サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

いわき市

ブログネタ
東日本大震災に対して「何か」できること に参加中!

土曜日
土曜日は福島県いわき市に仕事で出張しました。
大国馬上建築様とホームページの打ち合わせをしました。

打ち合わせの後、社長の息子さんと食事などのために車で小名浜から北の海岸沿いを少し車でまわりました。

私自身も東日本大震災当日、小名浜港近くで地震にあい数日間現地で避難していましたが、当時は危険な状態だったので海岸や港に近付くことができませんでした。

また昨夏に訪問した時も時間の関係もあり、港には行きませんでしたのでその惨状を目にすることはありませんでした。

もう一年近く経っているので小名浜港はほぼ観光施設なども大方営業を再開していました。
ただよく見ると漁港近くの店や旅館、民家などは大きなダメージを受けた状態のままになっているようでした。

看板やシャッターなどは津波のために大きくへこんだり、破損しているところがたくさんありました。
息子さんの話だと、こちらでも家の一階が完全に水没するところまで浸水したとのことです。

以前ブログにも書きましたが、息子さんは消防団に入っていたので地震直後に海岸沿いの民家で救助活動を行っているところに津波の大きな第二波がきて、胸の辺りまで水につかってしまい危うく難を逃れたとのことでした。

私のサイトに掲載いただいている魚市場の向かいの飲食店も一階が全滅で9月ごろにやっと営業再開にこぎつけたそうです。
月曜日に電話で話しましたが、漁もまだ禁止になっているとのことでまだまだ大変な状況が続いているとのことです。

魚市場付近から、三崎公園という突端で少し高台になっているところを過ぎて北側に行くと、さらに大きな被害を受けた地域になります。
永崎海岸から中之作、江名という地域になります。
このあたりは山が急に海岸になっていて、その間のせまい平地に民家などがたくさんありますが、津波の直撃を受けてかなりの被害を受けました。

車で走っていくと、民家のうちあちらこちらに何もない更地になっているところがかなりありました。
津波で流されたり、全壊になった家だということです。

道路の標識やガードレールなどもいまだに大きく傾いたり、大きくへこんだままになっていました。

また永崎海岸は夏はこの近辺では大きく賑わう海水浴場なのですが、地震と津波によって砂浜が完全に消滅してしまいました。

息子さんによるともっと北に行くと塩屋崎、そして久ノ浜という地域でここはさらに甚大な被害を受けたそうです。
津波で流されたうえに、火災が発生してほとんどの民家が大きな被害を受け、人的な被害も甚大だったそうです。

小名浜の中心街も地震、津波のあとにさらに大きな余震が続き、住宅も転居が必要な方がたくさんいる状況です。
私がホームページを管理しているお店もその一軒です。

原発の風評被害の問題も加わりまだまだ問題は山積みですが、一刻も早い復興を願います。


日曜日
日曜日は今度は逆にいわき市の外郭団体である社団法人いわき観光まちづくりビューロー様が東京にいらっしゃいました。
というのもメディア関係の知人の手配でラジオに出演することになり、そのお取次ぎをしたので私も収録に立ち会いました。

出演されたのはいわゆる「観光大使」のような仕事をされている女性で、その部署の方も付き添いでいらっしゃいました。その女性の家も津波で流されて大きな被害を受けてしまったそうです。

昨年から復興のためにフラガールと一緒に全国各地をめぐっているとのことです。

また今回名産のイチゴを持ってきていただきました。放送用でしたが私もお土産にいただきひじょうに美味しかったです。

2月8日には「フラガール」でおなじみのスパリゾートハワイアンズも新しいホテルも加えグランドオープンになります。

まだまだ完全復活には時間はかかるかもしれませんが、一歩一歩復興に近づけて行くしかないのでできることはお手伝いさせていただければと思っています。

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!

【第一部・いわき、真鶴日記】
7/4月曜日に真鶴を訪問しました。アンテナショップやグルメ観光サイトの関係での訪問です。
古くからの知り合いである鮮魚点の二藤商店さんを訪ねました。
震災以降真鶴も観光客が激減しているそうです。

真鶴は直接型の観光地ではありません。釣り好きの方の間では有名な場所ですが、観光客となると箱根や熱海、湯河原のついでに立ち寄る方が多いそうですが、この付近では小田原に続く規模の漁港があり、特に周辺は良好な漁場が多いため魚が抜群に美味しいところとして知られています。

また真鶴漁港は東京から一番近いひなびた漁村の風情を残していますし、真鶴半島は海の絶景が望めるところでもあります。

ほかにも江戸時代につくられた原生林のような森や地元で芸術活動を続けた日本有数の画家・中川一政氏の専用の美術館もあります。

現在二藤商店さんのご協力もあり私設・真鶴観光サイトを作成中(一部は完成)ですが、他地域も含めたポータルサイトを作るつもりです。

そして7/8金曜日にはいわき市を訪ねました。
アンテナショップを開業予定の会社の社長さんも同行しました。
いわきは3/11の震災にあって何日か当地に足止めされて以来の訪問になります。

