ブログネタ
北陸地方の旅[富山県・石川県・福井県] に参加中!

日曜日の夕方に金沢から帰ってきました。本当はいつものように土曜日の夜に夜行列車で帰ろうと思っていたのですが、この3月のダイヤ改正で北陸号が廃止になるということで人気になり寝台券が取れませんでした。
いつもこの季節はガラガラなのですが・・。
しょうがないので東横インに1泊して翌朝のはくたかで帰りました。

往きは上越新幹線で越後湯沢に出ましたが、東京では想像できないような雪が積もっていました。2メートルくらいは積もっている感じです。
写真は越後湯沢駅のホームです。
雪越後湯沢駅
そして途中さらに雪は横なぐりで降り続いていました。
日本海が見える親不知付近はいつもの灰色に荒れ狂い、白波が立っていました。
ただ金沢は雪が全く積もっていませんでした。
チラチラみぞれが降っている感じでしたが、とにかく底冷えして寒かったです。
金沢駅は行くたびにどんどん変わっていきます。北陸新幹線開通に向けて駅前は豪華絢爛な屋根が出来ています。
金沢駅東口1
今回親戚にも何人か会いました。
私のサイトにも掲載している金沢市のケーキ屋さん<「ジロンボ」や能登半島・志賀町の食堂兼お土産やさん「ロードパーク女の浦」の方にも会うことが出来ました。


用事が終わり、三田の叔母と居酒屋に食事に行きました。
そこで「手取川」という銘酒と寿司をつまみました。
手取川というのは県南部を流れる大きな川でいつも親不知とともに強風のために北陸線が遅れる元凶になっている川です。
酒手取川

石川の銘酒といえば「天狗舞」と「菊姫」が有名ですが個人的にはごく一般的に飲まれている「福正宗」や前述のケーキ屋さんジロンボの社長おすすめの能登・珠洲の酒「宗玄」のほうが好みです。
また富山の「立山」もひじょうに美味しいと思います。
この「手取川」は初めて飲みましたが、あまりくせがなく結構美味しいと思いました。
それと寿司がけっこう美味しく、値段も安いのでここはおすすめです、と言いたい所ですが酔っていて店の名前を忘れてしまいました。
金沢寿司1002
東横インから駅に向かう方向のガストの並びのビルの2階の店です。

ホテルで1泊、翌朝すぐ特急で帰途につきました。
帰りの車内で景色を見ていると高岡付近からはもう雪がかなり積もっていました。
雪高岡

越後湯沢からは指定券の列車より早い時刻にとき号があり、それに飛び乗ったので予定より早く帰ることが出来ました。