ブログネタ
競馬のことならなんでも に参加中!

◆ホエールキャプチャ
のっけから競馬の話になりますが、牝馬の三冠の最後のレース・秋華賞が昨日京都競馬場で行われました。

今年ダービージョッキーになり、先日カレンチャンを短距離の女王に導き、来週はオルフェーブルで牡馬の三冠馬を目指す池添騎手の乗った1番人気のホエールキャプチャは3着に敗れました。

ホエール陣営(スタッフ)は昨年からG1で2着、3着を繰り返すこの馬にどうしてもG1を取らせたいと渾身の仕上げと準備をしてきたがそれは儘なりませんでした。

サンスポサイトによればレース後池添騎手は、「枠順がすべてだった、スタートも良かったのに内に入れることができず・・・云々」という談話を残していました。

実際そういう部分も大きいと思ったので「ああ、なるほどね」とそんなふうにも思いましたが、

これはかなり問題発言であり、他では毒のあるコメントをたびたび書いていますが競馬関係ではあまりこのようなことに触れない私も「え?」と思う発言でした。

もちろん私も穴馬マイネイサベルを中心に馬券を買い、馬券は惨敗でした。だから負け惜しみに聞こえるかもしませんが、以下のように思います。

まず京都の内回り2000メートル、開幕まもなく高速馬場という条件は池添騎手の言うとおり間違いなく内枠が有利です。

これは皆周知のことでそれも念頭に馬券を買っています。ただその事実を主催者側の、それも実際に騎乗している主力のベテラン騎手があっさり敗戦の理由にしてしまったことが大きな問題だと感じました。

これは京都の開幕直後の内回り2000は内枠が絶対有利ですよ、とお客さんに対し完全に認めてしまった、ということになります。

そしてレースを見る限り勝ったアヴェンチュラの実力は高く、抜け出す脚の速さはホエールを上回っていると感じました。その上岩田騎手がそのような有利な条件を最大限に利用した好騎乗も光りました。
もしホエールが内枠でも勝てなかったかもしれない、というのがレースを見ていた実感です。

つまりアヴェンチュラの陣営もホエール陣営に負けないくらいここに勝負をかけていたということだと思います。

池添騎手としては馬主さんやスタッフに対して力負けではないんだ、という配慮もありあんなことを言われたのかもしれませんが、
馬券を買って池添騎手の生活を支えているのは、競馬ファン、つまりお客さんです。

今年大活躍してこの後も大きいところを狙う騎手が、自分のメンツというものもあるのでしょうが、結果を枠順のせいにするのは??と思わざるを得ません。

池添騎手は昨年の皐月賞直前に騎乗するエイシンアポロンを
「もう絶好調です。負ける気がしません。勝ち負けです!」
というような意味のコメントをしていましたが、結果は惨敗。

それ以降見ていて彼はあまりレース前には強気な発言は控え、謙虚に振舞っているように感じました。
そういう姿勢もここのところの大活躍につながっていると感じていたくらいです。

明らかに妨害されたとか、不利があったのならともかく、枠順がすべて、などと一流ジョッキーがレース後に言ってしまったら馬券を買っている人はどうなるのでしょう。

私のように100円玉で遊んでいる人はともかく、今回など大枚はたいている人も沢山いたはずで、
「それならレース前から言ってくれよ」と思ったに違いありません。

次回菊花賞、池添騎手は今回にも増してきわめて多大なプレッシャーを背負うことになります。
ここまできたら達成してほしい、と穴党の人間でも思っているくらいなのでぜひ頑張ってほしいものです。
敵はほかの馬ではなく、自分の中にあるのかも知れませんね。

それにしてもスモールさんは今回も見事でした。特に内枠有利とはいえキョウワジャンヌは今までの経歴ではなかなか買えない条件と個人的には思っていたのですばらしいと感じました。


◆アパパネ
同日に東京競馬場で開催されたエリザベス女王杯の前哨戦「府中牝馬S」で昨年の牝馬三冠馬で今年春に宿敵で現在最強馬の一角のブエナビスタさえも退けた「アパパネ」が14着に惨敗しました。

前述のサンスポサイトにも大きなコメントはありませんでしたし、レースを見ている感じでもなぜ惨敗したのか不思議な感じでした。

春のブエナビスタに勝った後、安田記念でも同じように着外に敗れましたが、今回はメンバーもそこまでではなく、着順も大きくくずれました。

理由は他にありそうです。

このようパターンで立ち直った馬は、名馬では過去にもトウカイテイオーなどくらいしか見当たらず、今後が注目です。

◆九州電力
さて話題がかわりますが、あの九州電力の会見
びっくりしました。その会見からは形上は非をみとめていますが、反省のかけらも感じられませんでした。

少なくとも民間企業のビジネスマンの発言とは思えません。
「あなたの給料はどこから出ているの?」

先日ニュースでたまたま九州電力の来春の新入社員の内定式の様子が報道されました。
そのときに挨拶をした上司が
「あなたたちもスタートから厳しい船出になるので頑張ってください」
という旨のスピーチをしていました。

確かに言うとおりです。

でもよく考えてみたら、
「私たち先輩社員が大きなミスをしてこんな状態になってしまいました。大変だけどこれからよろしくお願いします」
という状態では?と思います。

競争相手がいなく、よほど制度が変わらない限り舞台から降ろされる心配がない企業のおごりでしょうか?

実際には激しい雷雨の中で50メートル以上の鉄塔に登ったり、台風の中などで命がけで電力の供給のために働いている社員のためにも
あのような態度はやめてほしいものです。

◆小沢一郎氏
スモールさんも触れていましたが、小沢さんの裁判が始まりました。
以前から国会で説明を・・が繰り返されていますが。

真相がどうなのか、ことの善悪はわかりませんが、裁判で係争中の人がほかの場で自分の主張や見解を述べるのは係争上はかなり大きな不利を背負うはずです。
なぜかといえば事前に相手方がそれを知ってしまい、公判前に対応されてしまう可能性があるからです。

「そんな問題じゃないだろう」と思うかもしれませんが、実際に裁判経験や訴訟になりそうになったことがある人はすぐわかるはずです。

真実がどうあれ、裁判は事情を何も知らない裁判官に判断がゆだねられているからです。
また心証などが入り込む余地はなく、陣営はお互い立証責任を負ってしまうというのが現実だと思います。

こういうことが良いのか、悪いのかは別にしてさまざまな事例や事態を解決しなくてはならないので致し方ないのかもしれません。

今国家で相当数存在する弁護士出身の議員さんはそんことは百も承知のはずで、こういうこと自体がすでにある意味「いやがらせ」的なことになると感じています。

◆放射能騒ぎ
世田谷区の放射能騒ぎ、幸いにもまったく別の要因でした。

あの時テレビに映されまくった、そして一部の民放のように線量計まで持ち出され、
「今、こんな数値です」
などと報道された家の方や身内の方、近隣の方は同思っていたのでしょうか?

まずこのような事態になった経過も不思議ですが、実際に公的な機関による正確な計量も行われ、因果関係も明らかにならないうちにはっきり言ってまったく必要のないあおるような報道をしたメディアに対していろいろ感じていたのではないでしょうか?

このようにメディアが冷静さを欠いているようだと「正確な情報を提供しろ!」

などと言われ、実際に驚くような事実がわかった時に冷静に対応できるのでしょうか。

情報を要求するのであれば、聞くほうも腹をくくっておく必要があるのではと感じてしまいました。