サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

ニュース

ブログネタ
自然現象全般(気象、地震など何でも) に参加中!

火曜日は夕方から夜に昔からの知人が昨秋にお亡くなりになったという話を聞き、その娘さんにお会いしてお線香をあげさせていただきました。

その後同行した人(元同じ会社の人)と別の客先に行き、さらにその後中野で遅くまで飲んでいました。
前職時代から大変お世話になっていたので、大変残念でした。

そして一晩たち、起きると一面の銀世界。

朝の段階で家の近くの道は雪が積もっている状態でした。

前日の朝の天気予報では南岸低気圧が発生するが、雨か雪のような予報で、
「もう春も近いのかな?」

などと甘く考えていました。

ところが思いのほか冷気が残っていたようでこのありさまです。

この日は昼前に多摩地区、国立、立川に用事があり午前中に準備をして出発しましたが、
この時間には靴がスボッと埋まるくらい積もっていました。

苦労して駅まで歩くと、中央線は遅れているとのことで大変でしたが、なんとか仕事を終えて戻りました。

簡単に測ってみると大体10センチ以上は積もっていたようです。
雪201202291
写真は家と駅の間で撮影しました。
雪201202292

上が道路に完全に積もっている様子で、下はジブリの前あたりです。

もう気温も高いので夕方には半分以上溶けてしまいました。

上記の南岸低気圧はたびたび春先の日本に大きな被害をもたらしてきました。
私が子供のころにはこの低気圧のことを気象の本などでも”台湾坊主”と記載していて天気予報などでもそのようにいっていたのをおぼえています。

過去の日本の行いの問題もあったのでしょうか?この言い方は適切でないということになったのでしょうか、その後は南岸低気圧という言い方に変わっています。

2月はまだシベリア高気圧(冬の寒気をもった大陸の高気圧)が優性で、日本付近には冷たい空気がたまっていますが、台湾付近には気圧の谷が出来やすくなり、ちょうどこの付近に坊主の頭のような形に等圧線が丸みを帯びたところで発生するのがこの南岸低気圧です。

それで前述のような呼び方になりました。

名前のユーモラスさとはうらはらにこの低気圧は大変な暴れ低気圧で、南岸沿いに北上してくるときに元からある寒気と南からの湿った暖気が交錯して急速に発達します。

それで冬はめったに雪の降らない太平洋岸にも大雪を降らせます。

くわしくは下記のURLをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%B2%B8%E4%BD%8E%E6%B0%97%E5%9C%A7

今回は都心ではあまり積もりませんでしたが、山梨、多摩地方、埼玉、群馬などで一時十数センチ〜20センチくらいの積雪になりました。

親は雪国育ちですが、私は温暖な都会育ち、転びこそはしませんでしたが、悪戦苦闘、
特に立川駅前の踏み固められてしかも溶けかかった圧雪は手強かったです。

スキー場とは違いますね。

一雨ごとに春が近付いているということもいえるのでしょう。

ブログネタ
創作短編物語 に参加中!

