サイト運営者日記「ぶらぶらうだうだ・・」

「タウンクリニックドットコム」「時代文化ネット」などサイト運営をするアナログ脱サラ(いつのまにか・・)親父のブログの何でも日記風ブログです。

当ブログは2018年3月よりURLが、
http://blog.livedoor.jp/chikao1216/
から
http://burauda.blog.jp/
に変わりました。サブドメインのため旧URLでアクセスしてもリダイレクトしてアクセスできます。
また名前も「サイト運営者日記・ぶらぶらうだうだ」に変わりました。

内容は「時代文化ネット」制作者が運営する日記で特にテーマはありません。
日常のサイト活動などにおいて見聞きした内容や、現在の社会や自身の生活などを通して感じたことなどをそのまま記載する形にこのたびリニューアルしました。
現在の掲載記事は以前の「穴狙い千ちゃん〜」「ちかお日記」に掲載されている記事をそのまま残してあります。
旧記事は「改修前」のカテゴリになっていて、「人気」???と記載があるのは人気があるかどうかは知りませんが、自分でまあまあ気に入っていた記事です。

ブログネタ
演歌・歌謡曲 に参加中!

今年になってから、ある方の紹介で知り合った、演歌歌手の小川たけるさんが私の知人が制作に携わっているラジオ番組に出演されることになりました。

先日収録も無事に終わったとのことで、今月末と月明けの2回に分けて放送されます。
折角のご縁ですので、個人的に応援したいと思います。

小川さんは芸能活動はされていたようですが、今年の4月23日に日本クラウンから「涙あそび」という曲でデビューされました。

小川さんのホームページと番組の概要です。
写真は収録後の記念写真で、私の知人の撮影です。
小川たけるFM世田谷画像

小川たけるさんオフィシャルブログ

クラウン徳間ミュージックショップ(CDはこちらでも購入できます)

FM世田谷『坂井賢太郎の昭和バンザイ』に出演します!
(2014年6月26日・7月3日放送)

番組のご案内
放送は通常のラジオ放送はもちろん、ネット上でリアルタイムのみ聴取が可能です。聴取可能地域以外の方は下記のURLをご利用ください。
聴取用画面のURL(ネット環境があれば日本全国どこでも可能)
※画面にご案内がございますが若干のPC環境の整備が必要になります。
・放送局:FM世田谷・・83.4MHz
・放送日:2014年6月26日(木)および7月3日(木)の22:00〜22:30
・番組名:『坂井賢太郎の昭和バンザイ』

・ラジオ聴取可能エリア:東京都23区西部(世田谷区、杉並区、中野区、渋谷区、練馬区、新宿区など)および多磨東部地区(武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市など)
・スマホをご利用の方は、下記URLにラジオ聴取専用アプリのご案内がございます。
FM世田谷のホームページ

ちなみに車のラジオのFMでは非常に感度がいいそうです。

皆さんもぜひ応援してくださいね!!

ブログネタ
東京都のタウン情報 に参加中!
荻窪駅南口カラオケ倶楽部洋子画像1
荻窪駅南口のカラオケスナック「想いで」が2014年6月16日より店舗をリニューアルして「カラオケ倶楽部洋子」として開店しました。「想いで」時代と同じスタッフのままです。

「カラオケ倶楽部洋子」
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-30-12グローリアビルB1F
TEL:03-3393-1009
営業時間
PM7時〜AM2時
定休日 :火曜日

もちろん、ママは洋子さんです。

金曜までは開店記念サービスもやっているそうです。
くわしくはホームページをご覧ください。

カラオケ倶楽部洋子ホームページ

私自身、「想いで」時代からもう15年くらいこの店に行っています。
当時はサラリーマンでした。

ただずっと通っていたわけではなく間が開いた時期もありました。

今は特に荻窪を中心に仕事をしているわけではありません。
飲みに行くとしたら、打合せなどは新宿なども多いのですが、
通り道というのもあり、やはり荻窪で降りてしまいます。
そして中華屋の「はなや」に行くことが多く、
仕事関係の近しい人は私の習慣をよく知っていて、
「ああ、今日は「はなや」でいいよ」
などということもよくあります。
荻窪駅南口カラオケ倶楽部洋子画像3
酔ってくると、本当は帰るつもりだったのですが、気がつくと改札を越えて南口へ・・、という感じです。

そういうわけ?で皆さんも「カラオケ倶楽部洋子」をよろしくお願いします!

