サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

改修前一般記事

ブログネタ
楽しく!仕事を成功させましょう! に参加中!

男女雇用均等法が施行され25年になります。
実際今まで勤めていたり、独立して以後見ていた印象は、法律だけ整備されたという感じでした。

ところが近年なでしこジャパンやプロゴルフなどアスリートの世界でも日本人の女性は飛躍的な活躍を遂げています。

男性はどうしたのか?お前は?

と言われてしまいますが、今の時代はビジネスでも女性の時代といっていいのかもしれないと思います。

先週から今週にかけて、仕事絡みでさまざまな人と会う機会がありました。
とてもいい勉強になりました。

まずこれは女性ではありませんが、仕事のかたわら活動している「ふるさとテレビ」の関係で私のサイトの取引先の方からあるNPO法人の方をふるさとテレビに紹介してほしいという依頼がありお引き合わせのセッティングをしました。

お会いしてみるとその方は元刑務官で作家の方でテレビなどにも出演されている著名な方でした。

テレビで刑務所関係のコメントやそういう関係のドラマの監修などもされているそうです。
最近では人気ドラマ「相棒9の16話・もがり笛」の刑務所関係の監修をされたとのとことです。
また来週24日の20時から日本テレビの「世界まる見え!特捜部」という番組に出演されるそうなのでもしよろしければご覧になってください。

と一見派手な感じに聞こえるかもしれませんが、実際にはひじょうに地道にコツコツと活動をされている方だということがよくわかりました。
ましてや普通の人たちとはかなり離れた分野で、そして難しい大変な仕事をされているようでした。

そして長年の刑務官の勤務という、すごい現場を実際に経験されてきたすごみと説得力がありました。

また先週末にある方のご紹介で、フリーペーパーを発行している会社の社長さんにお会いすることができました。
私の仕事と密接な関係がある業種です。同時にデザインやロゴなどの制作、ウェブなども請け負っているそうです。

その社長というのが女性の社長でした。

お話をしてみると社員を何人も雇い、新聞の折込に10万部くらい発行しているだけあって、ひじょうに俊敏な対応をしていただきました。

ご年齢も若い感じで、会社もどんどん発展するのではと感じました。

今までの私の仕事の身辺でも現場で活躍する女性がたくさんいらっしゃって、仕事でもかなり助けていただいています。

一般論ですが日本では女性に関しては、どこの家の出だとか、どこの大学だとか、どこの会社にいたとかというようなことは原則通用せず、今の現場で何ができるか?ということがストレートに問われていると感じます。

今後は変わっていくと思いますが、やはり今までの日本でのビジネスにおいては女性は不利を背負っているというのは否めないところです。

だから逆に自立されて活躍されている方は本当に実力がある方が殆どだと感じます。

また別の角度から見る話になりますが、これも確率論ですが、仕事がらみで問題を起こすのも男性のほうが圧倒的に多いと今までの経験では感じます。
つまり信用できるという部分でも明らかに女性のほうが上を行っている、と個人的には思っています。

私もそのような人たちにちゃんと応えられるよう頑張らなくては、と思った次第です。

でないとすぐ切られてしまうということになるからです。

「あんた、だめね」
「もう用はないわよ」

なんて感じでね・・・

ブログネタ
高校野球 に参加中!

秋の高校野球新人戦東京都大会も段々と佳境に入ってきました。

当初仕事関係の人(三高OB)と予想していたセンバツ候補も順調に勝ち進んでいてたはずだったのですが、個人的には大きな波乱になりました。

最近の競馬と一緒で高校野球の予想も大きくはずれている状況になりつつあります。もちろん希望的観測も含めての予想だったのですが・・。

二人の間の話では日大三高が敗れた後は、以下の学校が最有力ではという結論になりました。
「久我山、帝京、二松学舎、成立、八王子、日大鶴ヶ丘」

ところが、ベスト8が出揃って準々決勝の組み合わせはというと、下記のようになりました。
・東亜学園ー郁文館
・日大豊山ー関東一
・日大鶴ヶ丘ー帝京
・都府中東ー駿台学園

実際に予想というか期待通りに勝ち上がったのは帝京と日大鶴ケ丘だけでした。

高校野球も地図がだいぶ変わってきているのを感じます。

注目はやはり郁文館です。
一緒に予想した彼の話では、日大三高を破り、破竹の快進撃を続けている郁文館というのは居酒屋チェーン「和民」の渡辺氏が経営する学校みたいです。
最初はフロックかな?と思っていましたが、その後の試合結果を見るとまったくそんなことはなく、実力があるのだということがわかってきました。

そして甲子園やサッカーで有名になると知名度もレベルもどんどん上がっていくようです。

身近な例でいうともう敗退しましたが、八王子高校です。八王子は私立ですが、以前は一般的な都立の併願校で例えは悪いですが学力でいえばごく平均的なレベルでした。
京王線の沿線ではごく普通に一般的な生徒が通うような学校でしたが、野球やバスケなどスポーツに力を入れてからは学力のレベルも相当高くなっているようです。

まえにたまたま病院の待合室の週刊誌を読んでいたら、東大の合格高校別一覧というのがありましたが、なんと八王子からも毎年数人ずつ合格者を出していることがわかり驚きました。

八王子は地元では「ハチガク」と呼んでいますが昔のハチガクからは考えられないような変化です。

関東一、成立、東亜学園なども同様のようです。

大阪などでもかなり前からですが、野球などスポーツの名門は皆ほかの分野でもハイレベルになっていたり、いつの間にか大手大学の付属になっていたりでビックリです。

北陽のほか上宮、清風なども同様のようです。

一番驚いたのは初芝高校です。

小さい頃初芝に一つ下の従兄弟が住んでいましたが、
「た○ちゃんなぁ、初芝はええとこやで、なんせ初芝高校いうところがあってな。超エリート校で地元では怖いもんなしや」
とことあるごとに聞かされていました。

以前の大阪(今はわかりませんが)は東京以上に文化や風土に地域差があり、大雑把に言うと神崎川(服部、三国付近)以北および淀川以東とそれ以外(大部分ですが)は別の文化圏といってもいいくらいの差が当時はありました。(全般論ですが)
今でも曽根以遠の阪急宝塚線、千里線、北急の沿線はリトル東京と言われているというのを聞いたことがあります。

昔難波に行くと言ったら祖母が「難波に行ったら、上を見たらならんぞ。人さらいがおって、『こいつはおのぼりさんやさかい、さらって売り飛ばしたるわ』いうことになるからな」
というようなことをいわれたのを憶えています。

