サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

りんともシスターズ

ブログネタ
日々の話題 に参加中!
偶然ネットで知人の歌手のスケジュール表を見ていたら、30日になんと鳩ヶ谷でライブステージがあると書いてありました。たまたまその方から別件のライブ情報件でメールの連絡が来た後だったので郷土自慢ではありませんが、どうでもいいようなメールを返信してしまいました。

私が鳩ヶ谷に住んでいたのは、年がばれるのであまり言いたくありませんが、昭和40年前後?から約10年以上でした。(曖昧な表現ですみません・・)個人的には生まれは大阪で、埼玉に移った後も小さい頃はかなり長い期間大阪に入り浸っていましたが、事実上鳩ヶ谷が出身地でもあり、育ったところといえるのかもしれません。

当時のことは記憶からかなり消えていますが、とにかく周りはほぼ完全に農業地域だった、という印象です。
住んだ場所は里というところの西公団という住宅でした。
ただ今の団地とちがい、2階建ての一応鉄筋ではありましたが、一軒一軒はせまい長屋風で、内装も白壁、木、石のたたき、くもりガラスというような造りでした。

住宅が出来たのは昭和33年で、当時は木造平屋やバラックしかない時代だったのでそれなりに新しかったのでしょう。
まだ鳩ヶ谷町だった時分の里という地区の端の、川口の西新井宿という地区との境の田んぼが切れて野山(安行など大宮台地の端?)が始まるところの丘の上に住宅は建っていました。
件数は120軒くらいで、公的な高校や病院以外は近所には田んぼと野山以外にはありませんでした。

子供は皆鳩ヶ谷小学校に通っていましたが、ほどなく山を降りた田んぼの中に里小学校ができて、私はそこに通いました。姉は2年までは鳩小に通っていました。里小はまわりはすべて田んぼで、通学の時は特に梅雨時だととにかくかえるの声がすごくうるさかったのを覚えています。

なぜそんなに遅れていたのかといえば、鉄道がなくどこの駅にもバスで30分くらいかかる場所でした。
同様に隣接している今も日本一の植木の産地で有名な川口市安行(昭和にはいり安行町から川口市に編入)やさいたま市緑区の大門(昭和40年手前くらいまで美園村でその後浦和市に編入。今はスタジアムのある浦和美園駅のある近辺です)なども武蔵野線が開通した後も農村のままでしたが、近年埼玉高速鉄道という都心直通の鉄道が開通すると急に大きく発展を始めました。

いつも出身は埼玉で、「ハトガヤ」というと「えっ?」「クマガヤ?」「コシガヤ?」といわれていました。
そして遂には平成の町村合併で消滅して川口市に編入されてしまいました。

育った頃は「陸の孤島」といわれていたようで、けっこう方言もありました。
人に会う時などは大阪弁は結構かっこうも評判もいいので、もとから関西の家系なのもあり幼少時に聞いていた片言の関西弁くらいはたまに調子に乗って話しますが、鳩ヶ谷で使っていた言葉は、結構はずかしく、いじめられるのではないかと思い、ほぼ完全に東京に来た時点で長年封印してしまいました。

近年方言ブームみたいなものがあって、懐かしさもありたまに口に出すようなことも出てきました。

距離的にあんな東京に近いのに、本当?
と思うかもしれませんが、本当です。それくらい周囲の地域と隔絶していました。

東京に転校していちばん驚いたのは、鳩ヶ谷では全校生徒で3〜4人くらいしか通っていなかった学習塾というものが、東京ではちゃんと近所などあちこちにあり、クラスの半分以上の人が当たり前に通っていたことです。
その時鳩ヶ谷では浦和とかの学習塾にバスで通っている生徒は、それを知られないように隠していたくらいで、ばれると「ガリベン」とか色々いじめられるネタにされていたくらいです。