ブログネタ
演歌・歌謡曲 に参加中!
三浦敬子写真1404
知人であり、荻窪など23区西部を中心に活動する歌手の三浦敬子さんが、FM世田谷のラジオ番組に出演します。
参考:三浦敬子さんホームページ

三浦敬子・FM世田谷出演写真
概要は次のとおりです。
番組のご案内
放送は通常のラジオ放送はもちろん、ネット上でリアルタイムのみ聴取が可能です。聴取可能地域以外の方は下記のURLをご利用ください。
聴取用画面のURL(ネット環境があれば日本全国どこでも可能)
※画面にご案内がございますが若干のPC環境の整備が必要になります。
・放送局:FM世田谷・・83.4MHz
・放送日:2014年5月8日(木)の22:00〜22:30
・番組名:『坂井賢太郎の昭和バンザイ』

・ラジオ聴取可能エリア:東京都23区西部(世田谷区、杉並区、中野区、渋谷区、練馬区、新宿区など)および多磨東部地区(武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市など)
・スマホをご利用の方は、下記URLにラジオ聴取専用アプリのご案内がございます。
FM世田谷のホームページ

三浦さんはすでに個人的にCDを発売しています。
三浦敬子・愛愁ターミナルCD

制作CDご案内(写真上)
「愛愁ターミナル」(CW.「赤と黒」)(ともに作詞・作曲 深井カヨ子)
価格1200円(送金料・CD送料込)
哀愁(愛愁)に充ちた心にしみるメロディーです。ぜひ聴いてみてください<サイト運営者・談>
※ご要望の方、お問合せは上記三浦敬子ホームページをご覧ください。
・有線放送登録
・第一興商「Club DAM.com」2385-40
http://www.clubdam.com/app/leaf/songKaraokeLeaf.do?requestNo=2385-40

また今夏にレコード会社デビュー新曲発売が決定しました!
セントラルレコードより今夏にレコード会社デビュー曲になる新曲が発売されます。
「冬の蝶」(ソロ)、CW「愛のジュエリー」(元ロスインディオス・棚橋静雄氏とのデュエット曲)
(ともに作詞:志賀大介・作曲:四方章人)


みなさんも応援してくださいね!

ブログネタ
競馬予想 に参加中!

フェブラリーSを簡単に予想します。
いつもは競馬ブログを使っていますが、まだ準備不足なのでこちらで予想します。

軸は隠れた記録が続行中のワンダーアキュート。
豪華メンバーですが、ここはドバイにも行かず、東京大賞典から直行のこの馬に期待です

。前述にもありますがこの馬はG1レースに限定すると12レース連続入着という記録を続行中です。

まずこの馬の単勝を300円。

相手は人気薄で実力のある馬、そしてベテランの騎手が騎乗の馬を狙います。
シルクフォーチュン、ブライトライン、グランドシチー。この3頭に馬連、ワイド各10
0円。
そして実力上位のニホンピロアワーズ、ベルシャザール、ホッコータルマエに馬連各20
0円。
計1500円。


ちなみに小倉大賞典はゼロス、ラストインパクト、サンライズメジャーの戦いと見ていま
す。


あとWIN5がらみのレースでは、
洛陽Sはシャイニープリンス中心でモグモグパクパク、ミッキーパンプキン、セイルラー
ジに。


橿原Sは減量必要な52キロで騎乗の武幸騎手のオーラレガーレの単複と、引退する上村
騎手のカフェシュプリーム、ルミナスウィング、アメージングタクトに。


アメジストSはダイワズームを軸にミエノワンダー、ローゼンケーニッヒ、ロッカバルデ
ィーに。

ブログネタ
自然現象全般(気象、地震など何でも) に参加中!

2月8日と2月14日の2回にわたって関東甲信越地方、特に内陸部を中心に記録的な大雪が降りました。

通常太平洋側では季節風の関係で冬場は雪はあまり降りませんが、たまに南岸低気圧によって降雪があります。10センチも積もれば大雪となり、交通機関はマヒ状態になり、普段慣れていない雪道を歩くことで多くのけが人がでます。

ところが昨今の異常気象のせいか、今年は南岸低気圧と強い寒気の影響で、信じられないような大雪に見舞われました。

多分数十年に一度クラスの降雪でもあり、多くの死者や負傷者がでています。

孤立地区も2月21日現在で山梨県を中心に埼玉、東京(西多摩地区)、群馬、長野西部などでまだ数多く残っています。このあたりは山地の標高が高く2000〜2500メートルの険しい山岳地帯が続き、谷も深く、このような災害に見舞われると深刻な状況になる自然環境です。

中学時代に東京と隣接する山梨県上野原に毎年キャンプに行っていました。
上野原から北にバスで1時間ほど山間に入った地域で山深いところで山を越えると東京の桧原村というところでした。
どうも今回はそこも同じような状況になっているようです。

特に後半の2月14日の雪は雨に変わるかもという予想が大幅に遅れ、夜半から明け方にかけて大変な量の積雪になりました。

その積雪量も山梨県河口湖で140センチ超、甲府市で114センチ、埼玉県秩父で90センチ超、熊谷市で63センチ、群馬県前橋市で73センチなどと雪国でもドカ雪と呼ばれるくらいの量になりました。
多摩地区でも八王子市で60センチ、青梅市や奥多摩町、桧原村などは1メートルに迫るような積雪になったとのことです。