前回無罪になった親分、またもや裁判をかかえています。

今回も子分との絡みがありました。

子分は逃げ切れないと思い、一部白状してしまったのです。

ところが親分は今回も相変わらず頑として認めません。

裁判では子分の白状したことが証拠になるかが焦点でした。

裁判官「それでは、判決を言い渡しますが、その前に一言・・」

親分「えっ?」

裁判官「おい親分さんよ、このままだと俺はあんたに無罪を言わなくちゃいけないんだよ」

親分「そうか。やはりわかってくれたんだな判事さんも。はっはっはっ」

裁判官「ちょっと待てよ」

親分「何だって?」

裁判官「あんたのことは俺は本当はやったんじゃねえかと思っているんだよ」

親分「何いってんだ。あんた裁判官だろ?俺がやったっていうんなら証拠を出せよ!」

裁判官「サスペンスでもこの「証拠を出せよ」というのはほとんど犯人のセリフなんだよ」

親分「何をわけのわからないこと言ってんだ。お前は法律の番人だろ?」

裁判官「わかった、わかった。それならこういうふうに言えばいいかな。もしあんたが無罪になっちゃうともうあんたは二度と罪を償うことはできなくなるんだよ」

親分「あたりめえだろ。無罪なんだよ、俺は」

裁判官「それにな、もう「私は実はやりました・・」なんて絶対にいえなくなっちまうんだよ」

親分「そんなこと言うわけねえだろ。無罪なんだよ、俺は」

裁判官「一生、それを背負って生きていくことになるんだぞ」

「いいのか?え?いいのか?」

「それにな、お前さんの子分たちはあんたはもしかしたら本当は黒なんじゃねえか?って思っている奴も結構いると思うんだよ」

「そのうちにな、そういう奴らはあんたのことをどう思うかな?」

「きっと、態度には出さないけど、心から信頼なんか微塵もできなくなっちまうんじゃねえかな。俺はそれが心配でな」

親分「お前な、勝手なこと言ってんじゃねえよ。自分で話を進めるなよ」
「それじゃ、まるで俺は犯人みたいじぇねえか」

裁判官「証拠はねえけどな・・」

親分「なにーっ、お前はそれでも裁判官か?」

裁判官「ああ、裁判官だよ。俺も人間だからな・・」

親分「だったら何だってんだよ」

裁判官「今だったらまだ間に合うんだよ。白状しちまえよ。このまま無罪になるほうがつらいことになるぞ」

親分「お前はデカか?」

「俺は白状なんかしねえよ」

裁判官「それじゃあしょうがねえな」

親分「しょうがねえとはなんだ」

裁判官「それでは判決を言い渡す」
やっと裁判官は判決文を読み始めました。

「親分は・・・、無罪」

親分「そうこなくっちゃ」

裁判官「ただし・・」

親分「なんだ?」

裁判官「これは証拠がないから無罪っていうことだ。無罪と無実はちがうんだよ」

親分「なにー?」

裁判官「この国の法律ではこの話は無罪にするしかないということだ。疑わしきは罰せず、というでしょ」

親分「おめえが一番疑っているんじゃねえか・・」

これを傍聴していたマスコミは当日の夕刊では「証拠がないけど本当は?」的な記事で埋め尽くしました。

原告側はおろか、被告側も親分にとってはなんとも後味の悪い雰囲気になりました。

親分「こりゃ、大変なことになった。有罪よりもつらくなっちまった。もう後戻りもできねえし・・」

☆☆☆☆☆

さてこんな裁判は現実にはないと思いますが、
法律やルールなんて、しょせんあとからできた枠組みで、実際に法を犯したかどうか、また法で裁けるかどうかと現実の問題と大きなギャップがあるのかもしれません。

この話では裁判官、親分どちらに問題があるのか?はたまた両方とも問題があるのかは定かではありません。

でもこんなことは我々の生活や仕事の中では程度は違えど、よくあることかもしれません・・

あるニュースを見ていて思った次第です。

連日意味不明の内容で恐縮です。
昨日のも自分の文章に嫌悪感さえおぼえてしまい、削除しようとログインしたら、

「あのねのね・・」
というのをみて

「それならもう一丁!」
ということになりました。

☆☆☆☆☆

ブログネタ
.気になったニュース40 に参加中!

飛ぶ鳥を落とす勢いのO市長・H氏が政経塾のようなものを募集したところ、数千人におよぶ希望者が殺到したというニュースが流れました。
これからの日本はしばらくはこれがトレンドになるのでしょう。

しかしふと感じたことがあります。
今日は多少理屈っぽいので、ご辛抱を。

中身の正誤や賛否はわかりませんので一切コメントは避けますが、
ゼロから全てを構築してきたH氏はたいしたものだと思いますが、それに群がる人たちが同質であるとはとても思えない、ということです。

