サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

プロ野球

ブログネタ
.気になったニュース36 に参加中!

センバツもベスト4が一部決まってきました。スモールさんの久我山は残念でしたが地元の日大三高がベスト4に進出です。
その一方で震災の影響で開催が危ぶまれていた、春の東京都高校野球が本大会のみ開催されることになりました。
ブロック予選は中止になってしまったので、秋の新人戦の本大会進出の学校47校がそのまま同じメンバーで戦うことになりました。

我が母校・調布北高も登場します。秋の本大会は2回戦で敗れているのでなんとしても初戦を突破してくれればと思っています。
試合は4/4(月)に神宮第二球場で法政大高と対戦です。
手強い相手ですが健闘を祈っています。

そういえばプロ野球セリーグの開幕も結局、4/12に延期になりました。
情勢を考えれば当然のことと思いますが、それが決定したときの記者会見で
「選手たちの気持ちを汲んで、延期することにしました」
と言っていたのを聞いて、お客さんや世の中の情勢はどこにいったの?
と思ってしまいました。
自家発電設備でも自分で開発して、試合やれば!
という感じです。ずれてるのもここまでくるとあきれてしまいます。
おまけに早期開幕を主導していたのがどうも、某報道機関の球団ということで(スポーツ紙などの報道によれば)、・・・です。

3/11を境に日本は変わってしまったのだから認識を新たにしてほしいものです。
あまり悪口は書きたくありませんが、あまりにびっくりしたので書いてしまいました。

かわってしまったといえば、地震の影響の話になりますが、
先日駅でタバコを買おうとしたら、売店のおばちゃんが
「たばこが注文しても全然来なくてこまってるんだよね」とのこと。

その晩にある方と食事をして聞いてみたらどうもJTの工場が福島や栃木にあり、加工や原料の問題もありしばらく製造中止になるようだとのことでした。
製造を再開しても今までどおりの生産や輸送は難しく、本当に品薄になる見込みだそうです。

考えてみれば私が地震にあってしまった小名浜の水産関係は津波で壊滅的な被害にあわれていて、今の避難状態だけでなくこの先どう商売をしたらいいのかが全くメドが立たない状態に追い込まれてしまっている状況ではないかと思っています。
今回このような状態の町は岩手〜茨城まで日本、特に首都圏の台所を担っていた主力の漁港がほとんどそうなっている状態と思われます。

たとえば小名浜で加工している水産物も多くは宮城県沖などの良好な漁場で採れた原料に多くを依存しています。
中でも気仙沼、石巻、塩釜、大船渡など首都圏で販売されている大衆的な水産加工品の大部分を製造していところで、
今後普段当たり前のように食べていた食品が当分はほとんど手に入らなくなる可能性が高いと思っています。

これは漁業のみではなく原発の問題も考えれば、すべての食材や製品に影響がでてくるのではと危惧しています。
さらにこの電力不足です。

そしてこれから大きな問題として、米の生産が出来るかどうかという問題も浮上しそうです。

今は円高ですがそのうち円がとんでもなく売られて、価値を失うような時代が来るかもしれない、とも思っています。
あんまりネガティブなことを書くといろいろ問題なのでこのくらいにしておきます。

今はまだ捜索や被災された方の支援も進まない状態で、まずそれが何よりも最優先ですが、被災された方から見ると経済的な復興も大変な難問になっているはずだと思っています。

私自身も出来るお手伝いなどほとんどない状態ですが、せめて今やっている活動などを通して、微力ですが何かできれば、と思っています。

そういえば福島の原発の問題に地元のかたは、
「そもそも自分たちの地域は東北電力なのに、なんでこんなことになるの?」
というようなことをおっしゃっていました。
また一昨日東電の会長さんがやっと記者会見されていましたが、
東電や関係会社の社員や自衛隊、消防の関係者が何日も前からみな命がけで作業しているのに、今頃?という感じです。
ご心労はわかりますが、周辺の方はもちろん、一円の農家や漁業関係者、さらには部下である作業関係者の家族の心労を考えたら、??という感じです。

あと小名浜の建築会社の専務さんに無事でしたか?と連絡したら、
「あなたも無事でよかったね。私も大丈夫だったよ、ただうちのほうは近くの川が津波であふれて床下くらいまで水がきたよ。本町通りも水浸しで魚が跳ねていたね」と言っていました。
しかしよくよく聞いてみると彼は消防団に入っているのですが、その時も地震で家が壊れて挟まって動けなくなったご老人を救助しに行ったら、津波の第二波がきて腰まで水がきてしまって「死ぬかもしれない」と思ったそうです。