ちなみに私の自宅から直線距離で7〜8キロの東京競馬場では一説によると最初の大雪で33センチ、2回目の大雪で48センチの積雪だったとのことです。そのため2月8,9,15,16日の期間中の開催がすべて中止になりました。
また直線距離で10キロくらいの府中市中河原の実家では2回目の大雪で木が雪の重みで倒れてしまい、業者に来てもらって撤去したとのことです。

しかもこの量の雪がほとんど一晩で一気に降ったということで、これは雪国でもそうそう頻繁にあることではなく、さらに日本でも有数の厳しい自然条件を加味すればこれはたまりません。

おそらく身近な地域では観測史上まれに見る大雪になったと思います。そこでこの大雪の様子を写真に撮り記録として残す意味も含め、掲載することにしました。

私は両親が雪国の育ちなので、冬場に北陸に行くことが多く、50〜60センチの積雪は経験していますが、まさか自分の住んでいる場所でこのようなことがおこるとは・・、本当にびっくりです。

まだ孤立している地区もあるようで、早くの復旧をと思っています。
それからこの異常気象の流れでこれから毎年のようにこのようなことが起きないことを願っています。
2月8日最初の大雪の降り始め
今回は相当な積雪になるという予報どおり、土曜日は一日中雪が降り、夕方からは風雪状態に
関東甲信越大雪201402081

夜には相当積もりました。すでに20センチくらいはあるか
関東甲信越大雪201402082

2月9日朝の様子
約30センチくらいの大雪に都知事選当日なのにまったく人通りはない状態
関東甲信越大雪201402091

車もすっぽり雪に覆われました
関東甲信越大雪201402092

2月10日大雪の2日後雪はなかなかとけず
仕事に行く道すがら、小金井市内
関東甲信越大雪201402101
畑の雪もかなり残っています
関東甲信越大雪201402102

2月14日2回めの大雪の降り始め
またまた雪が降り始めました。小金井市内
関東甲信越大雪201402141

仕事先の国立市矢川駅付近も積もりはじめました。
関東甲信越大雪201402142

帰宅するころには道も真っ白に、小金井市内
関東甲信越大雪201402143

東小金井駅も前回の雪の残りの上に積もりはじめました。
関東甲信越大雪201402144

帰宅してしばらくすると本格的な雪に、鉄道も止まりはじめました。
関東甲信越大雪201402145

前回の大雪をこえてしまいそうな状況に
関東甲信越大雪201402146

2月15日日付がかわりましたが雪はさらに激しくなりました
夜になるとさらに降りかたがはげしくなり、完全に前回の積雪を越えました。ガードレールの脚の部分がほとんど見えない状態です。夜0時15分頃
関東甲信越大雪201402151

朝には雨に変わりましたが、焼け石に水で、町は雪に埋まってしまいました。40センチ以上は積もっているようです。
関東甲信越大雪201402152

マンションから出るのもひと苦労です
関東甲信越大雪201402153

道は大量の雪とタイヤの跡と雨でとけた部分で歩行が難しい状態です。小金井市内
関東甲信越大雪201402154
同様に東小金井駅に向かう道、小金井市内
関東甲信越大雪201402155

東小金井駅は一部は雪かきがされていましたが、殆どはそのままの状態です。
関東甲信越大雪201402156

2月17日大雪から2日たちましたが雪はなかなかとけません
仕事に行く道すがら、小金井市内
関東甲信越大雪201402171

東小金井駅前の雪もなかなかとけません。
関東甲信越大雪201402172

2月19日武蔵境駅前もまだ雪が残っています。
所要で武蔵野市の武蔵境駅を通りましたが、まだだいぶ雪が残っている状態です。
関東甲信越大雪201402191

畑の雪もとけません。ハウスの合間の日陰にはまだ20センチ以上の雪が残っています。
武蔵野市内
関東甲信越大雪201402192

住宅街も雪かきした雪の山がそのままです。
関東甲信越大雪201402193

マンションの入り口にもまだ大量の雪が残ったままです。
関東甲信越大雪201402194

2月20日大雪からすでに一週間近くたちましたが、マンションの前の道はまだ歩道が使いにくいほど雪が残っている状態です。
関東甲信越大雪201402201

畑の雪も少し減りましたがまだまだ残っています。
関東甲信越大雪201402202

東小金井駅前の雪も若干減った程度でまだかなり残っています。
関東甲信越大雪201402203

住宅街でも雪はまだかなり残っています。小金井市内
関東甲信越大雪201402204


ブログネタ
貴方が行った美術館・博物館 に参加中!