話は戻りますが、彼は大人になるまでずっと初芝にいましたが結局地元のエリート校には行きませんでした。
でも若気のいたりで一時はかなり活躍されたみたいでしたが、今は仏壇屋の親父になりました。
しかし当時の外見はそのまま(月亭可朝+たかじん÷2風)で、初対面の時はうちの妻を大いにびびらせました。

ところが初芝高校は今はなんと有名私大の立命館の傘下になっているとのことで、当時と状況は一変しているみたいです。

少子化で学校経営も大変になり、特に私立校は学費が高いので何かしらの大きなメリットや付加価値がないとやっていけなくなっているのでしょうが、以前ならした学校でも数年で奈落の底に落ちてしまうくらいの厳しい獲得競争が続いているようです。

私のようにお気楽でどこが甲子園出るんだろう?などと言っているのではなく、学校の経営者やスポーツのために入った生徒などは血のにじむような努力を重ね、勝ち取った栄冠がもたらした変革であり、本当に頭が下がる思いです。

そういう意味では野球の大会も思っている以上に真剣勝負で、学校の部活などという域を超えて、選手も学校も命運をかけての勝負ということになるのかもしれません。

ブログネタ
競馬のことならなんでも に参加中!

今朝池添騎手の話を書きましたが、ほかの競馬に関するブログなどをいろいろ読んだところ、

「菊花賞に向けて騎乗停止になることを恐れて大事に乗っていたのだろう」とか
「外のコースロスはやはり致命的だった。騎乗ミスではない」
など多数の意見がありました。

本当にその通りだと思います。

騎乗ミスなどはまったくなかったというのは当初から同感です。
というかフェアに乗ればあれが精一杯でそれでも3着にもってくるのだから騎乗自体はたいしたものだと思っています。
昨年の池添騎手からは考えられないくらい進化しているのが、素人目にわかりました。

前にアンカツのことを書きましたが、勝負に徹するという意味ではプロですが、フェアな騎乗ということに関しては疑問符がつく点も多いと思っています。

池添騎手も二世騎手でありますが、父親は障害ではならしましたが、平地では大きな実績もなく調教師になってから頭角を現していた感が強く、しかも親子鷹のように歩んできたというイメージです。

今回はレース後のコメントのみにおいて、「え?こんなこというんだ」と思い書いてしまいましたが、

例えば来春に定年で引退になる鶴留調教師のために「なんとか一花咲かせてあげたい」など人の心に残るコメントも多数残しているジョッキーだと思っています。

そのままストレートに出してしまうというところは逆に好きなところでもあり、当然菊花賞においても馬券はともかくぜひ三冠を達成してほしいと思っています。(馬券は穴狙いなので、穴馬を一頭さがし、人気二頭に買うつもりです)

また勝ち星数だけにこだわる騎手ではなく、馬をデビューから一貫して乗り続け、大事に育てていくという騎手であることも賞賛にあたいします。

それについては蛯名騎手なども同様におもっていますが、えてして馬は強くなると、陣営はすぐ外人や一流どころに乗り替わりますが、一人のジョッキーと馬でじっくり信頼関係をつくり大きな花を咲かせるということを貫いているようにも思え、エイシンアポロンのときなどたまには気持ちが入りすぎるのかもしれませんが、それはそれでいいのかもしれません。
実際、皐月賞は池添騎手にのってエイシンアポロンをヴィクトワールピサの対抗にして馬券を買ったくらいです。その時でエイシンアポロンからは降ろされてしまったようですが・・・

いずれにしても昨日の記事は「いろんな事情を抱えているのに言い過ぎだね」と反省している次第です。

ほかの記事に関しても、部分的なことを書いたつもりですが、自分のことを棚にあげて「どうでもいいようなことなのに偏っているのは自分のほうかも・・」みたいな部分も多々あると思います。

読まれて不快な気分になった方もいるかもしれないので、この場を借りておわびいたします。
悪意はありませんのでご理解いただければと思います。

ブログネタ
地域文化2 に参加中!

前回書いた「鳩ヶ谷市消滅」において山野氏よりご指摘をいただきました。

私が、”安行が昔鳩ヶ谷同様一旦川口に編入された旨”および”安行が村から途中で町に昇格した”の二件は違っていて、安行は川口に編入され、分離をした事実はなく、その後の編入時に町に昇格しないまま編入された、とうことです。

まずはいい加減な記載をしたことをお詫びいたします。

これはどの県や町でも学校で自分の住んでいる町や県のことを専用の教科書で学習すると思いますが、私も同様の授業を受けました。そのときに教科書で勉強した内容を、憶えているつもりで書いたものでした。

まったくでたらめに書いているわけではありませんでしたが、かなりいい加減な過去の記憶を元に検証などをしないで書いてしまいましたのでこのような記載をしてしまいました。

具体的には埼玉県民の方は皆知っていると思いますが、「郷土さいたま」という教科書と地元だけの「はとがや」という教科書のおぼろげな記憶をもとに書いたわけです。
昭和35〜40年ころの再編は当時は住民にとっても周知の部分もあり大きな間違いは無いと思いますが、昔の再編は取り違えて間違って憶えていたということです。

いずれにしてもひじょうにお詳しいですね。他のコメントを読んだ範囲では地縁のある方ではないようなのでよく勉強されているのですばらしいと感じた次第です。

私も地理的なことはひじょうに好きだったので、一時地名辞典などを買って自分で勝手に研究したこともあります。
特に川や土地利用などについての関心が高く、地方に行く列車に乗るときはどの川をどこで渡るか、など他の人には同でもいいようなことにも興味がありました。
土地利用も同様で、首都圏や関西圏などの国土地理院の地形図などを買い23区内にどれくらい農地が残っているかなどを調べたこともあります。

マニアックな話はそれくらいにして、今日は表題のテーマで少し、十分マニアックですが・・

東京の西多摩に多摩川の支流で秋川という川があります。
この川の呼び方は、これだけ情報が行き渡った現在でもかなり誤認されているように思います。

都内でもこの川の名前を「あきかわ」と呼ぶ人がきわめて多いからです。
最近はNHKなどでは徹底していますが、民放では下手するとアナウンサーでも「あきかわ」と呼ぶのを見かけます。

この川の正式名称は「あきがわ」です。
地元では皆かならず「あきがわ」といっています。この川を「あきかわ」というと西多摩ではもぐりだと思われる一番の指標になるくらいです。

私はたまたま立川の職場で7年くらい働いていました。
しかもお客さんの多くがこの地域(福生、秋川、八王子)に集中していたのと、これもたまたまですが、地域内に住んでいる女性と何年かお付き合いしていたというのもあり当時はその文化にどっぷりつかっていました。

