ブログネタ
オリジナル作品 に参加中!

いつも営業などで外回りをしていると、いろいろな人たちに出会います。
世の中には本当にいろいろな人たちがいます。

そんな中で印象に残った人たちのことをいくつか・・

◆はくたかの女性
私の家は北陸の家系です。親戚も多く、今でも金沢のお寺の檀家なので頻繁に金沢に行きます。

いつも往復は新幹線で越後湯沢乗換え、特急はくたかを利用します。

何年か前に家の用事で金沢に行った、帰りのこと
その時も用事を終え、金沢からまだガラガラのはくたかに乗車しました。

いつも同じパターンなのですが、駅でスポーツ新聞とお茶と福正宗という地酒のワンカップを買い乗り込みます。

始発駅なので少し前から乗車できるので、発車前からスポーツ新聞を読みながら酒をちびりちびりと飲むのが習慣で、このときもそんなひとときを楽しんでいました。

と、発車間際に女の人が急いだ感じで乗ってきました。

そして私の隣の空席に座りました。年のころは40歳前後でしょうか?
「あ、隣の席なんだ」
と思いましたが、普通は女性は話しかけられたりするのを嫌う方が多いと思うので、必要がなければ話しかけないようにしていました。

しかしその人は違うみたいで、席についてしばらくすると、
「隣なんで、よろしくね」
みたいなことを言って話しかけてきました。

「え?」
少し戸惑いましたが、
「はい、こちらこそ」
と社交辞令気味に答えておきました。

実は私はいつも一人で列車に乗るときはたいていウォークマンを聞いています。
その時もそうしていました。

しかし彼女はそんなことはお構いなしに、また話しかけてきました。
「私は群馬から来てたのよ。いろいろ用事があってね。金沢は初めてで〜〜〜〜、〜〜」
といきなり自分のことを話し始めました。

積極的な人だな・・、と思いながら、話しかけられたので無視するわけにはいかないので
「へー、そうですか。たいへんですね」
などと当たり障りのない程度の返事をしていました。

「あなたは?」
彼女は今度は唐突に聞いてきました。

え?え?
いきなり切り込まれたので少し驚きましたが、なんとか動揺を押さえつつ・・
「私は親戚の用事で来ているんですよ」
というようなことを答えておきました。

「あ、そう。それでね私は金沢が初めてだから〜〜〜〜〜〜・・・・・」
とまた延々と話を始めました。

そんな感じでしばらく話に付き合っていると、車掌さんが検察にやってきました。

私たちのところまでくると、
彼女はきっぷを渡しました。

車掌さんは
「あれ、これこっちの反対側の席ですよ」
と言いました。
「まあ、今空いているから乗ってきたら替わってね」

彼女はしばらくそこにいました。相変わらず話を続けていました。
話はどんどん移っていき、たしか関東地方の風習がどう、とかそんな話になっていました。

ほどなく列車は高岡に着きました。
はくたかは金沢で空いていても、たいてい高岡、富山でかなりの人が乗り満席に近い状態になります。

この日も高岡でかなりの人が乗ってきました。

そしてやはり彼女の座っている席の人も乗ってきたのです。
「それじゃ、どうも」
彼女はそそくさと本来の自分の席に移動しました。

ちょうど私の席と通路を隔てて反対側です。

列車はすぐ発車しました。

やっと長い話から開放されて、さて続きの酒を飲みながら音楽を聴こうと準備をしていた時です。

「私は群馬から来てたのよ。いろいろ用事があってね。金沢は初めてで〜〜〜〜、〜〜」

彼女は先程とまったく同じことを、まったく同じようにまた隣に居合わせたお客さんに話し始めたのです。

とにかくびっくりしました。
また新幹線でもやるのかな?

◆中央線のおばさん
私は中央線沿線に住んでいるので仕事のときは必ず中央線を利用します。

ある日(かなり前ですが)いつものように電車に乗ると、電車は結構込んでいました。
朝作業をして午前のわりと早い時間にお客さんのところに行く用事がありました。

それでもなんとか座ることができほっと一息ついていました。

三鷹に着くと、ほとんど空席はなくなりました。

近くにひとつだけ空席がありますが、とにかく小さな子供でも窮屈なくらいの広さです。

そこへ中年のかなり太目のおばさんが乗車してきました。
おばさんは、ふとその隙間を一瞥しました、多分自分のサイズと席の隙間を計算していたのでしょう。

少し間がありましたが、急にその席めがけて突進を始めました。

「ぎょっ」

私も驚きましたが、一番驚いたのは多分その隙間の両側に座っていた人でしょう。どちらも男性でした。

「無理だろう?」
「無理、無理!」
「無理だな・・」

近くにいる乗客は皆、言葉には出しませんが暗黙の了解のように納得していました。

しかしおばさんの決心はまったく揺らいでいる感じはありませんでした。

どどどどど、と席に近寄り、

「ドスン!」

まずはその隙間に大きなおお尻を落とし込みました。

「ひゃっ」

両側の男性はたじろぎました。

そこへおばさんのさらなる一撃が
「グリグリグリ」
「グリグリグリ」

とお尻と腰を上手にくねらせて、そうちょうどドリル穴にねじをねじ込むような要領で・・

もう両側の男たちはたまりません。

「ひえー!」

男たちの体はその強烈な圧力に押されどんどん反対側に押し出されました。

そして仕上げです。

「ぐいっ!」
今度は腰を後に押し込みました。

これで完成です。

反対側から見ると、おばさんは自分の領地はもちろんのこと両側の男の領地も大きく侵略することに成功しました。

お見事でした。

両側の男はしなだれ、そして窮屈そうにひざをせばめていました。

私も含め車内の人たちもしばし圧倒され、同時に感動で無言になりました。

「俺のとなりじゃなくてよかった・・・」

☆☆☆☆☆

あれ?もう朝だ、まだ作業が一部途中でした・・サボっている場合じゃない