古来から日本で言えば大きく変換し、新しい時代を切り開いた開拓者というのが時代の節目には必ず存在しています。

たとえば

戦国時代の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康
今ドラマで話題の平清盛、源頼朝
明治維新の西郷隆盛、坂本龍馬などは誰でも知っている人たちです。

また戦後の焼け野原から日本経済を再生させたものづくりのパイオニア、松下、ホンダ、ソニーなども同様だと思います。

皆に共通しているのは
言葉は悪いですが、それ以前の時代では下の下の、まったく社会から注目されないような環境からほとんど自力でのし上がってきたということです。
逆にそのような状態でないとそういう人たちは誕生していないのでは、と思えます。

もちろんその踏み台になってしまっている人たちも多々いたのではと思います。

何が言いたいのかというと、
変革や成功はすべて自分で考えて、自分で決断して、自分で切り開いていかないと実現できないのではということです。
人の敷いたレールに乗る前にまず自分でやってみる、大海原に出てみる、というのが一番大事な精神なのではと思います。
それは組織に属するとか、属さないとかそんな了見の話ではなく、自分自身がどう生きるかという生き方や考え方の問題だと思っています。

年齢も関係ありません。70にして起業、成功している人はいくらでもいます。

商売でも同様ですが、看板や技術、つながりがないところから何かを始めるのはとてつもないエネルギーが必要になります。

私も自営をはじめて数年、いまだ大きな日の目をみることも無い状態です。
もしかしたら一生そうなのかもしれません。
それでも毎日コツコツと歩を進めるしか方法はありません。

事業にしろ、政治にしろ皆同様だと思っています。
そこには勇気、感性、タイミング、運、柔軟で明晰な考えも必要です。

強力な応援者やパートナーも必要です。

さらにいえば強力なライバルや妨害者も必要なのかもしれません。
もまれて強くなるといいますから。

H氏のような人が国中から雨後のたけのこのように出てくる・・
このような状態が一番なのかもしれません。

まったく無名だから失う物やしがらみは何もなく、見栄を張る必要もなく、自由で柔軟な発想で前進する・・

過去の時代の英雄たちも、世界を見回しても、最悪の状態の中からより強力なパワーが生まれてきたように思います。

ユダヤ人、華僑の人たちも松下やソニーの創始者もおかれた環境を逆手にとって強靭な精神力で繁栄を手に入れることができたのかもしれないですね。

そういう意味では今の殺伐とした状況の中ではいずれそのような人たちが出てくるのかもしれないとおもっ次第です。

さあて、能書きはこれくらいにして、またコツコツと歩を進めなくては・・いけないね・・

ブログネタ
.気になったニュース39 に参加中!
雪20120123−1
いきなり雪になりました。
駅(東小金井)を降りたら写真のようにガンガン降りです。
雪20120123−3
途中の道も雪景色(写真)

明日の朝どうしよう・・・

ブログネタ
創作短編物語 に参加中!

「私は何も知りません。全部部下の仕業です。信頼して任せてましたから」

真実はわかりませんが、とにかく無罪になりました。

親分は早速以前のように活動を開始しました。

手下:「よかったっすねえ」

親分:「そうだな。ここまでくるのは大変だったよ」

手下:「また親分と一緒に仕事が出来るのがうれしいっすよ」

親分:「うれしいことを言ってくれるじゃねえか」

手下:「そんな、本当の気持ちを言ったまでっすよ」

親分:「そうだ、例の件はお前に任せるよ。信頼しているからな」

手下:「・・・・・」

☆☆☆☆☆

ブログネタ
.気になったニュース38 に参加中!