八王子から青梅に抜ける国道411号も「あきがわかいどう」、旧秋川市も「あきがわし」(現・あきるの市)です。

一番よく間違われるパターンはテレビなどで「あきかわけいこく」という人がきわめて多いことです。
でもそのほうが言いやすいですし、ゴロもいいよな、とは思います。

人名も秋川さんという人は殆どというか皆「あきかわ」さんであり、逆になぜこの川の名前だけ「あきがわ」なのかどちらかというとそのほうが不思議なくらいです。
そういえば秋川市も消滅したんだった・・

それから道路や特殊な地名の地元での呼び方(通り名、通称)も結構面白い(俺だけ?)と思っています。

たとえば前述の多摩地区でいうと、
府中市に分倍河原という駅がありますが、地元の学生や地元に密着している人、ほぼ全部に近いくらいの人が「ぶばい」と呼んで、下の「かわら」つけないで呼んでいます。
もとから難読の駅名のひとつですが、これには大きなわけがあり、
分倍河原という駅名はいわゆる「分倍河原の合戦」の部分をとっているのではと思われるからです。
この地域は多摩川が暴れ川だったため、あちこち流れを変えていたようで、下河原、中河原、宿河原など河原がつく地名がたくさんあります。

ただ現実には地元の町名や字名などでは中河原、分倍河原、下河原などという名前はもう存在しなくなっています。

分倍河原近辺には分梅(ぶばい)町という地名が残っています。

そのため地元では今流行の略式などではなく、逆に今の正式な町名も含めていることと、近辺に河原という地名が多くいちいちつけると面倒くさいので「ぶばい」と呼んでいるというところだと思います。

ここまで読んで「そんなことどうでもいいじゃない・・」と思う方が殆どだと思いますが、
これが不思議なもので、よそから来た人も皆その「ぶばい」という呼び方が心地いいみたいで
慣れてきたり、一回でもそういうやり取りをすると殆どの人は「ぶばい」といういうようになるから不思議です。

地名なども心地良く言えるということも大切なのかもしれませんね。

また話が飛びますが、大阪の国道で大阪市内から、池田、宝塚付近をぬけて、三田、篠山、福知山から舞鶴方面に「国道176号線」という道路があります。
ナンバー国道ではありませんが、宝塚から先の山間部は山が険しくこの区間を抜ける大きな道路はこの道しかなく、また休日でなくても慢性渋滞でも有名になっています。

実は三田や宝塚辺りの人たちはこぞってこの道を「いなろく」と呼んでいるようです。
176だから「いなろく」たしかに、うまい言い方です。

東京近辺では街道名や、たとえば20号線、246とかそのままストレートで呼ぶのがほとんどなので、やはり関西の人たちは少しでもアレンジして呼ぶという文化なのでしょうか。

これもご存知の方が多いと思いますが、東京の多摩東部に「東八道路」というのがあります。
これはいわゆる公式な通称で、認定された通り名なのですが、以前この道路のすぐ近くの高校に通っていましたが、当時地元では「東八道路」という人はほぼ皆無で、皆「30メートル道路」と呼んでいました。

だから今、ほぼすべての人が「東八道路」という状態になってもすごく違和感があります。

また鳩ヶ谷の話になりますが、国道122号(日光御成街道)が東北自動車道につながるようになって便利になりましたが、当時東北自動車道を地元では東北自動車道とよぶひとはいませんでした。
なんと呼んでいたかというと「東北縦貫」と呼んでいました。

今はそんな呼び方をする人はまったくいないと思いますが・・。

そんなこんなでまたどうでもいい話に終始してしまいました。
もう夜が明ける・・・

ブログネタ
高校野球 に参加中!

来春のセンバツ出場をかけて、高校野球の秋の東京都本大会がこの三連休から始まりましたが、早速波乱のスタートになりました。

というのもまた一部の私立有力校が都立に敗れました。

ブロック予選で日大三や国士舘が敗れたことを以前当ブログでも紹介しましたが、今回は以下のような結果です。

すべて1回戦で、
・都立足立西6−2創価
・都立小平4−2堀越
・都立小山台5−4東海大菅生
などとなっています。

早実も都立では強豪の足立新田を7−4でからくも破りました。
また桜美林は6−7で八王子に敗れました。ただ八王子は昨年も甲子園にあと一歩、春も関東大会進出と近年は東京ではトップクラスの実力です。

あと明星が日大桜ヶ丘に勝ち、2回戦で都立府中東と府中市同士の対決になります。勝ったほうが全都ベスト16です。

それから先輩が監督で応援していた元世田谷工の都立総合工科は同じ都立の文京に3−4で負けてしまいました。
残念でした。

月曜日は2回戦8試合が行われます。勝てば全都ベスト16です。

都立では小山台、小平、東大和、足立西が私立の有力校に挑戦します。

スモールさんの母校の久我山は今度の土曜日に岩倉と対戦のようです。

この間日大三OBの仕事仲間と話したのですが、久我山、帝京が双璧、あとは二松学舎、成立、八王子、日大鶴ヶ丘あたりが有力ではという素人同士での結論でした。

あと三高にかった郁文館も順調で都立葛西工に圧勝、2回戦で都立紅葉川と対戦です。

ブログネタ
高校野球 に参加中!

この間夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)が日大三高の優勝で終わったばかりですが、もう秋の高校野球新人戦が始まっています。

東京大会もこの三連休で約半分のブロック代表が決まりました。

表題のように無敵の連戦連勝(当然ですが)で全国制覇をした日大三高がなんと一次予選のブロック代表決定戦で敗れるという波乱がおきました。

秋の新人戦は来春のセンバツ大会の重要な資料になるという大事な大会で、事実上センバツの予選といってもいい大会です。

東京都は48のブロック代表で本大会を行うことになっています。今夏は東京代表が優勝したので、明治神宮大会など他の参考資料もありますが、東京から連続で2校選ばれると踏んでいました。

いずれにしてもびっくりしました。

相手はほとんど無名に近い、郁文館高校です。たぶん郁文館の人たちが一番びっくりしているのではと思っています。

もちろんメンバーも大きく入れ替わるのですが、それは他校も同じことです。

ほかにもすでに三高に次ぐ強豪のひとつであると思われる、国士舘も都立足立西に敗れる波乱がありました。

早実や国学院久我山、二松学舎、創価、帝京、関東一、堀越、桜美林などは勝ち残っていますが、これでセンバツ出場の可能性がどの学校にも出てきたということで本大会は盛り上がりそうです。

我が調布北高校は前述の堀越にすでに敗れてあっさり終わってしまいました。昨年は見事ブロック代表に進出したのですが、初戦から強豪にあたってしまいました。

こうなったら以前ブログに書いた1年上のA先輩が監督をしている(はずですが・・転勤していなければ・・)都総合工科(昔の世田谷工)を応援したいと思います。昨年もたしか全都でベスト8くらいまでいったはずで、都立では強豪といわれています。

昨秋は都立昭和がベスト4までいって、あと一回勝てばセンバツか?というところまでいったのを思い出しました。

そういえば三高の同僚のTさんはたいへん残念でした。先週打ち合わせで飲んで、その話になり「センバツ出場もかたそうだね」という話をしたばかりでした。

いずれにしてもせっかく出るんだったら誰かしらのゆかりのある学校がいいですよね。

頑張れ!世田工、じゃなかった・・、A先輩!
あとスモールさんの久我山もチャンスです。頑張れ!