最初に湯本駅近くの石炭化学館に移転した「(社)いわき観光まちづくりビューローさん」を訪問しました。

主題はアンテナショップ関係の打ち合わせです。いわき市の観光関係の出先機関でもあり業者さんを統括しているので、ご協力をいただきたいということと、ご存知の通り地震や原発の風評被害などで甚大な被害をうけている地域なのでそのような方面で何かお手伝いできることはないかということも含めての訪問でした。

先方のお話では小名浜の中心的な観光施設・ららミュウは11月頃に再開の予定だそうです。
ハワイアンズは4月にも再開予定だったそうですが、4月の大きな余震でふたたび被害を受けてしまい、再開が延期されいているそうです。

地元のタクシーの運転手さんの話なども含めると、湯元の温泉街や小名浜泉、平のビジネスホテルなどは現在原発関係の仕事の関係者と原発地域から被害されている方が使用しているそうです。

そしてそのあといつもうかがっている小名浜の水産関係の業者さんを訪ねました。

小名浜は地震時以来です。地震の時もそうでしたが港や被災地域には行きませんでした。
地震直後は津波が危険で一般の人は当然近寄れませんでしたし、今も関係者以外は片付けやがれき処理などをしている方の邪魔になるので地元の業者さんも用事がない限りはあまり近寄らないそうです。

ネットなどで地震直後にそのような地区を車でまわり撮影した動画が大量にアップされていました。誰が撮影したのかわかりませんが・・・。

今回も金曜日の早朝にそこそこの地震があり(東京も揺れました)、また私が行くと大きな地震が起きるなどということになったらどうしようと思いましたが、幸いその後はほとんど余震はありませんでした。

地震直後はひじょうに大きな余震が何回かあり、その晩から翌日の朝にかけては、半端ではない数の余震がありまったくこわくてまったく眠れませんでした。
大体5分おきくらいに震度3〜4くらいの地震が延々と続きました。
翌日も震度5級の余震が何回かあり一回は外に飛び出したくらいです。

用事が終わり特急で東京に戻りましたが、軽く飲みたくなり荻窪のはなやに、そして勢いで少しだけいつものスナックに寄りました。

業者さんによれば、いろいろイベントや支援企画なども行われているけど、三陸の海に沈んだタンクの油などの汚染なども解決するには気の遠くなるような期間がかかりそうだとのことで、この地域は他の問題も加わって皆が長期的にどう生きていけばいいのか、という深刻な問題に直面している状態だということです。

何の目的であんなことを言ったのかわかりませんが、某復興担当のおやじみたいな輩が政治の道具にしている現状を考えると地元の人たちも相当頭が痛いのでは、と思った次第です。

【第二部・藁しべ長者.9】
※解説(レバタラの世界です)
中央競馬予想日記で触れましたが、新しい試みです。
「藁しべ長者」という昔話のように一攫千金を元手に財産を構築できるかの実験です。WIN5以外にも運用方法は自由です。

◆WIN5
・比良山特別
ロードオブザリング、パワーエース

・茂原特別
ハッピーダイアリー、オクルス

・巴賞
ブリッツェン

・プロキオンS
ダノンカモン

・七夕賞
アドマイヤメジャー、アニメイトバイオ

以上800円。

★三連単(200円)
京都11RプロキオンS
・ダノンカモン1着、ケイアイガーベラ2着付け、アーリーロブスト、シルクフォーチュン流し2点

以上合計1000円。

◆2011年の成績
★7/10の購入金額・・1000円
★7/10までの購入金額・・9000円
★7/3の的中金額・・0円
★7/3現在の残金・・0円

ブログネタ
東日本大震災復興 に参加中!

久しぶりに競馬以外で更新します。
本当は明朝(あと2時間後くらいしたら)、震災があった3月11日以来で仕事でいわきに行くことになっていましたが、私の不徳のせいで延期になりました。
同行する業者様にはご迷惑をおかけしてしまいました。

向こうではかなりの施設は復旧してきたようですが、ページを載せている魚市場の横の「レストランまるかつ」さんでは2Fの食堂が営業を再開したようです。
地震の直後の津波で店の1Fは全滅状態だったのを聞いていたのですごいことだと感じました。
まるかつさんの奥様と今回の訪問のスケジュールの話をしていたら、今週あたりは一部ツアーも入ってきているとのことです。
地震や津波の問題だけではない地域なので大変だと思います。22〜23日は複合観光施設「ららミュウ」の片付けだとのことで、「ららミュウ」も再開するのかと思っていましたが、
観光協会の人の話では当分再開はできないとの話でした。

7月上旬にあらためて訪問となります。

ブログネタ
地震 に参加中!