たいへん久しぶりです。
中断していたことについては後日あらためて掲載したいと思います。

1月23日に、東京都立川市たましんギャラリー(多摩信用金庫本店9F)で開催されたロワールの会の展覧会に行ってきました。


『ロワールの会』とは
フランス在住で世界中で活動中の長尾周二氏と創作活動などで友好関係のあるメンバー(荒井弘子氏、平沼邦子氏、川上比佐子氏)との4人の合同展覧会です。

下記に一部作品の写真を掲載しました。
長尾氏はフランスで国際作家として活躍していますが日本での発表は久し振りとの事です。ブログの写真で見る作品とは全く違う空気感があり、迫力もありました。

もちろん平沼氏、荒井氏、川上氏の作品もそれぞれ特色があり、実物は大変迫力がありました。

是非とも展覧会をご覧下さい。


★展覧会概要
2014年1月23日〜2月4日(会期中は無休です)
時間:10時〜17時
入場無料
・たましんギャラリー(
ホームページ)
JR中央線立川駅・多摩モノレール立川北駅より徒歩5分
〒190-8681
東京都立川市曙町2−8−28
多摩信用金庫本店9階
TEL:042-526-7717



長尾周二氏との出会いと活動、ロワールの会発足の経緯
長尾氏は私が運営しているサイト・
タウンクリニックドットコム内の先生の詳細ページをオフィシャルサイトとして利用されています。
また長尾氏は一年の殆どをフランスを中心としたヨーロッパで活動されているので日ごろの活動を記録して発信するブログも私が国内で作成・管理しています。

現在彼はフランスを中心に欧州全体で国際作家として大活躍しています。

そして欧州で最大級の美術関係作家の組織であるARTEC(欧州造形美術振興協会)の会員として認定されています。

昨年だけでも
イタリア・グッビオ、ポルトガル・ポルト、スペイン・マドリード、フランス・パリ、フランス・ロワールなどに作品を出品されています。
また彼はARTEC会長とともにベルギーでの美術館交渉、他の会員の展覧会開催などのための活動も行っています。
その一環で前述の日本人の画家の方々の個展をロワール地方で企画応援したご縁で友好関係が深まり、ロワールの会が発足しました。

またロワール地方で観光都市として有名なブラシュー市では名誉市民として認定されています。

くわしくは
長尾周二ホームページをご覧ください。

また日々の活動の様子はほぼリアルタイムで更新しているブログ(水彩画家長尾周二の放浪記) をご覧ください。

展覧会の様子
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー141

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー142
左から平沼氏、長尾氏、荒井氏

展示作品を一部ご紹介します
下記は展示されいている作品の一部です。
各作家の方より許可をいただいて掲載しております。
長尾周二氏(全12作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー144

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー145

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー146

ロワールの会展覧会・たましんギャラリー147

荒井弘子氏(全9作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー149

平沼邦子氏(全7作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー148

川上比佐子氏(全8作品出展)
ロワールの会展覧会・たましんギャラリー1410

ARTEC(欧州美術造形振興協会)会長の推薦文
(原文フランス語・敬称略)

「長尾周二の活動はロワールでシュベルニー、ボガールの城の両方で非常に大規模な個展をフランスで成功させている事に示される。その都度、マスコミの栄誉を獲得し、素晴らしい質の作品を制作している。

長尾周二に続いて、他にも才能あるアーティストがARTECに参加している。


特に注目すべきは平沼邦子、その作品は抽象的で材料すべてが魅力的で流れがあり、フランスのテイストに共鳴するなにかを持ち合わせている。


荒井弘子の才能は肖像画の国際展示会でグランプリ審査員賞を受賞によって示されている。作品は日本で起きた悲劇的な津波と福島を思い起こさせる、暗さと強さのある表現主義作品である。

川上比佐子の才能は彼女の、伝統的な画の手法による、日本の建造物や風景を表現するシリーズで発見することができる。

彼らは、素晴らしい日本代表作家として、フランスARTECのエキジビションにて称賛された作家達である。」

フランソワーズ イカール(ARTEC会長)


今後の長尾氏、およびロワールの会の活動予定、スケジュール
・ロワールの会
2015年1月〜2月(予定)
今回同様たましんギャラリーにて展覧会(企画展)を予定(期間は約1ヶ月の予定)
・長尾氏
2014年中(予定)
フランス国内ほかロシア・モスクワの美術館等の海外にて多数の展覧会が予定されています。
2015年1月〜2月(予定)
香川県高松市・歯ART美術館 にて長尾周二作品ほかARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会(企画展)
※琴平電鉄八栗駅または志度I.Cより車・有料(予定)

ブログネタ
自然現象全般(気象、地震など何でも) に参加中!

久しぶりです。

今日の午後道を歩いていたら、東南東方面(千葉方面)に白い小さな竜巻上の縦長の雲が見えました。

あまりに変わっているので、気になり、ネットで調べると、

なんと地震雲のひとつの種類の画像にそっくりでした。

先日のアウターライズ地震から間もないタイミングです。

気をつけて・・

ブログネタ
工芸 に参加中!