☆☆☆☆☆

ブログネタ
思った事 に参加中!

野田総理大臣が施政方針演説をして事実上スタートしました。
その矢先にいろいろあったみたいですが・・

★たばこ700円説
新しい某大臣よりまたまた「たばこ700円説」が浮上しました。
それはそれで一理あるし、予測できる事態ではありましたが・・、

たいした問題ではありませんが、一言だけ、
これも自分がタバコをやめられないという弱い人種であるということを露呈することになりますが・・

そもそもタバコ自体は違法行為でもなんでもないので、喫煙自体に重圧をかけるのは、いかがなものかと思っております。
問題の本質は喫煙者のマナーの問題でもあると思っています。
マナーを守らない人を厳しく取り締まるのは大賛成です。
ある意味健康に重大な影響を及ぼすものなので、刑事罰にしてもいいのではと思います。

極論、離婚理由などでも認定対象でもいいと思っています。
そうなると私自身もかなりやばいことになりますが・・

喫煙に嫌悪感をもつのも、喫煙をするのも人それぞれ、
人に迷惑をかけることに問題があり、喫煙者は絶対に他人に煙が行かない環境以外では吸わせないというのが一番個人を尊重したやり方に思えます。

たしかに現状はマナーの悪い人も多いですし、少なからず副流煙被害にあわれている方も多いと思うので、それに対し徹底した政策をとればと思います。
欧米がどうのこうの、という論理で言われているようですが、欧米は今大ピンチ、見習う相手ですかね?

問題の本質が少し違うのでは、と思いました。

また「あなたの健康を考えて言ってるんだよ」と言われるかもしれません。
全くそのとおりですが、
「本当にそうなの?本気で人の心配しているような言い方じゃなかったよね?自分の持論を状況にかこつけてここぞとばかりに押し付けてる感じだったよね」
と返したいところです。

いずれにしてもこう書いていても自分の意見に全く説得力のかけらも感じません。やっぱりいずれは禁煙かな?

★経産相発言
経産相のあの失言、暴言は問題外ですが、その責任の一端をマスコミのちくりに振った某カンジ・チョウさんはもっと信用ならないと思いました。

★総理の演説は?
震災の時の悲しいできごとを例に復興への協力を呼びかけ、かなりの人の心に残った話だったと思います。

私も同様に思いましたので、微力ですが、出来ることは協力したいと思っています。

ただあの話で少し感じたのは、

公務員だって人間、皆生きていたいはずです。
家族もいて、大事な人もいたはずです。
たとえ公的な立場の方であってもこのような犠牲者を二度と出さないような政策の舵取りをしていきたい、と言ってほしかったです。

まずは何よりも、命の大切さを一番に考えてほしいと思いました。

私も小名浜で地震に遭いましたが、仕事関係の知人も消防団員で、救助に行ったために津波にながされそうになって、危うく死ぬところだった、と言われていました。
今後も何か起きれば、誰かが危険を顧みずに救助活動をしなければいけないという現実はあるので、本当に難しい問題だと思います。

ただよほど特殊な状況の方でない限り、生きていることを上回る幸せはないと思っています。

「どんなことが起きても皆無事に生きていけるような社会を目指しましょう」
難しいことかもしれませんが、こう言ってほしかったです。

総理ご自身もおそらくそんなことは承知されいていると思いますが。
というよりそれがわかっているから、そういう話をされたのだと信じたいところです。

外野で関係ない人間が余計なことを言うべきではないのかもしれませんが、感じたことなので書いてしまいました。

ブログネタ
地震。。。 に参加中!

最近このような話ばかりで恐縮ですが、
一昨日ねずみが近くの道路で1匹車にはねられているのを見かけました。

妻によると他にももう1匹そのようなねずみを見たそうです。

数日前にヤフーニュースで岐阜県でいのししが9匹道路を走ってきて車と衝突した話が出ていました。

ここに転居して十年以上経ちますが、今までねずみのこのような姿を見たことは一度もありませんでした。

私は専門知識もありませんし、あおるようなこともしたくはありませんが、偶然かもしれませんが動物の異常行動が数多く出たときは自然災害に注意が必要だと思っています。

先日もみみずやカエルが地上や路上に出ているのを見かけると、決まって数日内にそこそこの規模の地震がありました。

また今夏で特に感じているのは、虫や鳥が異常に少ないことです。
原発事故の遠い影響かもしれませんが、カラスや羽虫さえも最近はあまり見かけません。

これってうちの近くだけなのでしょうか?

そういえばここ数日に限ればセミの声も聞かないし、だからといって秋の虫の声もあまり聞きません。

この間行った山陰は台風直後でしたがセミがたくさん鳴いていました。また東京(この近辺)でも数日前まではかなりセミの声を聞きました。

東日本大震災やその後の余震によって、うわべ上は大丈夫そうな建物でもそれなりのダメージを受けている可能性もあります。

私は専門知識だけではなく、人より抜けた第六感や霊感もありません(多分)ので、このくらいにしておきますが、
倒れやすい家具対策や水や非常食の確保はしておこうかな、と感じました。

とにかく困るのは水です・・。
トイレが一番問題ですが、ほかにもいろいろな問題がおきます。
たとえば手を洗えない・・、などです。手を洗えないとひじょうに困ることがわかりました。

あとティッシュなどのちり紙やレジ袋などの袋類も無いとひじょうに困ります。

それから外出時には特にですが、携帯電話の充電器も重要です。大地震の時は携帯電話はほとんど使えなくなります。
それではなぜ充電器をというのは、
実は夜中に携帯メールが通じる時間帯があったからです。
ところが電池切れになるリスクがこわくて最低限の連絡も出来ない状態になりました。
そして携帯の電源が切れると人の連絡先の電話番号自体がほぼ全部わからなくなってしまいます。
また電源さえあれば、交通関係など情報をとるのにも役立ちます。