今年はびっくりするような災害が次々と起こります。

ご存知のように日本列島は今回台風12号によって甚大な被害を受けました。

個人的にも東日本大震災のときに福島県いわき市の小名浜に居合わせてしまい、津波に流されることは逃れましたが、数日間のわたって避難生活を送ることになったりとかなりの目にあいましたが、またもや気をもむような状態になりました。

8月の末に大型の台風12号が南海上で発達をはじめました。

表題のように私は9/4から山陰地方に旅行に行く予定になっていました。

当初台風の経路と予定は8/31ころか9/1ごろに日本列島に接近、もしくは通過というような感じだったので「まあ大丈夫かな」というふうに思っていました。

ところが台風は特殊な気象条件が重なり、8月の末ごろに南海上で停滞してしまいほとんど動きがなくなりました。

しかも規模も大きく、さらに例年であれば東にそれていくようなコースのところが、逆にどんどん西によれてしまい、日本を直撃するコースに変わってきました。

ニュースなど周知ですが、台風接近前から各地で大雨が始まっていました。

そして9月に入り、やっと台風も動き出しました。

ところが動きが遅く、まったく進まない状態です。

各地の雨も降り続き、すでに記録的な大雨になりつつありました。

そして9/2にまたもや停滞、ほぼコース取りが見えてきましたが、その後動き出した後も自転車並みの速度です。

さらに進路はなぜかいつのまにか山陰地方にむいていました。

9/3の前日になると近畿地方や、山陰地方も雨脚がひどくなってきました。

周知のように紀伊半島がどこよりもひどく、その後大変な災害になりましたが、テレビの報道では山陰地方なども相当な状態になってきました。

鳥取県の大山の雨量は9/3には800ミリ近くに達し、東郷池という湖があふれ出し、米子や安来ではがけ崩れや浸水が起きているようでした。

ところが台風はまだ四国付近でノロノロ状態。

「どうなるんだろうか。中止?」
「行ったら行ったで危険?」
いろいろ思いがめぐりました。

台風の影響で関東地方や中部地方も一部で大雨になっていて、奥多摩方面などは避難勧告もでていました。

3日の夜中に山陰方面に台風が接近、逆に山陰の雨は一段落しましたが、今度は行く経路上の兵庫県などが1時間100ミリ近いような豪雨になりました。

ネットで調べると、兵庫県や岡山、山陰地方の高速道路、主要道路、鉄道などはほぼ麻痺状態のようでした。

出発まであと数時間というのに・・。

結局朝5時に出発するころに台風は山陰沖に達しました。ところがまだ速度は自転車並みです。

東海道新幹線は強風もおさまったのでほぼダイヤどおりに動いていました。
大阪まで新幹線で行き、そこからバスの予定です。

途中富士川、琵琶湖付近の野洲川や愛知川などは信じられないような増水をしていました。

大阪はもう雨が止んでいましたが、そこから先はひどいようで、道路事情が心配でした。
添乗員さんによると、今さっき高速が通れるようになったとのことですぐに出発しました。
「何時につくかわかりませんがとにかく行きます・・」とのことでした。

中国道に入ると早速雨風が強くなってきました。
途中市川、加古川、揖保川などを渡りますが、普段はきれいな清流の川です。
ところが今日は荒れ狂って、川が一部氾濫しているところもありました。
11台風12号米子付近
(米子付近)

そんなこんなで大山のふもとを通過、米子に入りました。
大山から流れている川には川沿いに延々と土嚢が積まれていました。

また途中で渡る川も洪水の寸前のような状態でした。
11台風12号斐伊川
(斐伊川)

やっと出雲大社に到着、大雨の中を参拝して、玉造温泉に向かいました。

出雲から玉造は宍道湖の湖岸を走りますが、写真のように道路ぎりぎりまで水位が上昇していました。
11台風12号宍道湖1
11台風12号宍道湖2
本来は道路の下にもう一段低い堤防があり、そこが歩道や建物になっているのですが、建物は浸水というより水没していました。
11台風12号宍道湖3

翌日は玉造から松江に向かいました。

松江市内の宍道湖と中海を結ぶ川も一杯一杯に増水していました。
11台風12号松江市内
松江城から宍道湖方面の写真をとりましたが、写真の湖上に見える林のようなものは、本当は島だそうです。
11台風12号宍道湖4
島も水没していて、背の高い木しか見えていない状況でした。