10年位前に本当に久しぶりに仕事のついでに鳩ヶ谷に行ったときは、すでにもうありきたりな住宅都市になっていました。

今回のイベントも川口市鳩ヶ谷宿(昔日光御成街道の宿場でした)の〜イベントという、題名でした。

自宅だった住宅がすでに取り壊されていることもあり、懐かしい反面、少し寂しい気持ちにもなりました。

実際現在は鳩ヶ谷に関係した人はほぼ誰ともつながりが残っていません。
といいつつも他にも友達の絶対数が少ないので、もとからあまり多くのつながりはありませんが・・。

ブログネタ
演歌・歌謡曲 に参加中!
先日ご紹介しました 姉妹デュオの「りんとシスターズ」さんがFM世田谷の番組「坂井賢太郎の昭和バンザイ」に出演します。放送は30分ずつ年末と年始の2回に分けて放送されます。
番組では彼女たちの歌も流れますのでお楽しみに!
りんともシスターズ画像2・情熱の砂漠
番組のご案内
放送は通常のラジオ放送はもちろん、ネット上でリアルタイムのみ聴取が可能です。聴取可能地域以外の方は下記のURLをご利用ください。
聴取用画面のURL(ネット環境があれば日本全国どこでも可能)
※画面にご案内がございますが若干のPC環境の整備が必要になります。
・放送局:FM世田谷・・83.4MHz
・放送日:2014年12月25日(木)および2015年1月8日(木)の22:00〜22:30
・番組名:『坂井賢太郎の昭和バンザイ』
・ラジオ聴取可能エリア:東京都23区西部(世田谷区、杉並区、中野区、渋谷区、練馬区、新宿区など)および多磨東部地区(武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市など)
・スマホをご利用の方は、下記URLにラジオ聴取専用アプリのご案内がございます。
FM世田谷のホームページ

りんともシスターズ画像4・FM世田谷昭和バンザイ


りんともシスターズさんタウンクリニックのページ
ザ・ピーナッツの名曲・情熱の砂漠カバー&オリジナル曲・情熱のアレグロ発売中です。

ブログネタ
演歌・歌謡曲 に参加中!

りんともシスターズ画像1・情熱の砂漠
美しい女優姉妹のりんともシスターズが大々的に表題のコンサートを行います。


2014年12月8日:りんともシスターズ〜情熱コンサート「60"世界のPOPSを歌う」
60"ピーナッツ〜世界のヒット曲を熱唱します!
渋谷伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田6F)
http://www.shibu-cul.jp/
渋谷駅西口歩5分程度・246号歩道橋を渡り日本経済大学、セルリアンタワー(東急ホテル)そば
くわしいアクセス
http://www.shibu-cul.jp/access.html
開場17時30分 開演18時30分 4950円
司会小林大輔、ゲストFitz、Dai&Johji
コーラス;薗部理沙、演奏:りんともBand
後援:テイチクエンタテインメント
お申し込み・お問合せ:りんともファン倶楽部事務局・梶原まで(090-1453-1856)
りんともシスターズ新橋イルミネーションフェスタ
写真は11月18日新橋SL広場でに行われた「新橋イルミネーションフェスタ」でテイチクミュージックアワーのメンバーで出演されたときの舞台挨拶のもので、右側の二人がりんともさんです。
りんともシスターズ画像3・情熱の砂漠

りんともシスターズさんは女優の斉藤林子さんと、斉藤巴美さんの姉妹で、女優さんとして大活躍をされていましたが、数年前から姉妹デュオで歌も売り出して、いわゆる「サラリーマンのアイドル」に。
しかも歌う歌は私の大好きな「昭和の歌謡曲」、
その中でも特に好きなザ・ピーナッツのカバー曲を中心に活動
されているということで、
これは聞きに行かなくては、
りんともシスターズ画像2・情熱の砂漠
ということで10月に行われた、赤羽の「美声堂」のキャンペーンを見に行きました。

そしたらこれがすばらしい、さすが姉妹(双子ではありませんが)、息もぴったりのハーモニーを披露されていました。

「これはなんとしても応援したい!」

ということで、
「りんともシスターズ」さんを皆さん応援しましょう!

りんともシスターズホームページ

ザ・ピーナッツ「情熱の砂漠」カバーのYoutube

テイチク・りんともシズターズのページ

タウンクリニックのりんともシスターズのページ

写真は上から1,3,4枚目がりんとも倶楽部さんの提供、2枚目が私の撮影です。

↑このページのトップヘ