今や公衆電話は化石と化しましたが、テレホンカードなども役に立つかもしれません。

食料はレトルトと缶詰がきわめて有効です。水分と塩分と栄養を同時に摂れて、しかも冷蔵や調理をしなくてもそのまま食べられます。
またチョコレート、ビスケットなどのお菓子類もかなり有効です。チョコレートは2切れくらい食べれば半日以上もちます。
飲み水は常備しても限界があるので、ロングライフの牛乳やペットボトルのお茶も合わせるとバランスもよくなります。

ちなみに以前このブログで大震災を事前に予測したと本で紹介されたブログ「地震くるみる」は今晩になって”相当な警戒の記事”を掲載していました。

警戒しすぎということはない話なので、気をつけなければ、と思います。

ただどうしたらいいのか?とか仕事の行き先も日々変わるので難しい話ではありますが・・。

いずれにしてもまずは何も起きないことを祈っています。

☆☆☆☆☆☆☆

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!

【お知らせ】
まずお知らせです!
私が運営しているサイト「タウンクリニックドットコム」の姉妹サイトミニHP集「タウンフリースペース」「桜台接骨院」様のオフィシャルHPでデザインをしていいただいた、ペインター(画家)の八ッ田智美さんが個展を開催します。

詳しくはご本人のオフィシャルHP「タウンクリニック.comの八ッ田さんのページ」をご覧ください。

また11人の作家が参加の作品集も販売中です。こちらも上記のHPをご覧ください。

◆概要
会期:2011.9.2(金) -- 10.30(日)
営業日: 金・土・日・祝
時間:11:00 -- 19:00

場所:ギャラリー・カフェ山猫軒
埼玉県入間郡越生町龍ヶ谷 137-5

【運営者より追加のご案内】
音楽ブログ「かくれた名曲をさがして」の記事を更新しました。第3回目は「小柳ルミ子・たそがれラブコール」です。

「グルメブログ」も更新しました。
かくれたB級グルメ発掘にご興味のある方かひまをもてあましている方はぜひご覧ください。

【本題】
いまさら私が言うことでもありませんが、月曜日に民主党代表選が行われ、決戦投票の末、野田佳彦氏が代表になりました。

数日前まで反小沢氏の最有力候補といわれていたのが、表題の前原誠司氏です。

かなり前に前原氏が民主党の代表になった時に、ある身近な方がこんなことをいわれました。

「千ちゃんは前原誠司になんとなく似てるね」

「えっ?」

言われるまでそんなことを考えたこともありませんし、前原氏自体そのときに初めて知ったくらいだったので少し驚きました。

前原氏にとっては迷惑になると思いますが、
「言われてみれば・・、うーん」

なんかその気になってしまいました。

だからどうだっていうの?
「ただ、言ってみただけ」

そんな感じのやり取りでしたが、そのときからまったく根拠のない、親近感を抱くようになりました。

今回も人前ではいろいろもっともらしいことを言っていましたが、心の中では、
「前原さん、総理大臣になんないかなー」
「そうすれば、俺も総理大臣の”ちょっとそっくりさん”になれるかも」
などと変な妄想に明け暮れていました。

でも結局負けてしまいましたので、変な妄想の楽しみはまたの機会にお預けです。

でもネットで前原氏と他に共通点がないかと調べてみましたが、これが結構いろいろありました。

まず同じ年であることがわかりました。
また兄弟は私と同じで、姉がいる二人兄弟でした。

さらに鉄道好きであることもわかりました。

また高校時代は野球部だったそうです。

どうだ、似てるだろう!と思いながらも、

何よりも、学歴が人間の価値ではありませんといいながらも、東大寺と京教大付属中を両方受かる秀才で、今や日本の政界の若きプリンスでもあり、総理大臣を争うほどの人物であるというところは、決定的にちがっているのでした。

また血液型は残念ながらA型だそうです。(私はO型・・どちらが残念だか・・?)

でも家庭の事情もあって苦労をかさねてここまでたどり着いたようです。

「前原さん、今度チャンスがあったら頑張ってください」

前原氏そっくりもどきより・・

☆☆☆☆☆☆☆

ブログネタ
日々の出来事 に参加中!

先日の地震予知の話にご紹介した、東日本大震災を事前に察知したというブログをその後も継続して見ていますが、まだかなり警戒しているようです。

そのような話を読んだので、ヤフーの天気情報の中の地震情報で今年の大震災以降の余震を含む国内の有感地震がどれくらいあったのかをざっと調べてみました。

ヤフーのデータは過去5000件まで閲覧できるようになっています。1ページが100件で50ページまでという内容ですが、3月11日の東日本大震災は先週末現在ですでにもう42ページ目になっていました。

ということはそれ以降国内で有感地震が4000回以上観測されているということになります。調べたわけではありませんが、文明が発達して以来はこんな現象は初めてかもしれないのではと思っています。

また東日本大震災の前に三陸沖で3/9と3/10にそこそこの規模の地震があり、3/11の明け方くらいまでは同じ地域で小規模な地震が連続して続いていたようですが、あの本震の前だけは6〜7時間国内で有感地震はなく文字通り嵐の前の静けさのようだったみたいです。

余震が続いた後、急に静かになった時も注意なのかもしれません。

スマトラの時も大雑把な記憶ですが、本震後の数年以内に相当な規模の地震が何回か起こったのを憶えています。

今回の震災は一部地域の断層などの関係で起こったのではなく、地球レベルの原因で起こったというような分析が出ていますし、その規模もとてつもないものであるということですのでしばらくは警戒が必要かもしれませんね。

といってもどういうふうに警戒したらいいのかは難しいところです。いつも安全な場所にいるわけにもいきませんし。

ただ先日の動物の異常行動などはかなり信ぴょう性が高そうですから、虫や鳥、動物などを急に見かけなくなったり、異常な行動をするのを見たら注意したいと思います。

ブログネタ
競馬のことならなんでも に参加中!

