サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

2009年06月

ブログネタ
ニュースにコメント に参加中!
今日は少しまじめに・・

「鳩の乱」「東国原の乱?」「小泉一派」
と、政局がめちゃくちゃな状態になっています。

誰もが新しいものだけに活路や夢を追い、
先頭に出るものは皆、自分が正しいとつばを飛ばし、相手の話など聞いていない。

人間の本質など、人間が動物である以上、どんなに文明が進化しても大して変わっていないような気がします。

古い中国の故事成語は数千年経っても今の時代に通用しています。

はたして、今テレビやマスコミを騒がしているリーダー?たちで、自分の利益を投げ出しても、人のために尽くして世の中を良くしよう!なんて人がいるのでしょうか?

自分に力がない状態で、駅前で同じ主張でビラ配りからする気がある人は?

どんなに奇麗ごとや正論を言っても、自信満々に、謙虚さのかけらもない態度で、権力を握れば・・結果は同じ?

勝った時のおごり具合と、苦しんでいる人や弱体化した人たちに対する態度や行動、言動にこそ、その人の本性が現れると私は思っているので、
結構面白くこの政局騒動を見物しています。

そんなどうでもいいこと考えてないで、作業、作業・・

たわごとでした。

ブログネタ
動物・植物たちの小話 に参加中!
しか1
興福寺の阿修羅展が大人気だったそうです。
私は関西に用事で行くたびに結構、奈良公園に行くのですが、興福寺と国立博物館は空いていて、落ち着くのでよく行きます。

昔子供の頃奈良に連れて行ってもらったときは、大仏さんしか見なかったのですが、ここのところは興福寺ばっかりです。

奈良いえば、「しか」です。
写真は10年ぐらい前に奈良で買った鹿のぬいぐるみです。350円でしたが、結構すぐれもので、買った当時は、振ると鳴くしかけになっていました。

鹿くんが言うには??・・またまた、しゃべり出した・・
「不気味といわれた遷都くんがあんな人気なのに、ぼくはいまいち人気がでないまま、近鉄奈良近くのおみやげやで仲間とほこりをかぶっていたんだよ〜」
「と思っていたら、ある日店に、少し酔っ払い気味の赤ら顔の男がやってきてさ〜」
男:「う〜ん、なんだこりゃ?鹿か?・・おばちゃん、これいくら?高いの?」
おばちゃん:「350円よ、これねぇ、ほらこうやると鳴くんだよ〜」
男:「ほ〜〜っ、そんなことはどうでもいいけど、安いから買うわ!」
鹿くん:「ひゃ〜、こんな男に買われるのかぁ、ほこりかぶっていたほうがましだなぁ」

その嫌な予感どおり、赤ら顔の男は紙袋にはいった鹿くんを無造作にバッグに放り込むと帰路に着きました。

家に帰っても男はしばらく忘れていましたが、「あぁ、そうだ、おみやげがあるんだ。」とポイと妻に袋ごと、渡しました。

妻は鹿くんが気に入り、今でもマスコットとしてかわいがっています。

ただ、男の乱暴な扱いは直らず、ある日ふんづけてしまい、まもなく鹿くんが鳴かなくなってしまったのはいうまでもありません。

いまでも飲んで赤ら顔で帰ってくると、
妻:「飲んでんじゃないよ〜
とおこられますが、我が家では
鹿くん「おまえ、いいかげんにしろよ」「

とダブルで怒られます。
「ごめんなちゃーい」

あれっ、何の話でしたっけ?

ブログネタ
三連単を当てる に参加中!
ディープスカイが注目されていますが、個人的にずっと応援しているサクラメガワンダーを頭に勝負したいと思います。

★三連単・サクラメガワンダー(1着)、ディープスカイ(2着)で3着にカンパニー、アドマイヤフジ、アルナスライン、ドリームジャーニー、インティライミ、エリモエクスパイア。

以上6点、600円で買ってみたいと思います。

人気ブログランキングへ

ブログネタ
最新芸能ニュース! に参加中!
先日ネットを見ていたら、女優の南果歩が吉本興業に・・というニュースがありました。

私は何をかくそう、南果歩が結構好きで、というよりかなりかくれファンです。
ちょっと個性的なタイプですが、私自身好きなタイプがはっきりしていて結構ピッタリくるタイプです。

 だから、『えーっ、お笑い芸人になるの?』と一瞬ショックを受けました。

よくよく調べてみたらどうも吉本が主催している、芸能関係の機関の様で今までと活動は変わりないようです。
少しほっとしました。

南果歩といえば、火曜サスペンスの『待ち続けた女』(1996)で主演になっているのを先日スカパーの再放送で見ました。

これはサスペンス系で私が名作ベスト3にしてもいい内容と思っています。
暗い漁師町系の映画仕立てのものが好きなのですが、このドラマは富山県の魚津の港が舞台になっています。

 ベスト3のほかの2つは、
・テレ朝系『京都殺人案内』の『みちのく津軽こぎん刺しの女』(藤田まこと、村野武範ほか、2000年放送)
・テレ朝系『京都地検の女』の『神戸で謎を握る女』(名取裕子、蟹江敬三、山口果林ほか)
です。

もちろん見た当時はこんな題名はわかりませんでしたが、調べた結果わかりました。
作業に飽きたので、くだらないことに時間を使ってしまいました。
でも何か再放送の機会があったら見ていただければm何か感じるものがあると思います。

 人気ブログランキングへ

ブログネタ
昆虫写真 に参加中!
タマムシ
日曜日に法事があり小平に行ってきました。

その後食事があり、例によって昼から結構飲んでしまいました。
酔ってしまうと、当然お得意のデジカメが登場で、最初の内は控えめでしたが、そのうちバシバシ、シャッターを押しまくりました。 あいかわらずブレまくりの撮影でした。

皆と別れ、妻と帰途につこうして、駅に向かい歩いていると、手にポン!と何かが落ちてきました。
何??と思っていると落ちてきたものは、ゴソゴソ動いています。
色は派手で・・・、そうタマムシが飛んできて、いきなり私の手にとまったのです。

思わず、またまたタマムシにシャッターを押しまくりました。

タマムシは言いました。(虫がしゃべるわけない・・?)
『おまえ、手がぶれてるぞ、酔っぱらってるんだろ?』
『オレは珍しい貴重な昆虫なんだから、ちゃんと写してくれよなーー』
何枚か写させたところを見計らってか、しばらくするとタマムシは羽を広げてどこかに飛んでいってしまいました。
タマムシは酒の匂いにつられてきたんでしょうか?

家に帰って写した写真をみたら、タマムシの言うとおり?やはりほかの写真も含めブレまくりでした。
なんとか一枚まともなのがあったので、掲載します。

ちなみにタマムシを見たのは埼玉にいた時分以来で??年ぶりでした。

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