ブログネタ
オリジナル作品 に参加中!

人には「無くて七癖」というくらいその人その人の独特のくせがあります。

特に目立つのは口癖です。

あまり無い人もいますが、極端な人になると1日に数十発もかます人もいます。

「ほら、言うぞ!言うぞ!」「出るぞ伝家の宝刀が・・」
「ほら言った」

もうこうなる下手な漫才よりよほど面白く、笑ってしまいます。

昔小学校の高学年の頃、隣のクラスの担任でホリ先生という方がいらっしゃいました。

小学校というのは、隣のクラスの先生といっても、直接接する機会が少なく実際の人柄などはなかなかわかりません。

隣のクラスの友達が言うには
「ホリ先生」とは言わないで「だあめじゃないか」と呼んでいました。

とにかく事あるごとに「だあめじゃないか」を連発するらしいのです。

その「だあめじゃないか」の言い方も、最初の「だ」を高く強く始めて、段々下げていくような独特の言い方なのだそうです。

いくら口癖だといっても、そんなに頻発していうわけもないだろうし、オーバーだな、などと思っていました。

ある日皆で学年で集まったときに、珍しくホリ先生が皆をまとめる役になりました。

もしかしたら、その「だあめじゃないか」が聞けるのでは、と思い内心期待していました。

さて皆で集まるといっても、そこは小学生です。しゃべっているやつもいるし、なかなか言うことを聞かない状態です。

時間はどんどん過ぎても事が進みません。

ホリ先生は、最初は静かに皆をまとめようとしていましたが、しまいには堪忍袋の尾が切れたのでしょうか、

ついに大きな声で、あの「だあめじゃないか」が出ました。

「出た、ついに!あいつらの言うとおりだ。」
言い方も皆がまねしているそのままです。

一部のそれを知っているやつがみんなクスクス笑い出しました。
私も笑いをこらえるのに必死でした。

ホリ先生はそれがまた気に入らなかったようで、さらに激高してしまいました。
もう止まりません。
数十秒に一回ずつくらいに、
「だあめじゃないか!」
「だあめじゃないか!」
「だあめじゃないか!」
「だあめじゃないか!」
「だあめじゃないか!」
と乱発しました。

皆はもう笑いが止まりません。
「ぎゃはははは」
しまいには大声で笑うやつも出てきました。

それを見たホリ先生は激怒して顔を真っ赤にして「おいっ、お・お・おまえっ〜」

「だあめじゃないか!」