今日は家の用事で1日外出だったので、競馬は朝方に予想して投票を済ませました。
相変わらずの結果でしたが、今年は面白そうな新馬や条件馬の穴馬さがしと何としてもWIN5を一度的中させるという大目標で動いてみたいと思います。

★最近の注目の新馬
グリーンチャンネル放映の追い切りで印象に残った馬を注目しています。実際先日未勝利の身でひまわり賞を勝利したミスマルシゲは新馬戦の追い切り時にいい走りを見せましたが、初戦は大敗でした。ところがそれ以降大変身して次走は僅差の2着、そしてついに未勝利でオープンに挑戦してなんと勝利してしまいました。
昨年も新馬戦の追い切りでいいバネを見せていたサンバホイッスルは大敗が続きましたが、いきなり大変身中山ダートで単勝200倍以上、複勝60倍以上の大穴をあけました。新馬戦は実績がなく血統背景や評論家のコメントでほとんど人気が形成されてしまうのできわめて、逆にまったく人気がなくても激走する馬が出てくる可能性があると思っています。
たまにそのように感じた馬はご紹介してみたいと思います。

・アポロテイスト
以前競馬ブログでもふれましたが、7/24の新潟の新馬戦(芝1800)の追い切りの時にダイナミックなフォームを披露して、レースでも直線だけで3着まで追い込みました。
その時の上がり3ハロンが33秒台でした、2着の馬が34.1秒でしたが他は34.8秒以上で能力の一端をみせました。ところが次走(8/14・新潟芝1800・未勝利戦)はさっぱりで今度は2番人気なのに9着と大敗でした。
このレースは前走よりペースにゆるみがなくきびしい展開でした。しばらくはこのようなレースで先行した馬を馬券として狙うほうが面白そうですが、人気が落ちた頃スローペースの瞬発力勝負のレースになりそうなレースに出走した時に狙い撃ちしたい馬です。
まだまだ能力のいくらも出していない感じで、血統もまったく人気になりそうもないタイプなので追いかけてみたいタイプです。
そもそも追い切りの時に感じたことなのでレースぶりはしばらく目をつぶって狙いたいと思います。

・アブシンベル
8/21の小倉の新馬戦(芝1200・重馬場)で5着になった馬です。この馬も追い切りの時に坂路で鋭い脚を見せた馬です。
ところが当日は重馬場でまったくいいところなしでした。
しかも出遅れてしまったうえに追いつくために脚を使いちぐはぐな競馬でした。ただ最後のゴール前ではそこそこの瞬発力もみせました。
今度出走した時に馬場がいい状態で、特に次開催の阪神や中山で出走してきたら要注意です。いずれは短距離で順調に伸びればかなり期待できるのではと思っています。

・ロゼシャンパーニュ
8/27の札幌の新馬戦(芝1500)で勝利した馬です。特にきびしいペースでもなく有利な内枠でしたので、大きな注目はされていないかもれませんが、個人的にはかなり注目です。
追い切りの時もいい走りをといいバネを見せてくれたと思いました。

・ミサソレムニス
8/28の小倉の新馬戦(芝1200)で人気薄で勝った馬です。追い切りの時にいいバネを見せてくれたように感じました。
レースでも途中までは適当に走っていましたが、直線で追い出すと非凡な瞬発力を見せてくれました。
今後も注目です。

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!

【前説】
約2年3ヶ月ぶりに音楽ブログ「かくれた名曲をさがして」の記事を復活しました。第2回目は「中森明菜・危ないMONAMOUR」です。

以前このブログで、ブログネタを朝起きたときなどにメモしていることを書きました。
ちょうどそのメモがあったので・・ひとこと

・メモの最初に「旅行会社」と書いてありました。
そうです。これは、
何年か前に旅行のツアーを某最大手の旅行会社で申し込んだ時の出来事です。

「あ、この香嵐渓、木曽の宿場町めぐりを申し込みたいんですが」

すると若い女性社員が、
「はい、ありがとうございます!」

「まだ空いてますか?」

「大丈夫です!この"コウランケイ、キソノヤドバマチメグリ"ですね?」

「ヤドバマチ?????」

・次にメモには「おためし」と書いてありました。
まったく覚えていません。
これで寝つきが悪くなりそうです。

【本題】
競馬の究極の目標は一攫千金です。少ない資金でいかに大穴を当てるか。
中央競馬予想日記とは別に夢を追いかけるコーナーです。

今回はWIN5はそのままで三連単ではなく、三連複の穴を狙います。
◆WIN5
・佐世保特別
ジュエルオブナイル

・妙高特別
エイシンフルハート

・札幌記念
マイネルスターリー、マカニビスティー

・小倉日経オープン
ドモナラズ、アンノルーチェ

・レパードS
カラフルデイズ、タカオノボル

以上800円。

★三連単(200円)
札幌11R札幌記念
ここはWIN5で買わないダンスインザモアも狙います。
・マイネルスターリー・トーセンジョーダン二頭軸三連複、ダンスインザモア、マカニビスティー流し2点。

以上合計1000円。

◆2011年の成績
★8/21の購入金額・・1000円
★8/21までの購入金額・・15000円
★8/14の的中金額・・0円
★8/14までの的中額・・35740円

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!

競馬の究極の目標は一攫千金です。少ない資金でいかに大穴を当てるか。
中央競馬予想日記とは別に夢を追いかけるコーナーです。

◆WIN5
・瀬波温泉特別
ハリマノワタリドリ、ロッソネロ

・宮崎特別
ナリタカービン

・クィーンS
アニメイトバイオ

・北九州記念
エーシンヴァーゴウ、テイエムオオタカ

・天の川S
ディアアレトゥーサ、モンテエン

以上800円。

★三連単(200円)
小倉11R小倉記念
・アニメイトバイオ1着付ブロードストリート、カウアイレーン流し2点。

以上合計1000円。

◆2011年の成績
★8/14の購入金額・・1000円
★8/14までの購入金額・・14000円
★8/7の的中金額・・35740円
★8/7までの的中額・・35740円

ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!

東日本大震災以来私もブログでたまに表題の「地震予知」について書いていますが、とうとう本屋でこんな本を買ってしまいました。
かなりとらうまになっているのかも・・。

しかしここのところまた余震活動も活発になってきています。
数日おきに震度4〜5規模の地震が各地で観測されているようです。

この本はおもに動物の異常行動や、自然現象などが中心に書かれていますが、今後についての専門家の予測などもでていますので、ご興味のある方は読まれてもいいのではと思います。
そして今回の大震災を事前に予測していた「ブログ」も複数紹介されていました。
下記のものがそれです。

みゆ吉のブログ

地震くるみる

これを読むと、どちらも近々またそれなりの規模の地震が国内で起こるのでは、と危惧しています。

もちろん現在科学的に立証されている範囲外の予測であり、確実な話ではありませんが、
片方のブログでは8月中にかなりの規模の地震があるのではと考えているようです。

先のことは誰もわかりませんが、仮に科学的な根拠のあるものが絶対という世界ではないように思いますので、
警戒するに越したことはないと思いました。

起きなければそれは一番いいことなのですから・・。

・・・

ブログネタ
東京のおすすめスポット に参加中!