写真は実家に手伝いに行った時にあった創作です。(写真1)
tamuchan1

後姿も味があります。(写真2)
tamuchan2

これは京王線の駅の名前にもなっている、ある作家のご兄弟(この方も有名なジャーナリスト)のお孫さんが作られたそうです。

その方は芸術家で鎌倉にアトリエを持っているそうです。

河原などで適した石などをさがし、和紙で張子するそうです。
以前私は人形劇の時に張子人形を作っていましたが、同じような作り方のようです。

身内が出版した時に本を買ってくれたうえに、さらにいただいたそうです。

名前はtamuchan
すでに実家の家族の一員になっているそうです。

それにしても味があります。

なでなでしたくなっちゃいます。

「なでなでしてもいいかーい?」
「にゃおーん(ダメ)、にゃんにゃんにゃおーん(さわるな!無礼者めが)」

鎌倉に買いに行きたくなりました。

ブログネタ
起業してます に参加中!

個人でサイトを開設して約5年、元のサイトから勘定すると8年くらいこのような活動をしていますが、相変わらずチンタラやっています。

ただ事業をやっている人に数限りなく会うので、自分のことは棚に上げると事業や仕事がうまくいっている人たちにはある共通点があることに気が付きました。

もちろん人それぞれで個人差もあるのですが、大体以下のような感じです。

うまくいっている人は、

・とにかく人に親切
これは意外に思うかもしれませんが、相手を差別することなく本当に親切な人が多いです。

・余裕がある
これもうまくいっている時だけでなく、ややこしいことがあった時もそうなのですが、寛容で気持ちにゆとりがある人が多い。

あまりに大雑把でわかりにくいと思うかもしれませんが、
こういう人って人がどんどん集まってくるし、離れていく人も少ないですよね。

当然の話かもしれませんが、

努力やコミュニケーション能力、粘りや知識、スキル、ネットワークなども重要ですが、
上記のようなことが実は大前提だったりして・・

よく考えてみれば人間性が欠落している人はやはり結局は信用されませんからね。

またこれらのことは簡単なことのようにも思えるかもしれませんが、意外や意外
いろんな人に会っていると、トータルではそういう人のほうがはるかに少ない、と感じています。

もちろん私もそういう人ではありません。

だから・・・

がんばらなくっちゃね・・

ブログネタ
競馬@結果報告 に参加中!

前回知人の馬のダービー出走の話を書きましたが、その続きです。

前回当たった応援馬券の換金と、新たにその日ステラリードが出走するというので、またまた5月5日に実家に手伝いに行く道すがら立川のWINSに寄りました。

換金して、ステラリードの応援馬券(写真)を買い、
ステラリード邁進特別

またまた柳の下の2匹目のどじょうを狙って、
ちょうど締め切り前だった京都1Rの馬券を買いました。
今度は馬連と、単勝を各1点です。(写真)
5/5京都1R

自分でもまあ2匹目はいないだろう、と思いましたが、
少し時間もあったのでそのレースだけ観戦しました。

すると・・

「えええーっ」

なんと単勝はダメでしたが、またもピタリ的中です。

そして配当はというと、これもびっくり、8150円もついていました。

ラッキーが二度続いた!

これで少し調子に乗り日曜日はガンガン勝負にでましたが・・

ついに三度目の正直・・

これが本来の姿、うっかり忘れていました。

☆☆☆☆☆

ブログネタ
お気楽日記 に参加中!

5月5日に実家の手伝いがありたまたま府中に行きました。

用事が終わって、車を駐車場にとめて駅に行くと
とにかく人が異常に多いと感じました。

連休のせいかな?
とも思いましたが、それだけではありません。

5月5日は大国魂神社で一番の祭り、「くらやみ祭り」の一番盛り上がる日だったのです。

もう忘れていました。

昔?は本当のくらやみで山車を引く祭りみたいでしたが、犯罪や痴漢が横行して今は照明をつけているそうです。

以前からこの祭りの時期は東京競馬場が開催期間で、特にG1シーズンということもありこちらも以前はGWとくらやみ祭りのピークが重ならないように配慮された時期もありました。
今は競馬人気も落ちて関係ないみたいですが・・

「くらやみ祭り」といえば、高校時代、野球部の練習や試合がないときに府中駅前のジャンボ(サクラコマース・西友)でたい焼きやポップコーン売りのバイトをしていましたが、その社長から
くらやみ祭りの時に
「おまえは神社の近くの方に行って焼きとうもろこしを売ってくれ、あと何人かよこすけどまかしたからな」
と言われ、生まれて初めて祭りの出店で売り子をしました。

場所は神社の手前の裏通りにあるさくらのパチンコやとモランボンがあるところで、とうもろこしを醤油で焼きながら売るというものでした。

たまたま応援できたやつが中学時代の仲のいい同級(以前別の話に出た二商のやつ)の弟でした。
顔も彼にそっくりで特徴のある顔をしていました。

また彼は府中工業だったのですが、かれの高校の先輩ということで一緒にいた私と同級のやつも一緒にきました。

そしたらたまたま同じ中学のよく知っているやつでした。
仲はそんなにはよくなかったのですが、そこそこは話したこともあるやつで、一日楽しく仕事ができました。

でも祭りの時のとうもろこしとかって、そんなに売れるもんではないと思っていましたが、それは大きな間違い、

とんでもないくらいよく売れました。

祭りの出店って儲かるんだね・・

ブログネタ
鉄道 に参加中!