やっと午後から天気は回復してきましたが、途中で見えた日本海は高波がたっていました。
11台風12号日本海鳥取
またその翌日にテレビニュースで流れていた、あふれていた東郷池を通りましたが、なんとか水は引いていました。

山陰地方はがけ崩れや氾濫などはひどかったのですが、人的な大きな被害はなかったようです。

しかし全国的には平成になってからの最悪の台風被害になってしまいました。

もうこれ以上災害が起こらないことを祈っています。

ブログネタ
ニュースにコメント に参加中!
今日は少しまじめに・・

「鳩の乱」「東国原の乱?」「小泉一派」
と、政局がめちゃくちゃな状態になっています。

誰もが新しいものだけに活路や夢を追い、
先頭に出るものは皆、自分が正しいとつばを飛ばし、相手の話など聞いていない。

人間の本質など、人間が動物である以上、どんなに文明が進化しても大して変わっていないような気がします。

古い中国の故事成語は数千年経っても今の時代に通用しています。

はたして、今テレビやマスコミを騒がしているリーダー?たちで、自分の利益を投げ出しても、人のために尽くして世の中を良くしよう!なんて人がいるのでしょうか?

自分に力がない状態で、駅前で同じ主張でビラ配りからする気がある人は?

どんなに奇麗ごとや正論を言っても、自信満々に、謙虚さのかけらもない態度で、権力を握れば・・結果は同じ?

勝った時のおごり具合と、苦しんでいる人や弱体化した人たちに対する態度や行動、言動にこそ、その人の本性が現れると私は思っているので、
結構面白くこの政局騒動を見物しています。

そんなどうでもいいこと考えてないで、作業、作業・・

たわごとでした。

ブログネタ
ニュースにコメント に参加中!
小沢代表がついに辞任しました。
ことの真相はもちろん、私は政治の専門家ではないので、その関係のコメントは控えますが、
私の目には、小沢代表は日本の政界では数少ない冷静で大きな流れや長い先の将来を見ることのできる器の人物であるというふうに感じていました。

少なくとも自分の利益だけを優先したり、しがみついたりするような人物には思えないように今でも思っています。

ですから少し残念です。ほかにそのような器の方がメディアを見ている範囲ではありますが、あまりいないように感じているので・・。

まあしょうがないのかもしれませんが・・。

人の本性は悪いことが起きた時にわかる、と私は自分の体験から思っています。

今回の事件においても、ことの善悪はともかく、人の心の変化はメディアの報道も含め、刻々と変わってきていたように感じます。自分や、属している組織や家族などがピンチになった時に、何を優先するか、本当に大事にしていることは何なのか、を様々な方面の方々が如実に見せてくれたように思います。

本当に大きな心をもった、リーダーが現れることを願っています。

話は変わりますが、またまた大相撲のモンゴル人力士ゴルフ事件勃発です。
プロスポーツの世界なので、何をしようが、自分に結果が跳ね返ってくるはずで、場所前だろうが本人が判断していることなので、ここまで大事にする必要があるのでしょうか、と思います。

あまり過激なことを言うつもりもないし、考えの違う方もそれはその方の自由なので、とやかくいうつもりはありませんが。もしどうしてもそういうことが悪いというのならば、ルールで決めてしまえばと思います。

多分外国の方は、『言わなくてもわかるだろう?』とかそのような論理は理解し難い部分があるのでは、と思います。

実際、番付の上位はことごとくモンゴルの人が独占している現実を前にして、そういうふうに思ってしまいます。

どうしても古来の考え方を守りたいのであれば、賛同している日本人だけでやれば、いいんじゃないですか?と感じますが・・。

私は全く素人で関係もないのでこれくらいにしておきます。感じたままを書いただけで、誰かを具体的に批判する気持ちはありませんので、悪しからず。

ブログネタ
忌野清志郎 に参加中!
RCサクセションの忌野清志郎さんが逝ってしまいました。

かなりショッキングでした。

朝からニュースやワイドショーでずっとやっていて、私の頭の中は一日中『トランジスタ・ラジオ』の歌がまわっていました。

私の年代はカリスマ的なミュージシャンが上の世代にあまりいません。
ビートルズは知らないし、
日本人はほとんどニューミュージックという分野の人ばかりで、音楽としてはすごい好きなのですが、
高校時代に心を打つような、魂の音楽を提供してくれた数少ないミュージシャンだと思っています。