ほかにも第一波がおさまって、避難するために家に戻り荷物を運び出そうとしたら、第二波が来て荷物を全部放り出してダッシュで逃げてなんとか助かった、という方もいました。

ちなみに昨晩にニュースやっていましたが、いわき市の津波の高さは最大で9.2メートルだったそうです。
そのときに南三陸や陸前高田は15メートルというふうに言っていました。
15メートル、ビルの何階くらいでしょうか。想像を絶する高さです。

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
こんなテーマに投稿しましたが、実は阪神ファンではないので悪しからず。

今日テレビ東京の「なんでも鑑定団」の再放送を何気なく見ていたら、巨人の金やんこと金田正一投手が前人未到の400勝をしたときに巨人の全メンバーがサインをしたサインボールが鑑定に出されていました。
そしたらなんと50万円の価値があるということがわかり盛り上がっていました。

金田投手はもとは国鉄(現ヤクルト)の投手でしたが、引退する前は巨人で投げていて、そのときは巨人も黄金時代でした。

川上監督、王、長島、堀内、高橋一三、高田などそうそうたるメンバーなのでそれも当然かなと思いました。

それを見ていたら昔のもったいないことをした思い出がよみがえりました。

それは、これもはるか昔の話ですが、今三田に住んでいる私の叔母が結婚したてのころの話です。

叔母は結婚してしばらくは甲子園に住んでいました。
甲子園球場に住んでいたのではなく、西宮市には甲子園という地名があるので・・(ご存知とは思いますが)
また別に阪神ファンだったからではなく、急行が止まるので旦那さんの通勤に便利だったからです。

家は甲子園駅から浜のほうに少し歩いたあたりでチンチン電車の浜甲子園までは行かないあたりで、こじんまりした貸マンションに住んでいました。

叔母は私たち姉弟のことを自分の子供のようにかわがってくれました。赤ちゃんの時などはおしめも変えてくれたくらいです。
そのため叔母が結婚してもしょっちゅう甲子園に遊びに行っていました。

あまりよく行くので向こうに友達がいたくらいです。

当時そのマンションは甲子園球場に近いということもあり、上の階に阪神の選手が住んでいました。吉良という選手で投手でした。

一軍と二軍を行ったりきたりという感じだったようです。

その吉良選手はいい人で、頻繁に遊びに来る私のために、サインボールをプレゼントしてくれたのです。

当時は阪神は巨人のライバルという感じで、巨人のメンバーも強力でしたが、阪神もすごい選手がたくさんいました。

吉良選手は中でも特に活躍していたスター選手だった、江夏投手、田淵選手、藤田平選手の三人からサインをしてもらったボールをプレゼントしてくれました。

それはもう当時は大感激で、大事に大事にしまっていました。

ところが何年もたち、何度か引越を重ねるうちに、いつのまにか無くなってしまいました。

今考えると、なんという大失態か、と思います。
今も大事に持っていたら・・・。

残念です・・・。

ブログネタ
野球 に参加中!
久しぶりです。スモールさんが野球の話題を書いているので、私も便乗します。
先日の野村監督の今期限りの問題ですが、賛否両論、個人的にも多少問題はあると感じますが、大きな流れではOKだと思っています。
★理由は
・楽天の経営は元から無尽蔵に投資額を増やさないことが今日の厳しい環境を生き抜いてきたように、私個人には思えること。

・野村監督も高齢だし、もし今後も続けたとして、強くなればなるほど後の監督に引き継ぎにくくなること

・選手はプロであり、監督云々ではなくこれを機会にどの監督のもとでも力を発揮するのが最良であること

・オフになり、皆大きなアップが予想され、何よりも野村監督が折角育てた選手が、年俸でもめにもめたり、流出することが一番大きな損失と思うこと

いかなる環境でもコンスタントに力を発揮できることこそが、本当の強さで強いチームになれると思うので、来年こそが試金石であると感じてます。

最近のプロ野球情勢にはほとんど疎いのですが、ふと感じたことを書きました。

そういえば、東京都の秋季高校野球新人戦(事実上の選抜の予選)は、帝京が優勝しました。ほかに日大三高、都立日野、東海大菅生が準決勝に進出して、準決で三高、決勝で東海をやぶりました。
東京は最近は二校選ばれることが多いのですが、三高とは大接戦でしたが、東海には圧勝だったので場合によっては一校になってしまうかもしれません。
kokoyakyu1