表題のように国鉄時代末期に製造され東海道線などを中心に広く幹線を走っていた211系電車が4月23日で東海道線から引退したそうです。

ある駅のJRのチラシコーナーにそのサヨナラ運転もかねたツアーのチラシがありそれを知りました。

ネットなどで調べるとJR東日本の社長は国鉄時代の車両を近年注に一掃するという方針のようです。

私ががっかりしたのは211系の話ではなく、それによって余剰の車両が中央東線や長野、新潟地区の115系と置き換えられるという話のほうでした。

段階的のようですが中央線の高尾以遠の列車は順次、この211系(東海道および房総半島で使用されていた車両)に変わってしまうそうです。

中央線高尾以遠は115系の天下で旅情を感じさせる昭和の車両でした。
色も長野色、スカ色の両方が存在していました。

こういうの残してほしい、って思っている人は相当いると思うんだけどね・・・

残念です・・

ブログネタ
起業してます に参加中!

先日ある方と会ったときに、

「自営業始めるといろいろあるけど、みんな絶対に孤独感を味わうよね」
という話になりました。

「千○さんはどう思う?」
「そうですよね。うまくいってる時とかいってないとか関係なく時々強烈に襲ってきますよね」

「そう、私なんかそうなるとしばらくは家でじっとして何にできないときもあるのよ。2週間ぐらいかかる時だってあるわ」
「そうですね。どんなに親しい人とも、同じ境遇でも結局は別々ですからね」

「千○さんはそんな時はどうしてるの?」

「いやあ、実は僕は根暗なんで、暗い音楽とか聴きながら冷酒とかあおるのが大好きなんですよ」

「ええーっ?」

「だから。この時とばかり、暗い演歌とか昭和時代の昔の哀愁漂う歌謡曲とかをMDやPODで聴いて酒飲むんです」

「えー?」

「それでも足りない時は安いカウンターの飲み屋に出向いてそこで冷酒飲みながら、音楽聴いて一人で飲むんです」

「ひゃー」

「もっと言えば、一人旅とかも大好きで、特に冬の荒れ狂う日本海や雪景色を車窓に見ながらやっぱりワンカップ飲んだりするんですよ」

「・・・・・」

「そういうのって暗い気分の時のほうが盛り上がるでしょ?」

話していた方はもう理解不能という感じでした。

「そうなんだ・・・・・・」

☆☆☆☆☆

ブログネタ
競馬@結果報告 に参加中!

知人の馬がダービーの出走権をゲットしました!

馬はエタンダール、共同馬主ですが・・

2年前にステラリードがオークスに出走しましたが、ダービーは初めて。

28日土曜日に、東京競馬場でダービートライアルの青葉賞に出走しました。
ここのところは少し地味な走りで人気薄でした。

知人は歯医者さんで土曜日は診療日、ちょうど近くに用事があり私が応援馬券を買いに行くことに・・(写真)
エタンダール青葉賞1
ついでに私も有力馬への馬連馬券を買いました。(写真)
エタンダール青葉賞2

そして・・・

なんと2着に入り、日本ダービーの出走権をゲット!!

さらにそのときにちょうど発走間際だった4Rの障害レースの馬券も買いました。
全く人気のない馬を適当に2頭選んで両馬の単複を買いました(写真)
120428障害戦

すると・・
なんと最後の直線でその2頭が上位争いに絡んできました。
特に追い込んだスマートカンパニーはゴール間際に断然人気の馬を内から差し切って快勝です。

スマートカンパニーの単勝8910円、複勝970円、
そしてシンボリルルドが粘りこんで3着に、複勝1630円が的中です。

青葉賞の馬連も的中で、48倍と思ったより高配当でした。

ついてるの?かな?

と思ったのもつかのま・・、PATで予想して買っている本業?のほうはいつものとおり・・・

☆☆☆☆☆

ブログネタ
自然現象全般(気象、地震など何でも) に参加中!

たまにブログで紹介している、微動を調査して地震予知を研究しているブログ「地震くるみる」
によれば、ここ数日、規模の大きな微動が起きているということでかなりの規模の地震の前兆ではないかと予測をしています。

現在はまだ微動は継続しているそうですが、停止してから2〜3週間のくらいの間が一番可能性が高いということで雰囲気的には5月の中旬〜下旬という感じみたいです。

このブログを読み始めてから一番緊迫した書き方になっています。

これに加え、道端にミミズやかえるが出てきたり、鳥が大騒ぎしたり、急にいなくなったりしたら本格的に警戒したほうがいいのでは、と思っています。

先日スマトラでまた大地震がありましたが、連続してアメリカ、メキシコで大地震があり、短期間(2〜3日)の間にいろいろな地域で大規模な地震が同時多発するのは私が記憶ではおぼえがありません。

完全に地球全体が活発な活動期に入ったのではと思っています。

この記事を書いている最中に地震がありました。
千葉で震度4です。

気をつけましょう・・。

☆☆☆☆☆

ブログネタ
随筆・ノンフィクション・自由研究 に参加中!