◆前説
「競馬観戦うら話1−どでかい複勝が2回も」
・その1−8/6土曜日小倉3Rダート1700、未勝利戦において13番の馬が逃げたことを無視して書いてしまいました。
レースを見た記憶に残っていませんので落としてしまいましたが、後でレース記録を見たらそうなっていました。大変失礼いたしました。
13番は4角手前で失速して大差負けで勝負には一切絡みませんでした。

◆本題
羽田空港に遊びに行きました。
朝早くに家を出ましたが、当日は天気が不安定で、家を出るとすぐいきなり早朝なのにゲリラ豪雨に見舞われました。
駅に着くとなぜか雨はパッタリ弱まりましたが・・
羽田空港国際線ターミナル駅
中央線、山手線、京急と乗り継ぎ「国際線ターミナル駅」に到着です。(写真)

羽田が新装開業してから初めてです。
早速ビルの方に行きました。
羽田空港国際線ターミナル
朝早いのでまだ人はチラホラです。(写真)
羽田空港国際線ターミナル江戸小路
そしてテレビなどで大きく報じられた「江戸小路」(写真)へ

ところがまだ開店前の店が多く、すぐ展望デッキへ

展望デッキもまだ人が少なく、ゆっくりと眺めを堪能しましたが、すでに外は暑く汗だくに・・

いろいろなところで飛行機などの写真を写していると、
羽田空港国際線ターミナル展望デッキスカイツリー
東京スカイツリーが見えるところがありました。(写真)大満足です。写真をクリックするとスカイツリーがご覧になれます。携帯の方はごめんなさい。

それから第二ターミナルへ
ここは国内線のほうで全日空などの発着です。
羽田空港第二ターミナル
こちらは国際線と違い、帰省・観光シーズンでもありすでにかなりの混雑です。(写真)
羽田空港第二ターミナルARTデリ
羽田空港第二ターミナル空弁工房
話題の空弁をみたいので、ARTデリ(写真上)と空弁工房(写真下)という店を二軒まわり、堪能しました。
詳細はグルメブログで後日掲載します。

ひと通り見学したら、次は日航中心の第一ターミナルへ、

こちらは第二と大差はなく、JALグッズの専門店をながめて、京急の駅に。
地下のフードコートでそばを食べて、帰路につきました。

ささっとまわった感じでしたが、全体像はかなりつかめたので、また機会があったら遊びに行きたいと思います。
羽田空港無料バス
途中のターミナル間の移動はすべて5分おきに無料バス(写真)が運行されていて大変便利です。
・・・・

ブログネタ
競馬のことならなんでも に参加中!

日曜日の「藁しべ長者になれるか」ではWIN5は相変わらずだめでしたが、残金で200円買った関屋記念の三連単がなんと的中してしまいました。

考えてみれば他から遠征の関西の一流騎手と3歳の軽量馬(しかも左回り得意で騎手は体重から減量が必要・・北村宏騎手は公表50キロで51キロの騎乗・・当然馬装具などを考えると減量が必要)と、材料のある3頭で決まったレースでなぜこんなにつくの?という配当でしたが・・。

とにかく喜ばしいことなのですが、逆に的中したためにこのコーナーは中止して、新コーナーに移行することになりそうです。

というのも私は競馬はIPATで投票していますが、通帳はすべて妻が管理しています。
つまり的中するとすべて彼女にもわかってしまいます。

・・・・ということで、当たった資金をまた不確かなもので運用するなど、もってのほか!
というはこびになりました。

新コーナーはシンプルに、
「WIN5と三連単にチャレンジ!」

何のことはありません、スタイルはまったく変わらずそのままです。

ただたまに気が向いたら追加で、
「競馬観戦うら話」
というコーナーも付設したいと思います。

これは競馬ブログには書いていないような、自分なりの競馬を観察して気付いたことや、レースを見て感じたことなどを書いてみます。

さて、さっそくその第1回です。
「競馬観戦うら話1−どでかい複勝が2回も」
◆その1−8/6土曜日小倉3Rダート1700、未勝利戦
このレースはタマモ、ウィンがそれぞれ2頭出しでそれぞれ1頭ずつは前走そこそこの順位で上位人気の一角でした。
ただ内枠(1番、3番)に抜けた人気の2頭がいてコース形状などからしてもすんなり先行できればかなり有利と思われました。

レースはスタートから内枠の人気の2頭が先行して、次いで外枠のタマモの人気のほうのタマモルーキーが脚を使って先団にとりつき3番手に、そして内から内枠2番の超人気薄タマモアイガーが内から4番手に。

レースはそのまま進み3〜4コーナーへ。ここでタマモルーキーが仕掛け気味に上位2頭に外から迫りました。

実はここが大きなポイントでした。ルーキーが外から仕掛けたために、それ以外の外枠から仕掛けたかった伏兵馬はさらに外を回らないと先団に取り付けない状態になってしまいました。
つまり上位2頭以外の追い上げをタマモルーキーが完全にブロックしてしまったのです。

ここで内から人気薄タマモアイガーがスルスルと伸びてきました。
内も前も塞がったほかの伏兵馬は4コーナーを回りきるまで動きが取りにくい状況でした。

ただでさえ内の経済コースを回り先行していた人気2頭は直線で抜け出し、マッチレースになりました。
もうこうなると焦点は3番手争いですが、とき既に遅し、3番手争いもタマモ2頭に絞られました。

スタートから脚を使って、さらに他馬をブロックするためにまた脚を使ったタマモルーキーは余力はありません。
ゴール前で僅差ですが、人気薄タマモアイガーが抜けて3着に入りました。

複勝配当はなんと8060円。他が人気2頭なのにこれだけつきました。

ワイドも90倍、250倍くらい、三連複は390倍、三連単は2100倍ほどと抜けた人気の2頭で決まったレースとしては破格の配当です。

現在馬主さんは馬券を買うことが出来ます。複勝、ワイド、三連複をこれだけ点数が絞れて勝負できるパターンはそうそうはないはずです。
実際に馬券で勝負されたかは定かではありませんが、「複勝馬券なんて」と思われている方、複勝もなかなか妙味がありますよ。
これもすんなりと想定どおりにことが進んだことと、タマモルーキーに力がないと出来ない芸当でしたが、

