サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

ジブリ

ブログネタ
お気楽日記 に参加中!

スタジオジブリの猫・牛子の写真
日曜日は法事でしたが、帰りにスタジオジブリの前を通りかかると、

「みゃ〜お」 「ミャオ〜ン」

という声が聞こえました。

入口のところに「牛子」が陣取って、鳴いていました。

ちょうど暑い盛りで、通りかかる人も少ない状況でした。

今日は思わず写真を撮ってしまいました。

「あんた、今日は昼から酔っ払ってるのね。だめな男ね」
と牛子が言っているように思えましたが、ふと見ると

「それは私が言ったのよ!!」と暑いところで待たされていた妻が怒鳴りました!

ブログネタ
お気楽日記 に参加中!

私の家は武蔵野市ですが、駅は東小金井駅のほうが近く、いつもこちらの駅を利用しています。

歩くと約10分くらいです。駅に行く途中に必ずあの有名な「スタジオジブリ」の前を通ります。

私はアニメやファンタジー系はあまり興味がないのですが、よく報道の人たちが張り込んでいたり、ファンらしき人たちが見物に来ているのを見かけます。

毎日通っているとわかるのですが、ジブリには主のような「猫」がいます。

飼っているのか、住み着いているのかは定かではありませんがとにかくいつもジブリの建物のまわりをうろうろしています。

ジブリの社員や近所の人もなじみみたいで、皆でよくかわいがっています。

といってもかなりのお年のようです。
色は白に少し黒いブチが入っています。

いつものそのそ歩いています。

この間も通りかかったら、私が前を通過するのと、猫が道を横切るのがほぼ同時のタイミングになってしまいました。

このままだと接触してしまうような状況です。

ところが「ねこ」はまったく動じません。

私が気を使って少しスピードを速めて「ねこ」より先に通過するようにしようとしました。

すると「ねこ」は逆に私の方に向かって歩いてくるような感じになりました。

私の顔を見ながら歩いてきます。
何が目的なのかわかりませんが・・。

何をかくそう、私もいっぱしの「ねこ」好き人間です。
さっそく挨拶をしました。
「にゃーおん」
と「ねこ」に話しかけました。

「ねこ」は以外に低い声で「ニャーオ」と返事をしました。
ちょうど八百屋や市場の兄ちゃんのようなトーンの声です。

今までも頻繁に見かけていましたが、声をかけるのは初めてです。
というか、たいていは他の人たちがかわいがっているので気が引けていたというのが本当のところです。

「いやあ、有名な猫みたいだし、返事を返してくれて満足、満足」と心の中で思いました。

あとでネットで調べてみたら、あの「ねこ」はやはり有名猫で「牛子」という名前らしいということがわかりました。

「牛子」は何といっていたのでしょうか?

やはりナデナデしてもらいたかったのでしょうか。

それとも「あんた、いつも通ってるけどやっとわたしに挨拶したのね。よしよし」
といっていたのでしょうか。

または「あたしを誰だと思っているのよ?牛子よ!」
といっていたのでしょうか。

でも本当はこうなのではないかと思っています。
「こいついつも終電車のころに酔っ払ってフラフラして通りかかるあいつね。昼もいっしょね」

次回会ったときに聞いてみようと思っています。
それまでに「ねこ語」を勉強しておかなくてはいけません。

そんなくだらない想像で頭が一杯になり、仕事の段取りは
「あれ?何だっけ?」
状態になってしまいました・・
「牛子」のいうとおりでした・・

↑このページのトップヘ