ブログネタ
創作短編物語 に参加中!

動物には我々人間から見たらきわめて不思議に見える部分があります。
たとえば・・

蛇(へび)
蛇は足がありません、もちろん手もありません。
ところが蛇は上手に、しかもかなりのスピードで動き回ることができます。

蛇は私たち人間にたとえると手足を縛られたような状態で自由に動き、泳ぎ、人間ではとても難しいような壁面や急斜面でも這い上がることもできます。

いったいどうやって動き回っているのでしょうか?

どこからあのエネルギーが生まれ、どのように伝え、そしてどこの部分で壁に張り付いているのでしょうか?

おなかに接着剤でも塗っているのでしょうか?
いやいや吸盤があるのでしょうか?

考えてみるとその能力はほかの動物に比べても図抜けているように思えます。

私はためしに蛇のように手足を縛って動き回れるかどうか道端で試してみました。

「ズズズズズーッ」「ズズーッ」
なかなか動けません。

さらに5メートルくらい先に皿にご飯を置いて、そこまで行って食べられるかどうか試してみます。

「ズズズズズーッ」「ズズーッ」
「ズーッ」「ズーッ」

やっとご飯の近くまでたどり着きました。

「バクッバクッ」
ご飯にかぶりつこうとします。

なかなかうまく食べられません。
口の周りがご飯粒だらけになります。

そんなこんなで懸命に格闘していると、通りを若い親子連れが通りかかりました。

娘が「ねえママ、このおじちゃん何しているの?」
母親は「ほら、だめよ。このおじちゃんは頭がおかしいんだから、近付いちゃだめよ!!」


馬には尻尾があります。
もちろんほかの多くの動物にも尻尾があります。

たとえば猫や犬、きつねなどは尻尾は体の一部であり、骨で体と尻尾はつながっているように見えます。
ですから自由に尻尾を振ったり、動かしたりするのは当然に思えます。

ところが馬は違います。

馬の尻尾は毛です。

尻尾の根元には骨のような部分があるように見え、そこは動かすことができそうですが、毛である尻尾の大部分はなぜあんなに自由に動かせるのか?

これもかなり不思議です。

人間にも尾てい骨という、昔尻尾だった部分の名残の骨があります。

また人間にも髪の毛などの毛が生えているので、体の一部分として毛があるのも感覚的には十分納得できます。

しかし馬の尻尾は自由に動きます。

不思議です。

人間の場合は「髪を振り乱し・・」などという状態は、顔や頭を大きく振ることによって髪を動かしている状態です。

たとえば、もし人間の髪の毛が自由に動かせたら・・

顔や頭を全く微動だにせずに、髪の毛だけが「ユッサ、ユッサ」と動いたり、「フワーッ」と上に上がったりしたら・・

その場面を想像するとほとんど妖怪です。

馬は尻尾を動かすことで感情を表現することが出来るそうです。

人間もそれが出来たら・・

会社で上司が
「こら、また出来ないのか?どうするんだ?え?辞表を書くか?、おい!何とか言えよ!!」

私の心の怒りは心頭に達し、
「ユッサ、ユッサ」「ユッサ、ユッサ」「フワーッ」・・・

☆☆☆☆☆