これこそタマモルーキーの実力がもたらした「タマモの」だと思っています。

◆その2−8/7日曜日新潟7R芝2000内回り、未勝利戦
こちらのレースは新潟内回りが先行有利という認識がもたらした大穴といえます。

逃げた9番の馬が2ハロン目に10秒台というラップをきざみ、ここですでに前に取り付いた馬はほぼ難しい状態になりました。
もう行ってしまったので後には引けません、次のラップも11秒3、その後もまったく緩みのないきびしいペーしになりました。

そして4コーナーから直線に、勝ったミススパイダーが抜け出し放しにかかると他の馬はほとんど余力がなくパッタリ止まりました。

そこに勝ち馬と同じ中団から突っ込んだスバルオーロラが2着かと思ったところに、後方にいたスターブルウッドが大外から強襲して2着に入りました。

中館騎手は4コーナーあたりで思い切りよく外から追い込むような体勢の決め打ちで追い上げに入りましたが、この好騎乗がもたらした部分も多いと思います。

実はこの馬初めての芝ということもあり人気がまったくありませんでしたが、前々走は先行つぶれ、前走は脚質を転換して後方から直線だけで追い込みと、前のレースで脚をためしていた感もありました。

複勝配当は7080円、単勝でも403倍という低人気でした。

今年に入って100倍前後の複勝が2本出て話題になりましたが、それに次ぐような高配当が1週で2本も出ることは珍しいことです。

以前から持論どおり「競馬は興業である」「馬は全部のレースで全力を出していたら壊れてしまうので一番力を出せる条件で全力を出し切る」
というふうに考えれば、未勝利戦や500万などの下級条件こそが美味しい馬券の宝庫かもしれません。

馬券を買う人は3着でも大きな意味を持ちますが、陣営は勝つか、5着以内に入って優先出走権を得るとか今の未勝利戦が終わる頃の特殊な条件(5戦以内)など馬券の対象とは全然別の次元で騎乗を組み立て、それがかなわないのに全力を使って無駄な消耗をしないようにしようというのは至極当然だと思いました。

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!

※解説(レバタラの世界です)
中央競馬予想日記で触れましたが、新しい試みです。
「藁しべ長者」という昔話のように一攫千金を元手に財産を構築できるかの実験です。WIN5以外にも運用方法は自由です。

◆WIN5
・西海特別
ウィッシングデュー、トシザマキ

・岩室温泉特別
トーホウプリンセス

・函館2歳S
コスモメガトロン、ナイスへイロー

・KBS杯
スエズ

・関屋記念
エアラフォン、サトノフローラ

以上800円。

★三連単(200円)
小倉11R小倉記念
・エアラフォン2着付→サトノフローラ、レインボーペガサス流し2点。

以上合計1000円。

◆2011年の成績
★8/7の購入金額・・1000円
★8/7までの購入金額・・13000円
★7/31の的中金額・・0円
★7/31現在の残金・・0円

ブログネタ
☆食べ歩いたお店紹介☆ に参加中!

土曜日は夕方から池袋で仕事関係の打ち合わせがありました。
お店は池袋東口の「鳥どり」に入りました。
土曜日だというのに盛況でほぼ満席でした。

鳥どりは同行した方がよく行かれるということで、美味しいメニューを教えてもらい、いつも必ず注文するという「鳥天」(写真・550円)などを注文しました。
鳥どり・鳥天ぷら
鳥天は大分県の郷土料理とかで、鳥肉をからっとサクサクの天ぷらにしたものです。
塩をつけて食べるのですが、唐揚げとはまったくちがう美味しさで、どちらかというとさっぱりした感じで、サクサク感も楽しめます。
これは一度食べたら病みつきになりそうです。特にスーパーや普通の焼き鳥屋さんでは入手ができないのでこのような鶏料理専門店ならではのものかもしれません。

鳥の話が出たので、ついでにもうひとつ。

写真は新宿駅の駅弁業者・田中屋さんが昔から販売していた名物駅弁「鳥めし」の復刻版で最近まで販売されていた「復刻鳥めし」です。
新宿駅田中屋・復刻とりめし
パッケージや中身は昔の田中屋の鳥めしそのものですが、容器はコンビニ弁当容器になっていました。
値段はたしか500円台で販売されていました。昨年の暮れぐらいに買ったものです。
〜ました、というのは最近田中屋さんのHPを見ようとしたら、すでに閉鎖されていて、販売していた新宿駅の田中屋が運営する駅の売店(中央口地下通路と中央線ホームなど)でも販売されていませんでした。

ひじょうに残念なことですが昔からの日本国内でも有数の名物駅弁でもあり、さらにその復刻で販売されていたのもとうとう中止になってしまったようです。


月曜日は夜に歯科の女医さんと歯科技工所の部長と材料屋さんと薬品のMRの方と大井競馬場で打ち合わせ?です。
折角なので大井競馬場グルメも調べてきたいと思います。

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!

※解説(レバタラの世界です)
中央競馬予想日記で触れましたが、新しい試みです。
「藁しべ長者」という昔話のように一攫千金を元手に財産を構築できるかの実験です。WIN5以外にも運用方法は自由です。

◆WIN5
・響灘特別
タガノアッシュ

・豊栄特別
レインスティック

・UHB杯
パドトロワ、ショウナンアルバ

・小倉記念
サンライズマックス、ヤマニンキングリー

・NST賞
レディルージュ、ドスライス

以上800円。

★三連複(200円)
小倉11R小倉記念
・キタサンアミーゴ、サンライズマックス二頭軸ヤマニンキングリー、ヤマニンウィスカーに2点。

以上合計1000円。

◆2011年の成績
★7/31の購入金額・・1000円
★7/31までの購入金額・・12000円
★7/24の的中金額・・0円
★7/24現在の残金・・0円

ブログネタ
WIN5を楽しむ に参加中!

※解説(レバタラの世界です)
中央競馬予想日記で触れましたが、新しい試みです。

「藁しべ長者」という昔話のように一攫千金を元手に財産を構築できるかの実験です。WIN5以外にも運用方法は自由です。

◆WIN5
・長浜特別
ヒシアカデミー

・佐渡S
カネトシパサージュ

・安土城S
マイネルクラリティ

・柳都S
グリッターウィング

・函館記念
アクシオン、ダイワジャンヌ、ミッキーペトラ、メイショウクォリア

以上400円。

★三連複(600円)
函館11R函館記念
・メイショウクォリア一頭軸マンハッタンスカイ、マヤノライジン、アクシオン、ダイワジャンヌ流し6点

以上合計1000円。

◆2011年の成績
★7/24の購入金額・・1000円
★7/24までの購入金額・・11000円
★7/17の的中金額・・0円
★7/17現在の残金・・0円

↑このページのトップヘ