向くまま、足の向くままと言いながら、お決まりのお約束コースを回ってしまいましたが、
平日で空いていることもあり、のんびり出来たのはひじょうに良かったです。

見学した洋館やおいしいと思った食べ物は旅行ブログ、グルメブログに掲載してあります。(一部後日掲載)
右側のリンク欄からご覧になれますので、よかったら見てください。

先日偶然NHKの番組『日曜美術館』で有名な建築家のヴォーリズの特集をやっていました。

有名な方で日本のレトロな洋館を数多く作った方ということでした。
私は全然知らなかったので、新鮮な気持ちで拝見しました。 神戸女学院や関西学院、山の上ホテルなどが有名らしく、ビックリしたのは私の家から結構近くいつも車窓から見ていた、日本獣医生命科学大学(旧獣畜大)の一部の校舎もヴォーリズの作品であることを知りました。

また彼はメンタームの近江兄弟社の生みの親でもあるそうで、これも当然初めて知りました。

 テレビで彼の建築の様式を紹介していたのを見て、大阪の祖父の家を思い出しました。
それはその家にあった、洋間があまりにヴォーリズの作品の洋室の雰囲気と似ていたからです。

祖父は最初は港湾関係の会社だったので大阪港近くに住んでいて、そのうち西成区の天神ノ森というところに居を構えました。
かなりの大家族だったのですが、私の父が東京に転勤になりひと家族出て行き、またひと家族出ていき人数が減り、ほどなく豊中の上野というところに引っ越しました。
私も天神ノ森の家のことはほとんど憶えていません。

豊中の家は関西にはよくある溜め池のほとりにあるかなり古い家でした。
対岸は東豊中という地域でそこそこの住宅街でした。
いつも祖母が池の向うに(現在ははぐれ刑事純情派でお馴染みの)藤田まことさんが住んでいるといっていました。
当時は関西の喜劇役者だったと思います。

家の話にもどりますが、家の周りは船板塀といって、関西の家ではよく見られる、船の甲板の板を塀にした頑丈な囲いで中もほぼ純和風でした。
長い縁側があり、雨戸も木でいつも夕方は雨戸を閉めるのに大変でした。
また井戸もあって、すいかを冷やしたりするのに使っていましたが、大阪は水がきれいではないので、決して飲むことはありませんでした。
風呂も五右衛門風呂だったのを憶えています。夕方になると祖父が薪をくべていました。

そして問題の洋室ですが、そんな純和風の家には似つかわしくない、レトロではありますがおしゃれな洋室で、祖父母の寝室に使っていました。
当時和風な臭いというのは、どこに行ってもありましたが、その洋室は独特な香りがして、不思議な空間でした。

私が就職するころまでは、祖父母はそこに住んでいましたが、体が大変で三田の叔母の家に同居してしまい、晩年はずっとそこですごしました。

祖父が亡くなる少し前に阪神大震災があり、大阪とはいえ伊丹とすぐ近いこの地域はけっこう被害を受けて、家が一部壊れてしまいました。

祖父が亡くなり、形見分けするというので父代わりに久々に豊中の家に行きました。
地震のあとそのままにしていたので、家具が倒れていたり、壁に亀裂が入っていたりしていましたが、家はまだしっかり建っていました。

その時にやはりあの洋室が気になって、というよりあの香りを嗅ぎたくて部屋に入ると、少しカビ臭かったですが、あの香りはしっかり残っていて『よかった』と思ったのを憶えています。

結局その後家ごと取り壊してしまいましたのでそれっきりです。

私自身いろいろと転々と住んでほとんど故郷や幼なじみとなどとは無縁です。
一番長かった埼玉の住宅も最近久しぶりに行ってみたら住宅ごと取り壊されていたことを思うと、あの古くさい洋室の臭いや、井戸のポンプの音、木の雨戸を一斉に閉める音など今でも出来ることなら、もう一回聞いたり、嗅いだりしてみたい、と思いました。

ヴォーリズの特集はそんな記憶をよみがえらせてくれて感謝しています。

機会があったら近江八幡や五個荘も今度行ってみたいと思います。船板塀と洋館と両方観に行きたいと思います。

 人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