月曜日にサイトでお世話になっている知人のTAMAMIさんに会いました。

仕事の打ち合わせでしたが、雑談がはずんでしまい3時間くらい話していました。
長い時間付き合せてしまいすみませんでした。

その中で、こんな話をされていました。

「女はね、化粧するでしょ。そうするとそれは仮面になって、すごく強気な気持ちになって、強いことも平気で言えるのよね・・」

「そうなんだ」

「人間はね、仮面をつけるとね、強くなれるみたいね」

なるほど・・
そういえば、昔暴走族やツッパリがみんなそろいもそろってマスクしているのをよく見かけました。

彼らがそろいもそろって花粉症であることはないと思うので、

やはり仮面をつけていたのかもしれません。

マスクの上に少し見えている目で相手をじっと睨むと・・
なんともいえない恐怖の表情になります。

最近私自身でさえも、マスクをして外を歩きますが、そういわれてみるとマスクをしていると人や物を凝視する時にあまり抵抗を感じないかもしれないと思いました。

マスクは仮面・・

マスクはけっこう癖になりそう・・

☆☆☆☆☆

ブログネタ
随筆・ノンフィクション・自由研究 に参加中!

スモールさんの八尾の記事を見て、またパクり気味ですが・・

八尾といえば、もうかれこれ20年前の夏を思い出します。

後輩と一緒に大阪に行くことになり、

後輩が勤めている会社の営業車で迎えに来ました。

ちょうど台風が来ていて、とんでもない暴風雨の中、夜の10時頃に出発、中央道に。

彼は「運転好きなので大丈夫ですよ」と言い、台風の中をひたすら運転。

ほとんど休みなく、120キロくらいで進み、

なんと夜中の2時くらいに大阪に到着。

彼の実家は八尾、
といってもこの時間なので、日本バルカーの工場に入り込み車で朝まで仮眠しました。

翌朝、彼の実家に行くとお父さんがむかえてくれました。

家は裕福ではなく、どこかの事務所風の建物の2階の間借りの借家で、一部屋と台所、玄関の踊り場というような感じでした。

彼には弟がいてプロボクサーでした。

大阪、特に南部や河内地方の少年はたいてい野球選手になるのが夢で、
それがかなわないとボクサーやお笑いへというのがパターンといわれています。

ボクサーであは赤井、井岡、亀田など・・
お笑いのジミーちゃんも高校までは野球少年だったそうです。

彼も八尾など河内地区では野球でならしていたそうで、同じ区域の桑田は同級でよく試合などであったそうです。
彼にいわせると、桑田や一つ下の野茂などは当時から化け物級の存在だったそうです。

彼も天理高校などから誘いがあったそうですが、家庭の事情で公立校にすすんで、高校以降は野球はやめてしまったそうです。

さてお父さんが、
「よう来てくれたね、泊まっていくか?」
みたいな事をいいました。

すると彼は
「泊まるとこはあるの?」

なんでそんなこと聞くのかな?
と思っていると、

お父さんは、
「いやあ、昨日あいつ(弟)にな、領地を取られてな、今は玄関までやられてな・・、そのうち玄関もやられて追い出されるかもな・・」

????

彼は
「そうか、それじゃ無理だな。よそにするわ」

「千○さん、聞いての通りだから、ほかさがそうや」

なんだ?なんだ?

聞いてみると、この家では常に家の中で領地争いが起きていて、今は弟がどんどんお父さんの領地を侵攻して、ついに玄関以外をすべて制圧してしまったとのこと。

つねに稼ぎやなんやらで、勝負が行われ、代償で家の中を支配しているそうです。

その日は王将でご飯を食べ、私の狭山のおばさんの家に二人で泊めてもらいました。

おばの家には女の子の従兄弟がいたのですが、彼のワイルドな感じが気に入ったのか、3人で一晩中話していました。

八尾、そんな町でした。

☆☆☆☆☆

ブログネタ
競馬@結果報告 に参加中!

日曜日に仕事関係の外出から帰ってきて、パソコンで競馬のレース映像を見ました。
WIN5関係のレース中心に買っておいたので、WIN5最後のレース皐月賞からチェックしました。

「おっ、当たってる・・(WIN5も)」

次に淀屋橋Sをチェック

「よし、これも当たってる・・(WIN5は)」

さらに奥の細道Sをチェック

「え?これも当たってる・・(WIN5は)」

え?え?

そして京葉S

さすがに難しそうですが、とにかくチェックです。

私が買っていたのはシゲルソウウン。

と、最後の直線に入りもダメかと思ったとき、後方から次元の違う脚色で突っ込んでくる馬が・・

「え?」

シゲルソウウンです。

「よし!行け!、とどけ!」

最初のレース「陽春S」で買っていたのは人気で実力も上位で十分可能性がある「フィールドシャイン」。
しかもシゲルソウウンは人気薄でこれが来れば相当な高配当になるはず・・

たった400円しか買っていないので、当たったりしたら、奇跡です。

もうドキドキです。

そしてゴールに。

ああああああ、ああ、あ・・

届きませんでした。
ほんのわずかですが・・

残念!