最後に大幅にレベルダウンした話ですが、写真は私の高校時代の試合の写真です。なんと背番号は10番です。
写真は、玉川学園戦でのものです。センターフライで凡退しました。試合は0ー3で敗戦。玉川学園も次戦で国学院久我山に0ー1で敗退してしまいました。

前半で生意気なことばかり言って、ゴメンナサイ

ブログネタ
高校野球 に参加中!
WBCの制覇で盛り上がりましたが、選抜高校野球大会もそろそろベスト8が出そろいそうです。
優勝候補がまた敗れました。PL学園です。9回までノーヒットノーランに押さえながら延長戦で敗れました。

また選抜に出場していない大半の高校はもう夏に向けて春の地方大会が始まっています。

私の母校・東京都立調布北高校野球部も春の都大会・ブロック予選に出場しました。
1回戦は府中西港に快勝しましたが、2回戦で昭和第一に敗れました。残念です。

また今回WBCで原監督が優勝監督として脚光を浴びたことで、昭和33年生まれ世代の選手が注目されています。
実はこの年代の活躍した甲子園大会は私自身もひじょうに印象に残っている大会です。

昭和51年の第58回全国高校野球選手権大会です。 当時私は中二でした。当時野球部に入っていましたが、どちらかというとチンタラやっていました。

ただ高校野球の試合を見るのは好きで、地方予選や甲子園には結構足を運びました。
地方大会は西東京大会で3回戦の国学院久我山ー錦城戦、駒大高ー国立高戦、そして終盤大逆転になった決勝の桜美林ー日大二高戦を観戦しました。

また甲子園では、金沢の祖母の弟と一緒に星稜高校の応援団として入場して、天理高校戦、桜美林戦などを観戦しました。

この年はひじょうにレベルが高いとされた選手が多く出場していました。
結局決勝はどちらもノーマークだった桜美林とPL学園の組み合せになり桜美林が劇的なサヨナラ勝ちで優勝しました。
おもな出場選手で後にプロで活躍したおもな選手は今回話題になった東海大相模の原辰徳選手、そして私が応援で入場した星稜には速球王の小松投手がいました。
当時星稜は全国的にはまったく無名で石川県の高校がベスト4になるなどとは大会前には誰も予想していませんでした。

ほかにも天理の鈴木康友選手、柳川商の立花選手、銚子商の宇野選手など多彩な好選手が出場していました。

このころから高校野球がひじょうに一般にも注目され始めたと記憶しています。

 WBCや高校野球のニュースなどを見ながら、そんなことを思い出し懐かしんでいます。

人気ブログランキングへ

ブログネタ
WBC優勝 に参加中!
WBCは劇的なゲームになったようです。とにかく日本が優勝できたのでよかったです。おめでとうございます。

ただ先日書きましたように韓国のレベルアップは凄まじいものがあると思いました。もとからメンタルも強く、パワーもあるので次回以降はもっと大変な相手になるかも知れませんね。

今回感じたのは、原監督の存在がひじょうに貢献したのではということです。

日本のスポーツは実力者がそのまま指導者になることが多く、当然能力も高いので名監督になる人もいますが、監督としての資質を問われる人も中にはいると感じます。

もちろん原監督も選手時代はすごい選手でした。私の年代からみると、高一の時から甲子園で大活躍していて、あこがれのスターでした。ただあの地味な性格やタイトルにあまり縁がなかったこともあり時代を代表する名選手にはなっていないように思っていました。

実はその部分が監督になって功を奏しているのではと思います。監督はメンバーの能力を引き出すことが一番重要で、あの個性の強いメンバーの一人一人を大事に考え、最終的に皆の力を引き出し優勝に至ったのではと私の目には映りました。

ほかにも過去の名監督として上田監督、西本監督、古葉監督、仰木監督なども地味なイメージですが、原監督も同じような感じを受けました。選手時代の実績はすごいはずなのですが・・。

他のスポーツや外国でも監督やトレーナーなどはスペシャリストが存在していて、意外に名選手だった人は少ないように思います。またこのようなパターンのほうが強いチームや選手が育っているようにも感じます。

 いずれにしても良かったですね。勝ったからこんなことも考えられるんでしょうから・・。

 人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