今年は本当にぶったまげるようなことがたびたびおこっています。
その中でも本当に驚いたのは、

東日本大震災の時に小名浜港の近くにいたときのことです。

車のラジオで、大津波がくるから避難するようにとニュースが流れ町は大混乱におちいりました。
あちこちでサイレンは鳴りっぱなし、
逃げる車で大渋滞、

交通整理や藤原川の堤防を見張るためか、おまわりさんと消防の人がおおぜいでていました。

近くに高台もなく、近くの消防署は混乱中で入れてももらえず(当然ですが・・)、

あー、どうしようと焦っていたときです。

ふと見ると、一人の高齢のご婦人が道を歩いていました。
慌てている様子もなく、ゆっくり歩いていました。

と、見ると、
なんと犬を連れて散歩をさせていました。

様子を見に行くという感じでもありません。
いつもの散歩の時間なのでしょうか。
いずれにしても肝がすわっているのか、
とにかく驚きました。

ブログネタ
鉄道 に参加中!
8月30日はいわきに遠征でした。
少しは涼しいかと思いましたが、結構蒸し暑く、粉スポドリもやはり底をつきまた現地で追加買いをしました。

いわき市観光街づくりビューローさんという第三セクターのような社団法人さんの方と会うために、普段あまり行かない内郷というところに行きました。前回車で行ったので、電車で降り立ったのは初めてです。

ところが、先方の方の急用で面会が夕方になり、急きょ電話で小名浜の水産業者の方に車で迎えに来てもらい小名浜で打ち合わせになりました。

新サイト「いわき市・小名浜港発うまいもん市場」の打ち合わせです。
試行錯誤の繰り返しですが、9月4日に福島市にある某メディアに売り込みに行く予定です。まだまだ途上なので先は長くなりそうですが、コツコツ積み上げて行きたいと思っています。

夕方に泉から再び内郷に行き、先方にお会いして帰路につきました。
写真は夕暮れ前の内郷駅です。
いわき市市内ではめずらしく昔ながらのレトロ駅舎でした。
常磐線内郷駅100830
今回は期間中なので18切符で行きましたが、暑い中右往左往でバテバテになり、帰りは勝田まで普通に乗りましたが、根性が無いのでそこから柏までは特急に乗ってしまいました。

勝田ではまた前回おいしかった駅そばを食べました。
最近以前からのグルメブログを再開しましたので、駅そばのことはそちらで近日中に書く予定です。このブログのリンク欄からご覧になれますのでぜひご覧下さい。

ちなみに勝田・水戸から特急に乗るときは回数券が圧倒的に安くこちらがイチオシですが、回数券がないときは柏で降りてしまうと大幅に安く乗車できます。

ちなみに私は新松戸から武蔵野線で帰りました。

ブログネタ
こんなことありました・3 に参加中!

今日はいわき市に打ち合せ2件があり、行きました。

ところが前夜から東日本は真冬並みの寒さでしかも悪天候。

朝起きたら雪が少し積もっていました。
100417雪景色写真

東京での4月中旬の積雪は今までもほとんど例が無いようです。

写真のようにあやめに雪?すごい組み合せです。(あやめですよね・・?)

 

やっと水戸あたりで天気も回復です。

今日は水戸駅の駅そばを食べてみました。

写真ではなかなかわかりにくいのですが、味は個人的にはなかなかでした。
水戸駅・駅そば写真

帰りも勝田駅で駅そばを食べました。

水戸と同じメニュー・値段なので写真を撮りませんでしたが、注文した「けんちんそば」(440)はひじょうに美味しかったです。

またそばの麺も水戸より黒っぽくてそばらしい感じで、こちらはさらに気に入りました。

この沿線では比較的評判の良かった友部駅の駅そば店が閉店になり、オリジナルのそば(あじさい系や喜多そば以外)は我孫子、水戸、勝田3駅のみになったとのことで、何とかがんばってほしいと思っています。

いわき市大国馬上建築写真1
向うでお会いした、建築会社さんの専務と現場の写真を撮りに行きました。

上の写真がそうです。

ご覧のとおり、まだ工事を始めたばかりだそうです。

 

建築現場自体が見晴らしのいい高台の住宅地ということもあり。

専務さんが「上に上がると眺めがいいから登って写真を撮ってみたらいいよ」

とのことで、足場を使い上に上がって写真を撮りました。

なるほど本当にいい眺めです。

 

ところが、足場は細い鉄板のような感じで、しかも穴だらけでスケスケになっていて、横に移る時は、となりの板まで少し間が空いている状態です。

 いわき市大国馬上建築写真2

最初は気になりませんでしたが、途中からこわくなって、すぐ降りてしまいました。

下から見ると大した高さではないように見えますが、上に上がるとかなり高く感じました。

専務さんは手すりにもつかまらないでひょいひょいと一番上まで小走りで上がってしまいました。

やはり、さすがです。

 

社会人になってからは、こんな場所にくる機会はあまりなかったのですが、慣れてない人だとけっこうガクガク来ますよ・・。

 

なんだかんだで、帰宅したのは夜の23時過ぎでした。

↑このページのトップヘ