結局WIN3でした。

と、よーく考えてみたら、
最初の陽春Sは完全にはずしていたので、普通に観戦していたら最初でアウトという話で、

そのあとシゲルソウウンが勝ってしまったりしたら・・・

逆の意味でドキドキもんだったはずでした。

WIN5も後から最後のレースから見るとけっこうスリリングで面白いですね。

・・・、チキショーめ・・・

ブログネタ
風景の写真 に参加中!

東日本大震災以来、当時小名浜港のすぐ近くにいた関係もあり海に近いところに行くことができませんでした。

一年たってそんな気分もだいぶ和らいできました。

日曜日は仕事関係で横浜のベイサイドマリーナの集まりにご招待いただきました。
久しぶりに海辺の心地良い風にあたってきました。


ついでに海の写真も撮ってみました。

ホームページ用に使えれば、という目的もありますが、一部をご紹介します。

望遠でうつしましたが、
相変わらず腕はまったく上がっていません・・・

ピンボケ・・・
横浜ベイサイドマリーナからの東京湾1

横浜ベイサイドマリーナからの東京湾2

ブログネタ
世間で流行っているもの? に参加中!

高校野球の話になったので、ついでに制服の話です。

今となってはどうでもいいような話ですが、当時は制服は高校ではひじょうに重要な問題でした。

埼玉にいたはるか昔の時代は隔離された町に住んでいたというのもあるのでしょうが、中学や高校では男子は普通の学生服、女子はセーラー服というのが当たり前だと思っていました。
というより、他の制服を見たことすらありませんでした。

ところが東京に来たら当時から華やかでとりどりの制服がありました。

うちの姉などは中学でも埼玉時代のセーラー服をそのまま着ていて、逆にそれがすごく目立っていました。
本当に紺地に白いラインが入った普通のセーラー服で東京では当時でもほとんど見かけることはありませんでした。

私の中学は府中市の中でも新しいほうで他の中学はすべて学ランでしたが、標準服というブレザーの制服でした。
でもよその上級生は入学が近隣の中学なので前の中学の制服を着ていて、私の学年でもなぜかクラスで何人かは学ランを着ていました。

そして高校を受験することになるわけですが、
多摩地区の都立高校は範囲が広く、7・8・9学区といっていました。

古い高校は学校群といって2〜3校がグループになり合格するとどこの高校に行くかはわからないというシステムでした。

でもそれらの高校の多くは私服通学が出来る学校で、レベルも高いところが多く、
学力上位順からいえば72群立川・国立、74群三鷹・武蔵、75群府中・神代、73群北多摩・昭和など・・

これらのほかに単独校というのが多数ありほとんどは新設校でした、
国分寺など一部をのぞくと学力的には難しい学校は少なく、ほとんどの生徒は地元に近い単独校に行くという雰囲気でした。
単独校のなかでは唯一歴史が古い町田高校は私服校でした。

私は私服の学校を受けようとしましたが、学力が足りないからやめろと学校からとめられました。
それで調布北を受験したのですが、この学校はできて間もなかったのですがそんな簡単に入れる感じではなく実はヒヤヒヤもんでした。

また大きな特徴は制服が変わっている、ということでした。

なんと茶色のブレザーにグレーのズボンという異様な色の制服でした。
(現在は紺とグレーという一般的なものに変わってしまいましたが)

最初はけっこう、とういうよりかなり抵抗がありましたが不思議なものですぐ慣れてしまいました。

また当時の都立は皆自由な校風が多く、Tシャツや色シャツなどを皆自由に着ていて、靴も革靴でなくても大丈夫でした。

当時の東京西部や多摩の都立校はほとんどが私服かブレザーでしたが、まだ一部学ランの学校が残っていました。

谷保の五商、八王子の二商、八王子工業、府中工業、多摩などは学ランでした。

高校時代やそれ以降も二商の友人とよく遊びに行きましたが、学ランを着ていると男っぽく見えて、かっこいいのでうらやましかったのをおぼえています。

今は私服だった南多摩や北多摩、神代などもブレザーの制服ができているようで制服が好まれる時代になって来たのかもしれません。

大学時代に荻窪高校から来た人が、「荻窪は私服でなくて学ランだよ」と言っていました。
都立では珍しいパターンです。

今でも小山台高校は都立では数少ない学ランの制服みたいです。

またビックリしたのでは板橋区にできた新設の都立高は制服が学ランになっているようです。
学ランといってもPL学園や明星のような紺のボタンなしのおしゃれな学ランみたいです。

時代とともに文化や流行もどんどん変わっているようです。

今の流行はどんな感じなのでしょうか?

↑このページのトップヘ