高校時代、『トランジスタ・ラジオ』は自分的にはテーマソングでした。
『woo 授業をさぼって〜・・』いつも授業はさぼってばかりでした。
授業中に寝言を言って、しぼられとこともありました。
恐い先輩がいたので、野球の練習はさぼったことはありませんでしたが・・。

素質もないのに、ドラムがやりたくて、安いハイハットとペダルを買って少年マガジンを叩いて練習をしていました。

結局、根性も無くて音楽はあっさりあきらめ、野球も中途半端でやめて、大学では人形劇をやっていました。

この歌を聞くと、あのころの煮え切らない、しょうもない時代(今もですが・・)があざやかによみがえります。

あー、残念です。

先週の金曜日に偶然仕事で行った歯科医院さんが、国立駅から多摩欄坂ののぼりになる寸前のところで、その時はそんなことが起きるとは思ってもいませんでした。

ご冥福をお祈り致します。

人気ブログランキングへ

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
ご存知のように4/1からJR東日本では首都圏の駅構内が全面禁煙になってしまいます。

 私は喫煙者なのでまたまた残念なのですが、健康のためには少しは本数が減るので、まあ、しょうがないか、と思っています。

ただ私のような喫煙者でも、喫煙禁止区域で平気でたばこを吸っている人は本当に不愉快に感じます。またこのような一部の人の非常識のために、どんどん喫煙区域が限定されているとも考えられます。

喫煙者の皆さん、少しは我慢する癖をつけましょう!(もちろん自分も含めてです)

以前、金沢から東京に戻る時にJR西日本の列車のはくたか号の喫煙車に乗車していましたが、JR東日本は全面禁煙のため越後湯沢からは一切吸えなくなります。
そのため、はくたかに乗っているうちに吸っておこうと、隣りのグリーン車(禁煙)の客が私の車両の空いた席で入れ替わり立ち替わりたばこを吸いに移動してきました。
ちょうど私の席は入口近くでずっと彼らのたばこの煙を吸い続けるはめになってしまいました。 いくら喫煙者でも、乗っている間に2〜3本しか吸わないのに、こんな思いをしなければならないのかとひじょうに不愉快でした。

 彼らは最初から喫煙車で席を取ればいいわけで、しいてはこんな状態であれば全面禁煙もいたしかたないのかなと思っている次第です。

どんなこともそうですが、違法でなければ何をしてもいい、とかわからなければごまかしてもいい、などという考え方の人は、もちろん自由に生きていただければ結構ですが、人に迷惑をかけるのだけはやめてほしいものです。

 人気ブログランキングへ

ブログネタ
芸能News に参加中!
ここ最近は週刊誌的なお題ばかりで恐縮ですが、話題のラブラブカップルだったはずの紀香と陣内が離婚か?というニュースが突然流れました。

実際どうなのかはわかりませんし、他人の男女関係なので一切コメントはありませんが、びっくりしています。

 このニュースを聞いて自分のことも考えてみました。
考えてみれば、私も結婚して15年になりますが、当初からいろいろありました。今でもいろいろあって、いつ愛想をつかされてもおかしくないと自分では思っています。

他人事ではないということです。

現在私の周りの人達も、離婚してしまった人、しそうな状態の人(進行形)、私と同じ状態の人が大勢います。またそれ以前に壊れてしまった人もいます。

このような試練を乗り越えて大きくなっていく、という考え方もありますが、今の一番大事であるはずの人を本当に大事にすることから始めるほうが、先々も自分を大事にすることになるのでは、と思います。

なぜなら今の積み重ねの延長が先々の自分なので・・。

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